記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

[2021年版]リスティング広告とは?特徴と出稿の仕方

リスティング広告のメリットとデメリットから、実際の管理画面を使用しながらリスティング広告を作成から出稿までを紹介していきます。 項目を一つ一つ解説して行ったので初心者の方でもしっかり理解できる作りになっていますので、是非読んで出稿までの全体のイメージを掴みましょう。

カテゴリ: Google広告

広告運用に少しでも興味がある方はリスティング広告という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
今回の記事ではリスティング広告の特徴からリスティング広告の出稿手順を実際の画面を利用しながら紹介していきたいと思います。

リスティング広告とは

リスティング広告はユーザーが検索してきたワードに連動して表示される広告です。
検索連動型広告やPPC(クリック課金型)広告と呼ばれ,広告がクリックされると課金される形式をとっています。

リスティング広告の表示場所は検索結果内に表示されます。
ユーザーがキーワードを検索すると検索結果にリスティング広告と自然検索が表示されます。

リスティング広告のメリット

購買意欲の高いユーザーに訴求できる

ユーザーの購入サイクルは「AISAS」という流れになっていると言われています。
リスティング広告は能動的に自身の課題を解決すべく、検索しているユーザー層に広告を表示できるため購買意欲の高いユーザーに訴求できる利点があります。

クリエイティブ費がかからない

リスティング広告は文字だけの広告であるため、画像や動画を用意する必要がありません。
画像や動画にかかってしまう費用を全て広告費に回すことができるという利点があります。

広告を改善しやすい

Google広告はどの段階でも広告の配信をやめたり、広告の内容を変更することができます。
しかし、広告の配信の設定やターゲットなどの変更は簡単にできますが、画像や動画を変えたいと考えた時、即変更や追加はできません。
リスティング広告は文字のみの広告であるため配信設定やターゲットだけでなく、広告事態も即変更や追加が可能です。

リスティング広告のデメリット

視覚的訴求が乏しい

他の広告種類と比べ、文字による訴求だけになってしまう為、画像や動画を使用している広告と比べ、印象を強くは残せないという欠点があります。

検索しているユーザーにしか届かない

リスティング広告は検索してきたワードに関連した広告が表示されます。
よって、自社の商品やサービスに関連するワードを検索しているユーザーにしか訴求できません。

人気キーワードのクリック単価が高騰しやすい

リスティング広告は毎回オークション形式で広告枠を競合他社と取り合っています。
よって、検索数が多くコンバージョン率が高くなる検索ワードは人気になりクリック単価が高騰しやすいです。

一方で、ターゲットを限定的にすることでクリック単価が低くなります。

例えば「不動産販売」など一件の売り上げが高く人気の検索ワードですと広告を一回のクリックするたびにかかる費用が20000円を超えるものがあります。

予算が大きくない場合はターゲットを絞ってみましょう。
不動産販売をしたい不動産の場所を検索ワードに含めてみましょう。

例えば「不動産販売 大宮」とした場合、検索数は減少しましたがクリック単価を300円に抑えることができました。
例えばクリックしてきたユーザーのコンバージョン率が1%だったとしても、30000円で不動産販売の顧客を得ることができると考えるとかなり効果的な広告なのではないでしょうか。

リスティング広告を作成、出稿する

実際にリスティング広告を作成していきましょう。
リスティング広告に限らず目的とターゲットを決めてから広告を作成しましょう。

広告を作成する前に広告アカウントの構成を理解する必要があります。
キャンペーンや広告グループって何?Google広告のアカウント構成を徹底解説)に広告アカウント構成について書いてありますので、アカウント構成の理解が浅い方は是非読んでみてください。

今回はスパイラルパーマが人気の東京にある個室の美容室「はなまるカット」が広告を利用して予約を獲得したいと考えているとします。

今回はアカウント開設はできているものとし、キャンペーンから作成していきます。
管理画面から「新しいキャンペーンの作成」を選択してください。

キャンペーンの設定

キャンペーンの目標

キャンペーンの目標を選択します。自社の商品やサービス、広告を出稿する目的から選択しましょう。
今回は「販売促進」を選択します

キャンペーンのタイプを選択します。今回はリスティング広告を利用する為「検索」を選択します。

目的を達成する為のオススメの補助一覧を紹介しています。
後ほど設定できるので、ここで選択しなくてもいいですが、今回はウェブサイトと電話番号、店舗情報を入力しましょう。

キャンペーンの全般設定

キャンペーン名

キャンペーンは予算や地域、カテゴリによって分けます。一目で分かる名前にしましょう。
今回は「はなまるカット 東京店」と設定します。

ネットワーク

ネットワークは「検索」と「ディスプレイ」どちらも選べるのですが、どちらも行う場合別々のキャンペーンとして設定するといいでしょう。
別々のキャンペーンにすることで予算を別々に管理することができ、管理性が高まります。

今回はリスティング広告を出稿するため、「検索ネットワーク」を選択します。

開始日と終了日

広告を出稿する開始日と終了日を選択できます。
バレンタインや正月など期間が決まっている際の広告を出稿する際に役立ちます。

今回はこれからの集客を担っていく広告を出稿しようと考えているため、開始日だけを設定し、終了日を設定しません。
終了日を設定しないことで広告は継続的に配信されます。

キャンペーンURLのオプション

キャンペーンURLのオプションはGoogleアナリティクスなどの計測ツールを使用する際に、どのキャンペーンのどの広告から流入したのかを判別するためにURLの後ろに値を追加するオプションです。

設定をしなければ広告からの流入であっても、自然検索からの流入とされ、効果測定がしっかりと行えません。

Google広告で広告を出稿し、Googleアナリティクスで計測をする際は連携をしておくことで設定しなくても分類され計測されます。
よって、今回は設定を行わなくて大丈夫です。

動的検索広告の設定

動的検索広告とは自社のウェブサイトのURLを入力することでキーワードや広告見出しを自動で作成し、広告を配信してくれる広告形態です。

自動で広告を作成してくれるため、非常に楽に効果的な広告配信することができます。
動的検索広告のメリットとデメリットを紹介します。

  • メリット
  • ユーザーの検索語句とインデックスされたページの関連性に基づいて広告が表示されます。
    通常の設定では対応しきれない型番の登録や多数の商品があるウェブサイトにて効力を発揮します。

  • デメリット
  • 広告文が自動で作成される為、広告文のコントロールができません、日本語的に変な広告文が表示される可能性があります。
    ブランドや品位などを大事にしている場合、動的検索広告をしようするのは控えた方が良いかもしれません。

    今回はリスティング広告の勉強のためにも動的検索広告は使いませんが、機会があれば是非利用してみてください。

    広告のスケジュール

    広告のスケジュールとはどの時間帯に広告を配信するのかを設定できます。
    どのような場合に設定するべきなのでしょうか。

    クリック数とコンバージョン率から判断される広告配信の効率によります。
    広告配信の効率が良い時間帯があれば、別のキャンペーンを作成し、その時間帯だけ別の予算で運用する。
    広告配信の効率が悪い時間帯があれば、その時間帯を省いて広告を配信するなどの運用方法があります。

    広告を始める段階ではどの時間帯が効率がいいのか悪いのかが判断できない為、広告を出稿した後に改善していきましょう。

    ターゲティングとオーディエンス

    地域

    広告を配信するターゲットを選択できます。
    選択肢は3つです。

  • すべての国と地域
  • 日本
  • 別の地域を選択する
  • 上記の2つは表記通りの為、「別の地域を選択する」の設定を紹介します。
    「検索オプション」を選択してください。

    「地域」と「範囲」が選択できます。

    「地域」を選択した場合「目標」と「除外」の設定が可能です。
    新宿区を目標と除外で設定してみましょう。

    入力欄に「新宿」と入力します。
    候補の一覧が表示され「新宿区, 東京都, 日本都市」を探したら、左にある「目標」「除外」「付近」の選択肢から「目標」を選択してください。
    これで、新宿区を地域に設定することができました。
    ここで「除外」を選択すると新宿区は地域から除外されます。

    範囲を選択した場合、指定した地点から設定した半径分の地域が設定できます。
    新宿駅から半径50kmの範囲を地域として設定します。

    半径の設定を先に行います。
    デフォルトでは「20マイル」と設定されていますが「50km」と数字と単位を設定しましょう。

    その後、入力欄に「新宿駅」と入力します。
    候補の一覧が表示され「東京都新宿区新宿3丁目38 新宿駅」を探し「目標」を選択します。

    これで新宿駅から半径50kmの範囲を地域として設定することができました。
    細かいターゲティングができるので効果的な広告運用ができます。
    今回は新宿にお店を構えている設定なので、新宿駅から50kmの範囲を地域として設定します。

    地域の設定を開くと「目標」と「除外」をどのように定義するか設定できます。
    設定によりターゲットの幅が変化するので慎重に設定しましょう。

    言語

    言語を設定することでこれらの言語を設定しているユーザー、もしくはこれらの言語が設定されているウェブサイトで広告が表示されます。
    広告をどの言語を扱っているユーザーに見せたいかで設定が変更されます。

    今回は日本語のみで設定していきます。

    オーディエンス

    オーディエンスを設定することで配信するユーザーを選定できたり、グループごとに分けられたユーザー層の広告配信実績から入札単価の調整が可能です。
    ユーザー属性からアフィニティカテゴリなど様々な要素でユーザーはグループ分けをされています。
    ターゲットにしたいユーザー層のペルソナを想像し、適切なオーディエンスを設定しましょう。

    オーディエンスターゲティングの設定

    オーディエンスターゲティングの設定は2種類あります。

  • ターゲット設定
  • モニタリング
  • 「ターゲット設定」を選択した場合、設定したオーディエンスに限定して配信されるようになります。
    「モニタリング」を選択した場合、設定したオーディエンスの配信状況は個別に見ることができるが、設定したオーディエンスに限定されることなく広告が配信されます。

    従来は「モニタリング」という概念がなく「ターゲット設定」のみの設定でした。
    よって、ディスプレイ広告など配信するユーザーを絞り込まないと効果的でない広告は設定していました。

    一方、リスティング広告はユーザーが検索してきたワードに合わせ広告を配信する設定なので絞り込んでしまうことで広告表示の機会を失う可能性があった為、設定を行っていませんでした。

    しかし、「モニタリング」という設定ができてからリスティング広告でも設定していくようになります。
    なぜなら、オーディエンスを設定したとしても、今までは設定したオーディエンスしか配信されなかったのに対し、設定したオーディエンスごとの情報を見れるだけでなくオーディエンスの制限も受けないからです。
    よって、リスティング広告を行う場合は「モニタリング」設定をし、ターゲットに近いオーディエンスを設定していくのが良いでしょう。

    予算と入札単価

    予算

    ここで入札する金額は1日の予算です。
    Google広告の予算算出方法は(予算から決めるのは間違い?Google広告の料金算出方法を徹底解説)に詳しく載っているので是非ご覧ください。

    単価設定

    重視している要素を選択します。
    今回は予約の獲得が欲しい為「コンバージョン」を選択します。

    そして、目標コンバージョン単価の設定を選択しましょう。
    目標コンバージョン単価とは目標CPA(Cost Per Action)と呼ばれコンバージョン一件獲得する為にかかけていい費用のことを指します。

    目標コンバージョン単価は商品やサービス、利益の回収システムによって変化します。
    予算から決めるのは間違い?Google広告の料金算出方法を徹底解説)の中に目標コンバージョン単価について書かれている為、是非読んでみてください。

    コンバージョン

    コンバージョンを測定しなければどの広告が効果的だったのかが分かりません。
    コンバージョンを測定する為にはコンバージョンアクションを設定する必要があります。

    コンバージョンアクションの設定は(【2021年最新】Google広告の使い方徹底解説 アカウント作成から出稿まで)に掲載しています。

    コンバージョンアクションの設定が終えたらコンバージョンタグをウェブサイトに設置する必要があります。
    コンバージョンタグの設置設定は(Google広告コンバージョンタグの仕組みから設定方法までを徹底解説)を是非ご覧ください。

    広告のローテーション

    広告のローテーションとは何種類か広告があった場合、ユーザーにどのように広告を表示させるかを決める設定です。
    設定には現在2種類あります。

  • 最適化
  • 広告掲載結果が良いと判断された広告を優先的に表示します。

  • 最適化しない
  • 広告掲載結果に関係なく、無制限に広告をローテーションして表示します。

    実際のデータから自分でどの広告が効果的かを判断したいという場合は必ず定期的にチェックすることを前提に「最適化しない」を選択し、広告を配信してください。
    チェックするのを忘れ、広告が無意味にローテーションしていると本来獲得できたはずのユーザーを取り逃がしていることがあるので気をつけましょう。

    広告表示オプション

    広告表示オプションは広告の基本情報である「URL」「広告見出し」「説明文」以外に付け足すことのできる情報です。
    広告表示オプションを追加することで最大15%のクリック率上昇が見込めるので、入力できる情報があればできる限り入力する必要があります。

    これで、キャンペーンの設定は終わりです。
    入力ができたら「保存して次へ」を選択してください。

    広告グループの設定

    広告グループ名

    テーマ別に分かりやすい名前にしましょう。

    今回はスパイラルパーマが人気の東京にある個室の美容室「はなまるカット」が広告を出すことを想定しているので特色である「スパイラルパーマ」で広告を訴求してみましょう。
    よって広告名は「はなまるカット スパイラルパーマ」と設定します。

    キーワード

    リスティング広告でどのユーザー層に広告を配信するかを決めるのがキーワードです。
    キーワードの選定の仕方は(リスティング広告初心者の為のキーワードの選び方を徹底解説)に詳しく載っています。是非読んでみてください。

    広告の作成に入ります。「保存して次へ」を選択してください。

    広告を作成する

    広告を作成していきます。

    現在Google広告ではデフォルトでレスポンシブ検索広告の設定になっています。
    レスポンシブ検索広告とは「広告見出し」や「説明文」のアセットを用意することでGoogleが自動的に組み合わせ、広告を作成・検証し、効果的な広告を表示させる広告形態のことです。

    従来のテキスト広告は広告主が設定した広告が配信され、Googleが何か手を加えるということはありませんでした。
    現在Googleはレスポンシブ検索広告を1つ、従来のテキスト広告を2つ用意することをオススメしています。

    現在のままだとレスポンシブ検索広告しか設定できないので、「テキスト広告に切り替える」を選択します。

    テキスト広告では「最終ページURL」「表示URL」「広告見出し」最大3個「説明文」最大2個を入力していきます。

    次にレスポンシブ検索広告は「最終ページURL」「表示URL」「広告見出し」最大15個「説明文」最大4個入力していきます。
    レスポンシブ検索広告ではできるだけ多くのアセットを用意することで効果的な広告が作成されます。
    広告見出しは最低でも8個から10個以上用意し、説明文は頑張って4つ用意しましょう。

    広告が効果的かどうかを判断するために「広告の有効性」という基準があります。
    広告の有効性には4段階あり「要改善」「平均」「良好」「優良」があります。
    広告の有効性が「優良」だから確実に効果的な広告に仕上がったかというとそうではありませんが、「良好」「優良」を目指すことを心がけましょう。

    入力ができたら「保存して次へ」を選択し、広告に異常がなければ「公開」を選択します。

    まとめ

    リスティング広告のメリット、デメリットから広告の出航までを紹介してきました。

    リスティング広告は購買意欲の高いユーザー層に訴求できる為、効果が強く見込めます。
    是非一度リスティング広告を少額から初めてみてはいかがでしょうか。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

    ダウンロード資料画像

    「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

    「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

    「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

    上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

    Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。