特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

【初心者向け】Googleスプレッドシートの基本的な使い方とエクセルとの違い

GoogleスプレッドシートはGoogleが無料で提供する表計算ツールです。マイクロソフトのエクセル同等の機能が盛り込まれており、効率的に作業を進めることができます。この記事では初心者向けにGoogleスプレッドシートの使い方を解説します。

カテゴリ: G Suite

表計算ソフトといえばマイクロソフトのExcel(エクセル)が有名です。一方で、近年ユーザー数を急速に伸ばしている、「Googleスプレッドシート」はご存知でしょうか。

Googleスプレッドシートとはブラウザ上で表計算ができる便利なツールです。

しかし、Googleスプレッドシートを使ったことがない人からすると「使い方がわからない」ということがあると思います。そこで、この記事ではスプレッドシートの特徴や基本的な使い方や、について解説していきます。

Googleスプレッドシートとは

スプレッドシートは検索エンジン最大手の「Google」が作成した表計算ソフトであり、Googleアカウントを所持している人であれば誰でも無料で使うことができます。

スプレッドシートには多数の機能がありますが、「共同で編集作業ができる」というのは大きな特徴です。

例えば、作業の進捗状況を管理する際、Googleスプレッドシートは非常に便利です。同じ表計算ソフトにExcelがありますが、Excelでは複数人が同時に編集することはできません。

こういったことから、Googleスプレッドシートは様々な場面で活用することができます。ただし、Googleスプレッドシートはインターネットを介して使用するWebアプリケーションの一種です。そのため、使用にはインターネット環境が必要です。

Googleスプレッドシートの特徴

ここでは、Googleスプレッドシートの特徴と魅力についてお伝えします。

共同作業ができる

先ほども紹介しましたが、スプレッドシートの魅力は、何と言っても共同作業ができるということです。スプレッドシートでは、オンライン上で共有設定にしておけば許可された人のみでデータを共有することが可能です。

また、共同編集者がどこを編集しているのかがわかるため同じところを編集してしまうといったミスも起こりずらい仕様になっています。

データの紛失や更新ミスが起きにくい

共有すれば同時に複数人と編集・更新作業をすることができ、常に1つのファイルが最新の状態で保存されます。

そのため、エクセルのように、同じ資料が複数できてしまい、どれが最新のデータかわからなくなることがありません。また、データを共有すれば同時に複数のユーザーと編集作業を行うことができますから、データの紛失や更新ミスなどを防ぐこともできます。

Excelとの互換性

Excelとの互換性があるので、スプレッドシート で作成した表をExcel形式でPCにダウンロードすることができます。

また、Excelをスプレッドシートで開くことも可能です。そのためExcelで作成した資料を共同編集したい場合やExcelの入っていないPCで資料作成をしたい場合、とても便利です。

出先でデータを閲覧できる

Googleスプレッドシートで作成し保存された表計算データは、そのままオンライン上にあるドライブに反映されることになります。そのため自宅のPCで作成したデータを、出先のスマートフォンやタブレットから閲覧することができます。

Googleスプレッドシートを使用する際の注意点

とても便利なGoogleスプレッドシートですが、いくつか注意点もあるので紹介します。

・インターネット環境が必要
インターネット環境が整っていないと、「利用できなくなる恐れがある」「処理スピードが遅い」という点がデメリットとしてあげられます。通信障害のせいで作業ができなくなる事態に備えて、Excelにも同じデータを保存しておきましょう。

・Excelと比べて普及していない
Excelに比べて、スプレッドシートは普及していないので、ノウハウ本などはまだ少数という難点もあります。しかし、最近はネットでのスプレッドシートの情報は増えてきており、今後も増えていくでしょう。

Googleスプレッドシートのはじめ方

Googleスプレッドシートを使用するにはGoogleアカウントを登録している必要があります。Googleアカウントを登録していない方はまず、アカウントを取得しましょう。

Googleスプレッドシートのはじめ方は以下の2通りです。

Googleスプレッドシートから作成

①Googleアカウントが作れたらGoogleスプレッドシート(https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/)を開きます。

②「Googleスプレッドシートを使ってみる」をクリック

③ログイン画面が表示されるのでメールアドレスを入力

④パスワードを入力し「次へ」をクリック

⑤画面左上の「+」をクリックします

⑥新しいスプレッドシートが表示され作成できるようになります。

Googleドライブから作成

①Googleドライブを開きます。(https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/)

②「Googleドライブにアクセス」をクリック

③メールアドレスまたは電話番号を入力し「次へ」をクリック

④パスワードを入力し「次へ」をクリック

⑤画面左上の「+新規」ボタンをクリック

⑥「Googleスプレッドシート」をクリック

⑦スプレッドシートが表示され作成できるようになります

アイコン機能一覧

1 直前の変更を元に戻します
2 一度元に戻した変更を、変更前の状態に戻すことができます
3 印刷ができます
4 コピーした書式の貼り付けができます
5 表示の倍率を50%〜200%の間で変更ができます
6 表示形式を通貨に設定します
7 表示形式をパーセントに設定します
8 小数点以下の桁数を減らします(例:15.15→15.1)
9 小数点以下の桁数を増やします(例:15.1→15.15)
10表示形式の詳細設定を変更します(数値・日付・%などから選択可能)
11フォントを変更します
12フォントサイズを変更します
13太字にします
14斜字にします
15取り消し線を引きます
16テキストの色を変更します
17セルの塗りつぶしの色を変更します
18枠線をつけます
19セルを結合します(2つ以上のセルを1つにします)
20水平方向の配置を変更します(左・中央・右から選べます)
21垂直方向の配置を変更します(上・中央・下から選べます)
22テキストを折り返します(はみ出す・折り返す・切り詰めるから選べます)
23テキストの回転
24リンクを挿入します
25コメントを挿入します
26グラフを挿入します
27フィルタを作成します
28関数を挿入します
29入力ツールを選択します

押さえておきたい基本機能

Googleスプレッドシートにはたくさんの機能がありますが、その中でもこれだけは押さえておきたいというポイントに絞ってお伝えします。

スプレッドシートの名前の変更

Googleスプレッドシートで名前を変更するには、画面左上の「無題のスプレッドシート」をクリックします。文字入力ができるようになるので、変更したい名前を入力します。

入力が完了すると、名前の変更が自動保存されます。変更しなかった場合「無題のスプレッドシート 」という名前のまま保存されます。

枠線の付け方

①枠線をつけたいセルを選択し、「枠線」のアイコンをクリック

②適切な枠線のスタイルを選択(全体に枠線をつける場合左上をクリック)

③このように枠線がつきます

セルを塗りつぶす

①塗りつぶしたいセルを選択
②「塗りつぶし」アイコンをクリック
③塗りつぶしたい色を選択

以下のように塗りつぶすことができます。

文字の配置を中央に変更

①配置を変更したいセルを選択
②水平方向の配置アイコンの真ん中をクリック

以下のように文字が中央に配置されます。

計算方法

セルに等号記号(=)を入力し、使用する関数を入力します。編集作業中は関数のヘルプボックスが表示され、関数や構文の定義、参照例を確認できます。

詳細な情報が必要な場合は、ヘルプボックスの下部にある「詳細」をおすと、ヘルプ記事の全文が表示されます。

※計算したいセルに数字以外の文字を入れているとエラーが出るので注意してください

例:合計の数値を出す場合、=SUM(B2:B4)と入力しエンターキーを押す

以下のように合計の数値が表示されます。

スプレッドシート共有方法

Googleスプレッドシートはweb上に保存されているのでURLで共有することができます。しかしデフォルトの設定では作成者しかアクセス権がない状態になっています。そのため権限の設定を変更しなければいけません。

共有の方法は、「指定した人にだけアクセスを許可する方法」と「URLを知っていれば全員がアクセスできる方法」の2種類があります。以下のように共有の設定を行います。

①画面の右上にある「共有」ボタンをクリック

②以下の画面が表示されます。ここから「指定した人にだけアクセスを許可する方法」と「URLを知っていれば全員がアクセスできる方法」の2通りに分かれます。

指定した人にだけアクセスを許可する方法

ユーザーの欄にメールアドレスもしくはGoogleアカウントの名前を入力します。鉛筆のマークをクリックすると、どのような権限を与えるか決めることができます。それぞれの権限は以下の通りです。

編集者:閲覧・コメント・スプレッドシート の編集ができる。
コメント可:閲覧・コメントができる。スプレッドシートの編集はできない。
閲覧者:閲覧のみ可能。コメント・スプレッドシート の編集はできない。

それぞれ入力と選択が終わったら「完了」をクリックして共有完了です。

URLを知っていれば全員がアクセスできる方法

①「共有可能なリンクを取得」をクリックします。

②「リンクを知っている全員が閲覧可能」をクリックすると権限を選択することができます。

適切な権限を選択し、URLをコピーして「完了」をクリックして共有設定は完了です。

コピーしたURLを共有することでURL知っている人は全て、このスプレッドシートにアクセスできるようになります。

スプレッドシートの応用的な使い方

ここまで基本的な使い方について説明してきましたが、ここからは少し応用的な使い方を説明していきます。

セルにコメントを書き込める

スプレッドシートにある「コメント」を押して、コメントを入力することができます。

コメントを挿入する方法は3つあります。

1.コメントを挿入したいセルにカーソルを置き、メニューの「挿入」内の「コメント」をクリック
2.ツールバーの「コメント」アイコンをクリック
3.該当のセルで右クリック

スプレッドシート上でチャットができる

画面右上にある四角い吹き出しのようなチャットマークをおせば、すぐに開始できます。しかし、チャットをする相手もログインしている必要があります。

翻訳ができる

スプレッドシートには翻訳機能がついていることをご存知でしょうか。「GOOGLE TRANSLATE」という関数を使って、他言語に翻訳ができます。例えば「こんにちは」を英語に訳したい時、「=GOOGLETRANSLATE(”該当セル”,”en”,”ja”)と入力すると、「こんにちは」と訳されます。”en”と”ja”は、「English」から「Japanese」へという意味になります。

どこの国の言葉か教えてくれる

翻訳以外にも、聞いたことのないような言語を何語か判別する「DETECTLANGUAGE」という関数を使うことで、言語が識別できます。=DETECTLANGUAGE(“知らない言葉”)」を打つと、例えば英語だと「en」と出てきます。それが何かわからなければ、言語コードを見て判断しましょう。

最新の株価や為替相場がわかる

オンラインならではの機能ですね。Yahoo!ファイナンスが提供している「ImportXML」関数を利用することで、株価や円とドルの価格がリアルタイムで取得できます。

株価の場合、
「=ImportXML(“http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=証券コード”,”//td[@class=’stoksPrice’]”)」で取得できます。

ドル円 為替相場の場合は
「=ImportXML(“http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=USDJPY=X”,”//td[@class=’stoksPrice’]”)」で取得できます。

Googleスプレッドシートを使って共同作業を効率的に行おう

Googleスプレッドシートは共同作業や共有するのに適しているのが大きな特徴です。

複数人で表計算や進捗状況などを管理する際にはぜひ活用してみてください。また、エクセルを持っていない場合でも無料で使えるという点でおすすめです。Googleスプレッドシートを使って効率よく業務を進めていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要