特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Googleアナリティクスのタグ(トラッキングコード)の設置方法

アクセス解析を行なうには、Googleアナリティクスのタグを設置する必要があります。Googleアナリティクスのタグとは「トラッキングコード 」のことで、計測するにはトラッキングコードを貼り付ける必要があるためその方法を解説します。

Webサイトのアクセス解析をするには、解析ツールのタグの設置が必要です。そのため、Googleアナリティクスで自社サイトを解析するには「Googleアナリティクスのタグ」を設置しなければなりません。

しかし、Googleアナリティクスをあまり使ったことがない方にとって、「なぜタグを設置すると解析できるのか」「どんなタグが必要なのか」「Webサイトのどこに設置するのか」など色々疑問はあるかと思います。
今回はウェブ解析未経験者に向けてGoogleアナリティクスのタグ設置方法を解説します。
また、Webサイト解析のタグを管理するのに役立つGoogleタグマネージャーについてもご紹介します。

アクセス解析におけるタグの役割

ユーザーがWebサイトにアクセスすると、その日時や端末情報、閲覧したコンテンツや遷移先、参照元などがWebサーバにアクセスログとして記録されます。
アクセス解析では、アクセスログを集計し、その結果を分析します。

ただ、Webサーバは大量のアクセスログを集約するのが難しいこと、記録できる情報に限りがあるので、Googleアナリティクスなどアクセス情報を集約させるためのツールを活用し、膨大な量のデータを集計しています。

Googleアナリティクスなどの解析ツールに情報を集めるためには、ツールのサーバで閲覧履歴を計測する必要があるため、タグを設置させて「ページを見たユーザーの情報を計測して」と指示を出します。

つまり、タグには解析ツールのサーバに「計測する」というアクションを起こさせる(発火させる)役割があります。

ちなみにタグを使用したアクセス解析方法を「ビーコン方式」といいます。
ビーコン方式の他に、Webサーバのデータを直接解析する方法もアクセス解析の手法の1つです。

Googleアナリティクスのタグの確認方法

Googleアナリティクスでアクセス情報を計測するにはタグが欠かせませんが、Googleアナリティクスではタグのことを「トラッキングコード」としてあつかっています。
トラッキングコードは「管理」→「プロパティ」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」から確認することができます。

Googleアナリティクスでアクセス解析をするには、トラッキングコードをアクセス解析したい全てのページに貼らなくてはなりません。

トラッキングコードを実装する方法

WordPressやMovable TypeなどのCMSを使用している場合

CMSを使用している場合は、Webサイトのヘッダー部分のファイルにトラッキングコードを貼り付けます。
その際、</head>の直前に貼り付けます。
ただし、プラグインを使用してGoogleアナリティクスを実装している場合、ヘッダー部分のファイルにトラッキングコードを貼り付けてしまうとトラッキングコードが重複してしまい、正確なデータが取れなくなります

SSIが利用できる場合

SSI(サーバーサイドインクルード)とは、Webサーバ側で処理をおこなってページに反映させる仕組みのこと。
使用しているWebサーバでSSlが認められている場合、トラッキングコードのファイルを作成し、ユーザーがページの表示をリクエストした際にトラッキングコードのファイルをWebサーバ側で読み込ませて閲覧情報を計測する方法もあります。

Webサイト全体に共通しているものを外部ファイルにまとめている場合

各ページの共通している部分をJavaScriptとして外部のファイルにまとめているのであれば、そこにトラッキングコードを追加することも可能です。

タグの管理はGoogleタグマネージャーがおすすめ

Webサイトを運営していると、解析するツールのタグだけでなくヒートマップやABテストツールを使用するためのタグや、コンバージョンを測定するためのタグが必要になります。
タグの数が多くなると管理が大変になってしまったり、作業工数が増えてしまったりします。
そのときに便利なのがGoogleタグマネージャーです。

Googleタグマネージャーはグーグルが提供している、タグを一元管理できるツールです。GoogleタグマネージャーのタグをWebサイトに設置し、あとはタグマネージャーの管理画面でタグを削除・追加すればいいだけなので、簡単にタグを管理することができます。

Googleタグマネージャーの登録方法

【Googleタグマネージャー】
まずは、上記のURLにアクセスします。

「無料で利用する」をクリック。

アカウントの設定をおこないます。
ここでは、テストブログのタグを管理するため、コンテナ名を「テストブログ」とします。

タグマネージャーを登録するとGoogleタグマネージャーのタグが出てくるので、Webサイトの<head>と<body>に設置します。
Webサイトの方にタグを埋め込めたので、タグマネージャーでタグの管理をおこなっていきます。

Googleアナリティクスのタグを追加する

管理画面の「新しいタグ」からタグを追加します。

「タグの設定」をクリックし、「Googleアナリティクス」を選択します。

「タグの名前」「トラッキングタイプ」を設定し、「Google アナリティクス設定」で「新しい変数」を選択。

「タグの名前」「トラッキングID」を設定し、「保存」をクリック。

次に「トリガー」を設定します。
トリガーとは、タグを実行させるための条件のことです。

今回は「All Pages ページビュー」で設定します。
最後に保存をクリックするとタグが保存されますので、プレビューモードで確認し、タグが発動していることが分かれば、「公開」でタグを反映させます。

まとめ

Googleアナリティクスでアクセス解析をするにはタグを設定しなければなりません。
Googleアナリティクスではタグをトラッキングコードと呼んでいるので、トラッキングコードからタグを発行し、Webサイトに設置してください。

ただ、タグはGoogleアナリティクス以外のツールを使用する際にも設置が必要です。
ですので、Googleタグマネジャーを導入して楽にタグの管理をおこないましょう。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要