Googleアナリティクス

Googleアナリティクスのセッションとは(見方、分析への活用法)

googleアナリティクスを使う上で知っておかなければいけないのが、「セッション」です。聞いたことがある人、なんとなくは分かる人は多いと思います。しかし、セッションをしっかり理解しないと、データ解析を正確に読み取ることができず、成果に繋がらなくなってしまいます。
この記事では、セッションの全ての情報が記載されています。しっかりとセッションを理解し、googleアナリティクスを使っていきましょう。

セッションとは

セッションとは何か

そもそもセッションとは一体何かについてまずは紹介していきます。セッションとは簡単に言うと、「サイトに流入してから離脱するまでの一連の流れ」のことを言います。現実世界では、人が建物(例えばデパート)に入ってまた出る動作を「訪問」と言いますが、セッションもそれと同じ考え方です。Webサイトの訪問=セッションとなるため、セッション数とは、Webサイトへどれだけ訪問したかの回数になります。ちなみにこの時、違うページへいったとしても、セッション数は1回となります。

ユーザー、ページ訪問数、セッション、PVの違い

ユーザーとは

ユーザーとは、一定期間サイトに訪問した固有のユーザーのことを言います。この固有のユーザーのことをユニークユーザーと呼んだりもします。セッションは一回ずつの訪問を計測していますが、ユーザーは、同じ一人の人を追っています。例えば、あるサイトに同じ人が1日に朝、昼、夜の三回訪問したとします。セッション数は3回になりますが、ユーザー数は1のままになります。よって、ユーザーは指定した範囲内であれば、何度訪問しても「1」と考えられます。ただし、同一人物でも違うブラウザや端末を使った場合は別のユーザーとしてカウントされます。人を指す指標の為、ウェブサイトを利用された人数を確認する際に使用します。

pv数とは

pvは、ページビューと読みます。ウェブサイトに訪れたユーザーが見たページ数全てを単純に合計した数をカウントします。例えばあるサイトで、トップ→ページA→ページBと閲覧した場合は、PV数3, セッション数1, ユーザー数1となります。また、ページをリロード(更新)した場合やブラウザの「戻る」ボタンで別のページに戻った場合も1PVとしてカウントされます。よって、ウェブサイトの集客状況を示す指標の一つです。

ページ別訪問数

ページ別訪問数とは、あるページに何回訪問があったかをカウントします。つまり、1回の訪問で、同じページが何度閲覧(ページビュー)されたとしても、「1」としかカウントされません。逆に言うと、各ページで新しいセッションが訪れるたびにカウントされます。ページ別訪問数はセッション数をカウントすることで、重複していないページビュー数を数えていることになるのです。ページビュー数は、ページに訪れたユーザーがリロード(再読み込み)したり、他のページに行って戻ってきたりした際にカウントされます。そのため、ページビュー数よりもそのページにどれだけの流入があったのかを正確に表す指標になるのです。

これらは数え方が違う分、分析する目的も違ってくるので、違いをおさえた上で使っていきましょう。

セッションの持続時間

ユーザーのセッションの滞在時間によって、自身のサイトを分析することができます。
ここで気をつけたいのが、滞在時間が長い=そのサイトを満足してるという関係は成り立たないということです。仮に、閲覧開始ページでユーザーがコンテンツに満足したとします。満足したなら次のページは閲覧しません。閲覧しないということは、次のページにいかない、つまり直帰するということになります。直帰すると、ユーザーの滞在時間は0秒になります。つまり、閲覧開始ページとしてよく見られているページがある場合、そのページがユーザーを満足させるほどよくできていれば滞在時間は短くなります。
また、ユーザーの見るものによってセッション持続時間は変わってきます。
通販サイトの場合は商品一覧や商品ページを見たり、カートを通過しますので平均セッション時間は長めになります。10分~30分になることも多いです。
ブログ、メディアの場合はトップページ以外から見始める(=ランディングする)ことが多く、1ページだけ見て帰ってしまう(=直帰)ユーザーが多くなります。
そのため、滞在時間を算出することができませんし、2ページ目を見たとしても3ページ目までは行きづらいので、どうしても短めになります。
企業サイトの場合はブログ・メディアと通販の間ぐらいとなります。企業サイトはなんとなく見るものではなく目的があってみるものなので、目的のページまで一直線に進むことが多いです。そのため、5~10ページぐらいとなっています。

セッション切れについて

よく「セッション切れ」という言葉を耳にするかと思いますが、セッションが切れる時とはどのような時なのでしょうか。色々な場合があるので、ここで紹介していきます。

セッションの持続時間が30分を経過した時

基本的にはユーザーが30分間操作を行わないとセッションが切れます。例えばページAを見た後、30分席を離れたとします。席にもどってページBを見た場合、前のセッションは切れて新しいセッションが始まります。逆に、29分後に席に戻ってページBを見た場合はセッションはまだ切れていません。たとえ同じユーザーの同じブラウザによるページ閲覧であっても、各ページの閲覧開始時間の間隔が30分を超えたら、その2つのページの間でセッションを切る(異なる訪問にする)ことになります。つまり操作の間隔が30分を超えたらセッションは切れませんが、超えない場合は同じセッションが持続します。また、デフォルトの設定ではセッションは30分で切れてしまいますが、この時間は変更が可能です。通常のサイトであれば30分の設定で問題ありませんが、動画ページなど長時間に渡り操作をしないようなサイトの場合、1時間の動画を見ている間に3セッション目に突入していしまいます。自分のサイトをユーザーがどのように使うかを考え、変更が必要な場合は最適な時間に合わせましょう。最短で1分、最長で4時間まで設定できます。
時間の変更の仕方…
左側のメニューから「管理」をおします。「プロパティ設定」の中から「トラッキング情報」をおします。「セッション設定」をおします。「セッションのタイムアウト」のエリアにて時間を設定します。タイムアウトの時間を設定し「適用」ボタンをおせば完了です。

日付が変わった場合

日付が変わる場合もセッションが切れます。例えば23:50にサイトを訪問し閲覧を続けている場合、0:00からは前のセッションが切れて新しいセッションになります。アクセス解析ツールは基本的に日単位で集計をします。そのため、日付が変わったタイミングの0時にいったんセッションを切って、日をまたぐデータにならないようにしているのです。

タブブラウザで複数のタブを同時に開いている場合

現在のブラウザは、複数のタブを開いて見ることができます。複数のタブを開いて交互に閲覧することはよくあると思います。その場合、セッションが切れる基準はどうなるのでしょうか。Googleアナリティクスでは基本的に、各ページの閲覧開始時刻が基点となります。裏にタブがあるとしても、リクエストがきてページが開かれたその瞬間が「閲覧開始時刻」となるのです。

ブラウザを複数のウィンドウで開いている場合は

同じ種類のブラウザを複数のウィンドウで表示している場合、ブラウザが同じであれば、保存されるCookieも同じになります。Cookieとは、会員証のようなはたらきをするもののことを言います。初めてそのサイトに訪れた時にCookieを入手すると、それが保存され、次回同じサイトに訪れた時、サーバーに「私はこの会員IDですよ。」と提示をします。するとサイトは、その人に合わせた前回の続きを提示してくれるのです。
同一cookieによるブラウザ閲覧は、同一人物の行動とみなされます。よって、閲覧時間の間隔が30を超えない限り、セッションは切れません。逆に言うと、別の種類のブラウザを開いている場合は、Cookieが異なるため、違うユーザーとみなされます。

また、同種のブラウザでも「プライベートモード」「シークレットモード」「InPrivateブラウズ」など通常のCookieを利用しない特殊なモードで開いたウィンドウからのアクセスは、Cookieが別になるため「別のユーザーの訪問」だと認識されます。よって、それぞれのウィンドウで別々に30分ルールが適用されることになります。

参照元が外部サイトだった時

簡単に言うと、リンクをクリックして元のサイトから別のサイトにとぶ時のことです。Googleアナリティクスでは、参照元のサイトが計測外だった場合は、やはりそこでセッションが切られることになります。

セッション数について

セッション数をGoogleアナリティクスで確認する方法

実際にセッション数を知るための方法を紹介します。
セッション数は「全体」と「流入チャネル別のセッション数」「ページ別のセッション数」を確認することができます。
・まずは画面左上にある「ユーザー」から「概要」を押しましょう。すると、青色の折れ線グラフの画面が出てきます。「セッション」という欄に数字が書かれているのですが、それが全体のセッション数となります。
・「集客」 → 「すべてのトラフィック」 → 「チャネル」の順に押していくと、「セッション」というところに数字が出てきます。それが「チャネル」ごとのセッション数となります。ちなみに「チャネル」とは、集客するための経路や媒体のことを言います。
・「行動」 → 「サイトコンテンツ」 → 「すべてのページ」の順にクリックします。「ぺージ別訪問数」というものが出てきます。そこを見ると、「ページ別のセッション数」を確認することができます。

まとめ

ここまで大まかに「セッションとは何か」「セッション切れについて」「セッションの持続時間」「セッション数について」を説明してきました。Googleアナリティクスを使う上で、セッション数を確認することは必要なことです。ウェブサイトのユーザーの動きはとても早く、セッション数の増減も急に変わることが多いので、できるだけ毎日確認した方が良いでしょう。ウェブサイトの質の向上に向けてうまく活用していってください。

ピックアップ記事

  1. SEOに悪影響、重複コンテンツが起こりやすいケースと対処法まとめ
  2. SEOでいわれる「ブラックハット」と「ホワイトハット」の違い
  3. SEOにおけるパンダアップデートとペンギンアップデートの特徴・違い
  4. 【初心者向け】seoの正しい読み方は?意味や効果を解説
  5. Googleアルゴリズムとは?仕組み・更新の履歴・対策方法まとめ

関連記事

  1. Googleアナリティクス

    Facebookでブロック・非表示をするとどうなる?やり方から解除の方法まで

    Facebookを利用しているとあまり見たくない投稿や、それほど親しく…

  2. Googleアナリティクス

    複雑なgoogleアナリティクスの”権限”について整理してみた

    googleアナリティクスを利用するにあたって、確実に「権限」というも…

  3. Googleアナリティクス

    Googleアナリティクスの離脱率とは?直帰率との違い・見方・確認方法

    googleアナリティクスを使っているけど、どこを見て改善したらいいの…

  4. Googleアナリティクス

    Google アナリティクスの参照元 directとは?問題点や対処法まとめ

    googleアナリティクスは多くの会社で使われているツールであり、ユー…

  5. Googleアナリティクス

    Googleアナリティクス「カスタムレポート」の使い方・分析の活用法

    Googleアナリティクスでは様々なデータを見ることができますが、それ…

  6. GoogleApps

    【テンプレ雛形あり】Gmailで署名を作成する方法[基礎~応用]

    メールで欠かせない要素である署名。Gmailでは、自動でメールの末尾に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP