特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Googleアナリティクスのセグメント追加方法を用途別に解説

絞込み機能のことを指すGoogleアナリティクスのセグメント。セグメントを使えば、データの中から自分に必要な情報だけ抽出することができるので、デフォルトのセグメントの種類やセグメントの活用方法、セグメントのカスタマイズ方法を解説します。

Googleアナリティクスでは、さまざまな視点からウェブサイトを分析できるツールです。そのため、サイトの現状を把握するのに役立ちます。

しかし、一方で、情報量が多く、どこから見ていけば良いのか分からないと感じる人もいるかと思います。そういったときに便利なのが、Googleアナリティクスの「セグメント」です。「セグメント」を使えば、膨大なデータの中から自分の必要な情報だけを絞って見ることができます。

今回は、Googleアナリティクスを使いこなすときに便利なセグメント機能について解説します。

セグメントは情報を絞り込む機能

Googleアナリティクスのセグメントとは、簡単に言えば絞込み機能のことを指します。
例えば、サイトを訪れた全ユーザーのうち、iPhoneからアクセスしているユーザー数を調べたいときに、セグメントを利用することで、情報を絞り込むことができます。

セグメントを使いこなすことで、ユーザーやデバイス、参照元、コンバージョンなど、さまざまな軸でサイトを分析することができます。

セグメントは、カスタムレポートやマイレポートで使用するこができます。また、同時に4つのセグメントを設定することができるので、設定したセグメント同士を比較することができます。

Googleアナリティクスにはあらかじめ22のセグメントが登録されている

Googleアナリティクスには22のセグメントが設定されています。そのため、簡単にセグメントを活用して必要なデータを調べることができるようになっています。
登録されているセグメントは以下の通りです。

ユーザー

・すべてのユーザー・・・セグメントを適用しないセッション(標準の設定)

・新規ユーザー・・・過去2年以内にサイトを訪問したことがないユーザーのセッション

・リピーター・・・過去2年以内にサイトを訪問したことがあるユーザーのセッション

デバイス

・モバイル トラフィック・・・スマートフォンからの訪問

・タブレット トラフィック・・・タブレットからの訪問

・モバイルとタブレットのトラフィック・・・スマートフォンとタブレットからの訪問

タブレットPCのトラフィック・・・タブレットとパソコンからの訪問

行動

・シングルセッションユーザー・・・1回だけ訪問したユーザー

・マルチセッションユーザー・・・2回以上訪問したユーザー

・直帰セッション・・・直帰したセッション

・直帰以外のセッション・・・直帰しなかったセッション

・サイト内検索をした実行ユーザー・・・サイト内検索機能を利用したユーザー

参照元

・検索トラフィック・・・自然検索とリスティング広告の両方からの訪問

・参照トラフィック・・・検索エンジン以外の参照元からの訪問

・自然検索トラフィック・・・自然検索からの訪問

・有料のトラフィック・・・リスティング広告からの訪問

・ノーリファラー・・・参照元が記録されていない訪問

コンバージョン

・コンバージョンが達成されたセッション・・・コンバージョンが発生したセッション

・コンバージョンに至ったユーザー・・・過去の訪問でコンバージョンが発生したことのあるユーザー

・コンバージョンに至らなかったユーザー・・・過去の訪問でコンバージョンが発生したことのないユーザー

・トランザクションの発生したセッション・・・eコマーストラッキングによる購入完了があったユーザー

・購入したユーザー・・・過去の訪問でトランザクションが発生したユーザー

セグメントを使って分析することの重要性

例えば、商品に対して良かったか、悪かったか、どちらでもないかの3択を聞くアンケートをとったとします。
全体で「良かった」が3割、「悪かった」が3割、「どちらとも言えない」が4割でした。良かったと悪かったが同じぐらいの割合だったことが分かります。

では、いざこれを性別で分けてみると、「良かった」と答えたのは男性の方が多く、「悪かった」と答えたのは女性の方が多いことが見えてきたとします。男性は「良かった」と感じる人が多いのに対し、女性は「悪かった」と感じる人が多いのはなぜなのか原因を考えることで商品をよりよくすることができるでしょう。

このように調査データを切り分けしていくと、また違う情報が見えてきます。この情報をみつけるために重要なのがセグメントによる分析です。

デフォルトのセグメントを活用する方法

セグメントは、画面上部にある「+セグメントを追加」をクリックすることで追加できます。

今回は、「オーディエンス」の「概要」を使用して解説しますが、「オーディエンス」の他の項目や、「行動」でも同じように追加できます。


セグメントが出てきます。今回は「コンバージョンが達成されたセッション」を選択します。
最後に「適用」をクリックするとグラフに反映されます。

セグメントを自分でカスタマイズする方法

自由にセグメントを設定したい場合は、自分で作成可能です。
セグメントの条件を決め、その後に作成したセグメントをレポートやマイレポート一覧に適用すると、目的のデータだけを表示できます。

セグメントの作成方法

「+セグメントを追加」をクリックします。

「+新しいセグメント」をクリックして、セグメント作成画面を表示します。今回は、「3ページ以上閲覧しているユーザー」のセグメントを設定します。

左上の部分にセグメントの名前を入力します。
今回の例でいうと「3ページ以上閲覧しているユーザー数」です。

「条件」をクリックし、各種指標やディメンションを選択して条件指定を行います。
今回は、3ページ以上閲覧しているユーザー数が知りたいので、「Flashのバージョン」から「ページビュー数」を選びます。

3ページ以上閲覧しているユーザー数なので、ページビュー数は「≥3」になります。

設定が完了したら、保存をクリックし、反映させます。

デフォルトのセグメントではなく自分でセグメントをカスタマイズするのが望ましい場合

中には、調べたいデータがデフォルトのセグメントでは調べられないことがあります。

例えば、
・コンバージョンした顧客のその後の行動を分析したい時
・メルマガなどのキャンペーンについて分析したいとき
・商品の販売状況について分析したいとき
は自分でセグメントの条件を決める必要があります。
こういった時、どのようにセグメントを設定すると良いかその一例を紹介します。

コンバージョンした顧客のその後の行動を分析したい時

コンバージョンにつながったユーザーがその後どんな行動をしたのか分析したい時、例えば、ユーザーが訪問した特定の日である「訪問日」を設定し、「目標の完了後」を設定することで、ユーザーがどのような行動をとったのかデータ化することができます。

この設定は、指定した条件のユーザーが後日どのように行動したか、別の成果に結びついたかを分析することができるので顧客獲得月別にその後の顧客のライフタイムバリューを評価したいといった場合にも利用できます。

メルマガなどのキャンペーンについて分析したい時

メルマガなどでURLを付与した時に、そのURLから流入したユーザーの行動を知りたい場合、「トラフィック」の項目で設定します。

「キャンペーン名」にはAdwordsやメルマガのキャンペーン名を、「メディア」には「cpc」や「email」などの流入元のメディアを、参照元の元には「Google」や「email」などどこから誘導されたかを入力します。キーワードには検索キーワードを入力してください。

商品の販売状況について分析したい時

商品の販売状況について分析したい場合は「eコマース」を使用します。eコマースをおすと、収益や商品名を入れるページがでてきます。

この場合、特定の商品がどれだけ売れているかを知ることもできます。どの時期に一番売れたかを全体と比較して計測、分析を行います。この分析により、購入したユーザーの動向をつかめるかもしれません。

まとめ

今回はセグメントとは何か、セグメントの利用方法、セグメントの種類、セグメントの作成方法など紹介してきました。
デフォルトのセグメントだけではなく、必要に応じて自分でセグメントを作成することによって、分析がさらに深みを増します。ぜひセグメントを活用してみてください。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要