Googleアナリティクス

Googleアナリティクスのユーザー数とは?見方と分析への活用法

googleアナリティクスを使う上で、ユーザー数を確認することは重要なことです。ユーザー数という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、定義が意外と誤解されがちなことも事実です。そこで今回は、ユーザー数とは何か、どのようにしたら数えられるのか、混乱しやすいセッション数やPV数との違いなどについて説明していきます。

ユーザー数とは

まず、Googleで言う「ユーザー数」とは、いわゆる「ユニークユーザー数」のことをさしています。ユーザー数は、単純に自分のサイトに訪問したユーザー人数が何人なのかを知りたい時に使えるものです。
そもそも「ユーザー」とは、一人一人のユーザーを識別しているわけではありません。Webサイトの閲覧に利用するブラウザを識別しているのです。ブラウザとは、今まさにあなたが利用している、Webサイトの閲覧に使うソフトのことを言います。
例えば、ある人が一人でパソコンとスマートフォンを利用しているとします。パソコンでは2つのブラウザを、スマートフォンでは1つのブラウザを使って同じWebサイトを利用した場合はどうなるでしょうか。Webサイトを利用している人は一人ですが、集計をすると、「3ユーザー」と認識されます。
ここで「ユーザー」について説明してきましたが、「ユーザー数」について説明していきます。ユーザー数とは、ある一定期間内に訪問したユーザーの数のことを言います。同一ユーザーが何回訪問しても、同じブラウザでは「1回」と数えられます。

ユーザー数の数え方

では、実践的な話に入っていきましょう。ユーザー数のカウントの仕方についてです。一日、一週間、一ヶ月、または任意の期間でなど、カウントの単位は複数あります。まずは一日ごとのカウントの仕方から説明していきます。

日次ユーザー数

例えば、一週間に毎日二人ずつ同じWebサイトに訪問があったとします。Aさんは毎日訪問し、もう1人別の人が代わる代わるに訪問( Bさん〜Hさん)したとします。
訪問した人数は1週間で見るとAさんからHさんまで全部で8人になります。しかしこの場合は、それぞれ一日に訪問した人は合計二人になるので、日次ユーザー数は2ユーザーとなります。

週次ユーザー数

では、1週間の週次ユーザー数はどうなるでしょうか。先述したように1週間に訪問した人数は合計8人になるので、週次ユーザー数は8ユーザーとなります。1週間の間に一度でも訪問すれば、ユーザー数は1カウントされるというわけです。

月次ユーザー数

例えば、9月27日〜30日の4日間に訪問した週次ユーザー数は5人(AさんBさんCさんDさんEさんの5ユーザー)だとし、10月1日〜3日の3日間に訪問したユーザー数は4人(AさんFさんGさんHさんの4ユーザー)だとします。この時Aさんだけが月をまたいで重複しています。しかし月ごとにカウントされるので、9月の月次ユーザー数は5ユーザー、10月の月次ユーザー数は4ユーザーになります。
ここで気をつけて欲しいのが、日次ユーザー数の七日間の合計が週次ユーザー数になるわけではないし、週次ユーザー数の四倍が月次ユーザー数になるわけではないということです。それぞれの数値に直接的な関係はないというわけです。

任意の期間のユーザー数

Googleアナリティクスでは、自分で期間を設定してユーザー数を集計することができます。例えば9月1日から11月10日という集計期間(30+31+10の71日間)を指定すると重複を除いて集計がされます。しかし、他のアクセス解析ツールには、日次や週次のような基本期間しか集計できないものが多いです。または集計されたとしても、基本期間の組み合わせの足し算をされることも多いです。例えば2018年9月1日から10月3日のユーザー数をカウントする際、
・2018年9月の月次ユーザー数
・2018年10月1日の日次ユーザー数
・2018年10月2日の日次ユーザー数
・2018年10月3日の日次ユーザー数
となります。

ユーザー数を確認できる方法

続いてGoogleアナリティクスで確認する方法を説明します。Googleアナリティクスのレポートでこの「ユーザー数」を確認することができます。
まずはGoogleアナリティクスにログインしてください。画面右にある「ユーザー」から「サマリー」にいきます。そうすると、折れ線グラフが表示されている画面に変わります。ここで集計対象期間のサイト全体のユーザー数を確認することができます。「ユーザー」と書かれてある所の下部分に数字が書かれています。これがユーザー数となります。画面右上にある期間の部分は自分で変えて設定することができます。また上に表示されている折れ線グラフは、左上のバー(「サマリー」の下にあるもの)を押すと、「セッション」「ページビュー数」などが出てくるので、「ユーザー」に変えましょう。

PV数、ページ別訪問数との違い

ユーザー数を確認する際、他にも「セッション」「ページビュー数」と言う表示があったと思います。これらは別物ですが名前が似ているため、定義が混ざってしまうことも多いです。pv数やページ別訪問数などの特徴をここで説明していきます。ユーザー数との違いは何かを探っていきましょう。

PV数とは

PV数はページビュー数の略語であり、ウェブサイトに訪れたユーザーが見たページ数全てを単純に合計した数をカウントしたものです。アナリティクでストラッキングコードを導入したサイトで、ページが一回表示されるごとにカウントされる仕組みとなっています。例えばあるサイトで、トップ→ページA→ページBと閲覧した場合は、ユーザー数は1ですが、ページビュー数は3となります。また、ページをリロード(再読み込み)した場合やブラウザの「戻る」ボタンで別のページに戻った場合も1PVとしてカウントされます。そのため、1人が3回ページを見た場合と、3人が1人1ページを見た場合は同じように表示されます。このようなPVの重複を取り除いたものは次に紹介する「ページ別訪問数」です。

ページ別訪問数(セッション数)

アナリティクス上でPV数の隣にあるのが「ページ別訪問数」と言います。ページ別訪問数とは、あるページに何回訪問があったかをカウントするものです。つまり、1回の訪問(訪問のこともセッションと言います)で、同じページが何度閲覧(ページビュー)されたとしても、「1」としかカウントされません。逆に言うと、各ページで新しいセッションが訪れるたびにカウントされます。ページ別訪問数はセッション数をカウントすることで、重複していないページビュー数を数えていることになるのです。トップページに1万ビューあるのにページ別訪問数を見ると6000ほどしかないということもありえます。この場合は、4000ほどはリロードや別ページにいって戻ってきた分のページビュー数を数えていることになります。

まとめ

この記事では、Googleアナリティクスを利用する際重要な「ユーザー」を数える「ユーザー数」とは何か、ユーザー数の数え方、混乱させやすいPV 数とページ別訪問数の違いについて説明してきました。今まで「ユーザーを数える」ということがはっきり分かっていなかった方の理解に添えれば幸いです。ぜひユーザー数について詳しくなり、Googleアナリティクスを使いこなしましょう。

ピックアップ記事

  1. 【初心者向け】seoの正しい読み方は?意味や効果を解説
  2. Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介
  3. SEOの意味と目的とは?SEOの基本の基本を抑えよう!
  4. SEOにおけるパンダアップデートとペンギンアップデートの特徴・違い
  5. SEOに悪影響、重複コンテンツが起こりやすいケースと対処法まとめ

関連記事

  1. Googleアナリティクス

    Googleアナリティクスのチャネルで見られる「display」とは

    Googleアナリティクスの「display」という表示を見たことはあ…

  2. Googleアナリティクス

    【最もやさしい】Googleアナリティクスの登録方法・初期設定

    アクセス解析に欠かすことのできないツールといえば「Google アナリ…

  3. Googleアナリティクス

    複雑なgoogleアナリティクスの”権限”について整理してみた

    googleアナリティクスを利用するにあたって、確実に「権限」というも…

  4. Googleアナリティクス

    Gooleアナリティクスにotherの表示?レポートからotherを減らす方法

    Googleアナリティクスを使いレポートを確認すると表示項目の中に「o…

  5. Googleマイビジネス

    Googleマイビジネスとは?メリットや登録方法を分かりやすく解説

    Googleマイビジネスとは、Google上にビジネスや組織の情報を登…

  6. Googleアナリティクス

    Googleアナリティクスの新機能、クロスデバイストラッキングとは

    googleアナリティクスでは、異なる端末からのアクセスは別のユーザー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP