Googleアナリティクス

Googleアナリティクスで新たに分析するWebサイトを追加する方法

googleアナリティクスは、ウェブサイトやモバイルアプリのアクセス分析を行うツールとして多くの企業で導入されています。
ウェブサイトとモバイルアプリ両方を運営していたり、複数のウェブサイトを運営している企業にとって、分析するサイトを追加したいという状況になることがあると思います。そこで、簡単にgoogleアナリティクスで分析するサイトを追加する方法を紹介します。

一つのアカウントで追加できるサイトの上限

一つのgoogleアカウントにつき、100個のgoogleアナリティクスアカウントを作成することができます。そして、一つのgoogleアナリティクスアカウントにつき50
個のプロパティを作成することができます。
一つのプロパティにつき一つのサイトのデータをを分析できると考えた場合、一つのgoogleアカウントで5000サイトの分析ができるということになります。

googleアカウントとgoogleアナリティクスアカウント

googleアナリティクスを利用してウェブサイトやモバイルアプリからのデータを解析するには、googleアナリティクスのアカウントを作成することが必要です。
しかし、googleアナリティクスのアカウントを作成するためには、Googleアカウントが必要なため、最初にgoogleアカウントを作成しましょう。

googleアナリティクスの構造

googleアナリティクスアカウントはさらに「プロパティ」に、「プロパティ」を「ビュー」で分けることができます。

プロパティ

プロパティとは「アカウント」の1つ下の階層にあり、通常の場合、解析するウェブサイト、モバイルアプリ1つにつき1個作成します。一つのgoogleアナリティクスアカウントには最大で50個のプロパティを設定することができます。一つのgoogleアナリティクスアカウントで複数のプロパティを作成することでプロパティをグループ化することができます。
基本的には、分析する対象に1つにつき、1つのプロパティを作成しますが、厳密には、Googleの公式ページにもあるように、プロパティは、ユーザーデータを収集する一つのまとまりとして作成されるものです。そのため、1つのホームページの中で別々にデータを収集したい場合は、1つのサイトに対して2つのプロパティを作成することもできます。

ビュー

ビューとは「プロパティ」の1つ下の階層にあり、解析するウェブサイトやモバイルアプリの中で分析する範囲を限定してデータを分析することができます。
プロパティの中に複数作成することができます。

無料で解析できる上限

googleアナリティクスは紹介したように最大で5000サイトを分析することができます。しかし、システムが処理能力を超えるデータを受信することを防ぎ安定的にデータ解析を行うために、制限事項が設けられています。プロパティの制限事項として、プロパティあたり一ヶ月1000万ヒットが解析できる上限となっています。
ヒット数がこれを超えた場合、アップグレード、またはgoogleアナリティクスに送信されるデータ量を減らすことになります。

サイトを追加する手順

分析するサイトを追加するには二つの方法があります。
一つ目が新しくgoogleアナリティクスアカウントを作成する方法、二つ目が既存のgoogleアナリティクスアカウントにプロパティを1つ追加する方法です。
二つ目の方が簡単に行うことができますが、共同で同じアナリティクスアカウントを使ってデータ解析する必要があるなど、一つ目の方法で追加した方が良い場合もあります。
それぞれの手順を紹介していきます。

新しくgoogleアナリティクスアカウントを作成する場合

アナリティクスアカウントにログインし、[管理]をクリックします。

「アカウント」からアカウントを追加します。
左に表示されている「アカウント」列の一番上の[+アカウントを作成]をクリックします。

新しいアカウントの情報を入力する
一つ目のアカウントを登録した時と同様に、新しいアカウントについての情報を入力します。
入力する情報は、以下の項目です
1.トラッキングの対象の選択
2.アカウントの設定:新しいアカウント名
3.プロパティの設定:
ウェブサイトの名前
ウェブサイトのURL
業種の選択
レポートのタイムゾーン
4.データ共有設定:
googleのプロダクトやサービス
ベンチマーク
テクニカルサポート
アカウントスペシャリスト

入力を完了し、[トラッキングIDを取得]をクリックすると、トラッキングIDとコード発行され、googleアナリティクスアカウントの追加は完了します。
その後、トラッキングコードを解析したいサイトのページに設置すると分析することができます。
アカウント作成した時点で自動的にプロパティとビューも作成され、データを整理することができます。

プロパティを追加する場合

プロパティの追加

プロパティを追加するには、googleアナリティクスにログインし、管理画面を開きます。
真ん中に表示される「プロパティ」の一番上に表示される[+プロパティを作成]をクリックします。

 

解析したいサイト情報を入力

表示された画面に新しく追加したいウェブサイトの情報を入力します。
入力する情報は、以下の項目です。
1.トラッキングの対象の選択
2.トラッキングの方法
3.プロパティの設定:
ウェブサイトの名前
ウェブサイトのURL
業種の選択
レポートのタイムゾーン

トラッキングIDの取得・設置

新しいプロパティの情報を入力し、一番下の[トラッキングIDを取得]をクリックすると、トラッキングIDとコードが発行されます。
それを対象となるサイトの全てのページに貼り付けると、サイトの追加は完了です。
googleアナリティクスのホームに戻ると追加されたプロパティが表示され、「全てのウェブサイトのデータ」をクリックすると、アクセス解析を行うことができます。

 

複数のサイトを分析する方法

アクセスレポートを表示するサイトを切り替える方法

新しいプロパティを作成してサイトを追加した場合

googleアナリティクスのホームから管理画面を表示します。
画面の中央に表示される「プロパティ」から分析したいサイトのプロパティを選択します。

プロパティ選択後に、ホーム画面の「レポート」に戻ると、その対象のサイトのアクセスレポートが確認できます。
サイトを切り替えるには、最初に選択するプロパティを変更して、レポートをクリックします。すると、違うサイトのアクセスレポートを見ることができます。
(新しいgoogleアナリティクスアカウントを作成した場合も、切り替えるのを「プロパティ」ではなく、「アカウント」にすることで簡単にアクセスレポートを確認することができます。)

複数のユーザーで一つのサイトを分析する方法

設定を変更することで、googleアナリティクスアカウントを作成したユーザーの他に別のユーザーが同じサイトのアクセスレポートを見ることができます。
追加するユーザーには権限をそれぞれの設定することができます。

ユーザーの追加

アナリティクスアカウントを作成したユーザーに「ユーザー管理」権限が付与されいるため、そのユーザーがgoogleアナリティクスにログインする必要があります。
まず、「管理」をクリックします。すると、「アカウント」「プロパティ」「ビュー」それぞれの列に、「ユーザー管理者」という項目が表示されています。

これをクリックし、ユーザーを追加していきます。

ユーザーの権限を設定する

追加するユーザーに付与する権限は、アカウントやプロパティごとに設定することができます。
注意点として、上の階層で行われた権限はそれ以下の階層にも反映されます。つまり、アカウントに設定した権限はプロパティの権限としても設定されるということです。上の階層で設定された権限は下の階層で取り消すことは不可能ですが、権限を追加することはできます。アカウントの権限として追加されていない権限をプロパティ単位で追加することができるということです。

ユーザーの権限の種類

ユーザーに付与することのできる権限には4種類あります。右の四角をクリックすることで権限を追加することができます。権限は、単独、あるいは組み合わせて適用することが可能です。

編集:アカウント、プロパティ、ビュー、フィルタ、目標などを作成、編集することができ、レポートデータの表示が可能な権限です。「共有設定」の権限が含まれます。そのため、「編集」を適用することで、「共有設定」「表示と分析」は適用されたことになります。
共有設定:個人アセットを作成、編集、削除、共有することができます。ダッシュボードやメモなどの共同アセットを共同編集できます。「表示と分析」の権限を含みます。
表示と分析:レポートと構成データの表示、レポート内でのデータの操作、個人的アセットの作成と共有、共有アセットの表示が可能な権限です。
ユーザー管理:アカウントのユーザーの追加、削除また、権限を付与することができる権限です。

(◉クロスドメイン)

googleアナリティクスアカウント削除

googleアナリティクスアカウントをゴミ箱に移動することでアカウントを削除することができます。そのためには、「編集」権限が必要となります。
googleアナリティクスアカウントを「ゴミ箱」に移動すると、プロパティやビューも全て「ゴミ箱」に移動されることになります。「ゴミ箱」に移動された、アカウントとそのアカウント内のプロパティとビューは、35日以内に完全に削除され、その後にデータを取得することはできません。アカウントを削除すると、そのgoogleアナリティクスアカウントの編集権限を持つユーザーに通知が送信されます。
また、googleアナリティクスアカウントを「ゴミ箱」に移動することと同時に、ウェブページまたはアプリに設置されているトラッキングコードを削除する必要があります。

googleアナリティクスアカウント削除する方法

googleアナリティクスにログインし、「管理」をクリックします。
画面の左に表示される「アカウント」列で削除するアカウントを選択します。

[アカウント設定]をクリックし、右上の[ゴミ箱に移動]をクリックします。

ゴミ箱に移動する前に、チェックリストが表示されます。
最後の[アカウントをゴミ箱に移動]をクリックすると完了します。

まとめ

googleアナリティクスは、googleアカウントを作成することで簡単に利用することができ、5000サイトまで一つのgoogleアカウントでアクセス分析することができます。アクセス分析する対象を追加するには二つの方法があり、プロパティを追加する場合、googleアナリティクスのアカウントを追加するよりも簡単に行うことができます。また、googleアナリティクスアカウントやプロパティの切り替えは管理の画面から簡単に設定することができます。

ピックアップ記事

  1. [用途別]無料で使えるSEO便利ツール16選&特徴・使い方まとめ
  2. SEOに効果的なディスクリプションとは?設定方法や注意点
  3. Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介
  4. [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方
  5. Instagramの予約投稿に便利なツール5選!比較・特徴・使い方

関連記事

  1. Googleアナリティクス

    Googleアナリティクスのチャネルで見られる「display」とは

    Googleアナリティクスの「display」という表示を見たことはあ…

  2. Googleアナリティクス

    Facebookでブロック・非表示をするとどうなる?やり方から解除の方法まで

    Facebookを利用しているとあまり見たくない投稿や、それほど親しく…

  3. Googleアナリティクス

    Googleアナリティクスでレポートを作成し分析を効率化する方法

    Googleアナリティクスを使ってサイトをチェックする時、目的の情報を…

  4. Googleアナリティクス

    複雑なgoogleアナリティクスの”権限”について整理してみた

    googleアナリティクスを利用するにあたって、確実に「権限」というも…

  5. Googleアナリティクス

    Googleアナリティクスの離脱率とは?直帰率との違い・見方・確認方法

    googleアナリティクスを使っているけど、どこを見て改善したらいいの…

  6. GoogleApps

    【初心者でもわかりやすい】Googleカレンダーの使い方徹底解説

    みなさんはスケジュール管理にどういったツールを使っているでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP