記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Google広告の審査とは?再審査前に確認しておくべき項目と対処法

原因と対処法が分からず審査が通らないなんてことはありませんか。審査に通らなければもちろん広告は配信されることはありません。時間をかけて広告を用意したのに配信できなければ今までの努力が水の泡になってしまいます。これらの問題を解決すべくこの記事では審査の基準や審査落ちのよくある例、対処法を紹介していきたいと思います。

カテゴリ: Google広告

Google広告をいざ配信しようとしたら「不承認」となってしまい、配信ができないとなったことはないでしょうか。
今回はGoogle広告の審査が落ちてしまう際の審査基準とよくある例とその対処法について紹介していきたいと思います。

Google広告の審査とは

Google広告(リスティング広告)を配信する際にGoogle広告のポリシーに違反していないかチェックすることを審査と呼びます。

Google広告はユーザーに適切な広告が配信されることを望んでいます。
よって、不適切だと判断された広告に関しては配信を止められます。

「Google では、システムによる自動評価と人手による評価とを組み合わせて、Google に掲載される広告がポリシーに準拠しているか確認を行っています」という文言がGoogle広告のポリシーに表記されています。
機械的にキーワードや表現で審査するものをありますが、一度審査に通ったものでも、その後配信停止になってしまうものもあります。それは、人により再評価がされる影響によるものだと考えられます。

審査の基準

審査基準はGoogle 広告のポリシーに表記されているように大まかに分けて4つあります。

  • 禁止コンテンツ
  • 禁止されている手法
  • 制限付きコンテンツと機能
  • 編集基準と技術要件
  • Google広告のポリシーにそれぞれの項目について細やかに事例が表記されていますので、詳しく審査の基準を知りたい方はご覧ください。

    審査状況の確認方法

    Google広告の審査は通常1営業日以内に完了すると言われていますが、広告の審査には早ければ1時間で済むケースもあれば3営業日までかかる場合もありますので、辛抱強く待ちましょう。

    Google広告の審査に落ちた理由は、管理画面から確認できます。
    または、ポリシーマネージャから確認することも可能です。原因の特定が困難な場合は、サポートに問い合わせましょう。

    代表的な審査落ちの例と対処法

    審査される対象は「キーワード」「広告文、バナー」「画像、動画」「広告のリンク先」のを対象に審査されています。
    ここでは、代表的な審査落ちの例と共に対処法を紹介していきたいと思います。

    広告の誇大表現

    誇大表現とはユーザーが誤解を招きやすいような過度な表現を用いて、商品やサービスを事実よりよく見せようとする表現のことです。

    「必ず痩せる」「半年で治る」などの確証性がない表現などをするとたとえ事実であっても広告が「不認証」になることがあります。
    また、「最高」「最大」「No.1」などの最上級表現も「不認証」になる可能性があります。

    Google広告で最上級表現を使用するためには、広告のランディング ページに第三者による根拠付けのリンクの記載が必要になります。
    詳細な根拠が示すことができない場合、誇大表現は控えましょう。

    薬機法の違反

    薬機法(旧:薬事法)に基づいて広告の表現が判断される場合があります。
    広告の不認証で一番多い理由と言っても過言ではありません。

    薬機法とは、正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と言います。
    その名の通り、医薬品、医療機器等の品質と有効性および安全性を確保する他、下記を目的に製造・表示・販売・流通・広告などについて細かく定めた法律です。

  • 保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止
  • 指定薬物の規制
  • 医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進
  • 注意したいのは、薬機法は、医薬品や医療機器だけでなく、医薬部外品、化粧品などの定義も定め、健康食品の規制にも活用される点です。

    薬機法で違反とされる可能性のある表現には「歯の再石灰化を促進する働きもあります」「あなたの理想のバストに確実に近づけます」などがあります。

    効果の保証や体験表現は基本的には使用NGなのですが、見たことのある表現もあるのではないでしょうか。
    例えば、健康食品の「バストアップサプリ」が「あなたの理想のバストに確実に近づけます」などの広告で販売していたとします。

    法律上、効果効能を標榜した広告により販売すると医薬品と判断されます。

    結果、無免許での医薬品販売のみならず、未承認の医薬品広告を禁止する第68条違反になります。
    こちらの罰則は2年以下の懲役または200万円以下の罰金が課されます。

    薬機法の表現に関して不安な場合は薬機法にくわしい弁護士に相談するのをオススメします。

    リンク先ページによる不承認

    広告自体に問題はなく、広告のリンク先のページに問題があり不承認になることがあります。
    例えば、広告文とリンク先のページの内容が違っていたりすると広告は不認証になることがあります。

    詳しくはリンク先の要件:Googleポリシーに乗っていますので確認してください。

    リンク先サイトに主体者表記がない

    Google広告では、リンク先サイトに「主体者表記」を行うことが義務付けられています。

    主体者表記とは、広告主の名前や住所、電話番号を表記することです。
    Google広告では、名前、住所、電話番号の全てを記載することが条件になっていますが、法人で広告を出す場合は、主体者の住所や電話番号については会社のもので大丈夫です。

    そのため、一つでも間違っている場合や記載のない場合は、審査に通らないので注意しましょう。

    使用できない記号、句読点の利用

    Google広告では、『』や【】などの括弧記号を、広告の見出し内で語句を強調させる目的として使用している場面も多く見られます。
    記号をうまく使うことで魅力的な広告文を作り出すことができ、クリック率が上昇します。

    しかし、Google広告では使用できない記号を入力すると広告が不認証になります。
    また、同じ記号の羅列や本来の目的で使用されていない顔文字なども規約違反の対象になります。
    [ブログ記事] Google 広告で使用できる記号一覧-Google広告ヘルプと編集-Google広告ポリシーヘルプを読むことで利用できる記号と記号の利用方法が明記されています。

    今回は代表的な審査落ちの例を紹介しました。

    広告掲載のポリシー-Google広告ポリシーヘルプに審査落ちになる要件が記載してあります。
    是非、一度読んでみてください。

    Google広告審査落ちした際の対処方法

    気をつけて広告出稿をしたけれど、不認証になってしまうことはあります。
    では、不認証になってしまった場合再審査申し込みまでのを紹介していきます。

    不認証になった理由を確認する

    Google広告の審査に落ちた理由は、管理画面から確認できます。ポリシーマネージャから確認することも可能です。

    不認証になった広告のステータスにカーソルを合わせると不認証の理由が表示されます。
    その際、ポリシーを確認をクリックすると、不承認理由に該当するGoogleポリシーのヘルプページが開かれ、不承認の理由の詳細を確認することができます。

    これで、不認証になった理由がわかると思います。

    ただ、これだけでは明確に理由がわからない方もいると思います。
    そんな時はサポート窓口に問い合わせをしましょう。

    サポート窓口に問い合わせ

    管理画面では原因の特定が困難な場合は、不承認となった理由は各媒体のサポート窓口担当まで届いているので、各媒体のGoogleサポート窓口や電話やチャットで詳細の確認を問い合わせをすることが可能です。

    サポート窓口では審査落ちした箇所とその対処例を教えてもらえます。
    電話での受付も可能でしたが、現在(2021年4月)はチャットとメールのみの受付になっています。

    サポート窓口はお問い合わせ-Google広告ヘルプのリンクを選択するか、以下の手順で進めます。

  • Google広告管理画面の右上の「?」を選択
  • 「お問い合わせ」のリンクがあるので選択
  • この手順で進めます。
    チャットもしくはメールでのお問い合わせが可能です。

    チャットに関しては月曜日から金曜日の9:00~18:00の受付なので、時間外の場合はメールで問い合わせをしましょう。

    チャットで問い合わせる場合は本人確認のため以下の項目が聞かれるので、事前に準備しておきましょう。

  • アカウントID
  • 担当者名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 修正し再提出
  • 理由が判明したら後は簡単です。
    ポリシーに違反した箇所を修正し、再審査の申請を行います。

    申請の方法は、編集して保存するだけです。
    「広告と広告表示オプション」ページから違反箇所を修正し、保存ボタンを押してください。

    保存後は自動で再審査が申請され、修正前の広告が削除されます。

    なお、再審査の対象となるのは、新しく作成したキャンペーンのみです。

    さいごに

    審査落ちをしてしまった時には焦らず、審査落ちした箇所とGoogle広告ポリシーを確認することで大抵の問題点は解決すると思います。

    それでも分からない場合はサポート窓口に問い合わせてみましょう。
    理由も分かっていない状況の中自分の中で仮説を立て、不要な設定の変更に至らないようにしましょう。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。