特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

ユニークユーザー(UU)とは?Googleアナリティクスの注意点・確認方法

何人が自社のサイトを活用しているのか調査するときに便利な指標ユニークユーザー(UU)。しかし、GoogleアナリティクスにはUUという指標はなく、ユーザー数で表示されています。今回はGoogleアナリティクスでUUを調べる方法を紹介します。

Webサイトのアクセス解析をおこなうとき、プレビュー数(PV数)やセッション数などさまざまな指標がありますが、その中でも、何人が自社のサイトを活用しているのか調査するときに便利な指標ユニークユーザーです。

ユニークユーザーは一定の期間内にサイトを訪問者したユーザー数を表す指標なので、どのくらいのユーザーがサイトを訪問したのか大まかに計測できます。

しかし、Googleアナリティクスのレポートには「ユニークユーザー」という指標がないので、どこを見てユニークユーザー数を確認したらいいかわかりませんよね。
今回は、簡単にGoogleアナリティクスでユニークユーザー数をチェックする方法を解説します。

ユニークユーザーとGoogleアナリティクス

ユニークユーザーとは、一定の期間内にWebサイトを訪問したユーザーの数です。
指定した期間内ならば、同じユーザが何回訪問してもユニークユーザー数は1とカウントされます。ユニークユーザー数は指定した期間にどのくらいの人が訪問してきたのかが最もわかる指標です。
ユニークユーザーは略してUUと表記される場合もあります。

Googleアナリティクス上には、ユニークユーザーという指標はなく、ユーザーという指標で表記されています。
したがって、Googleアナリティクスに限り、ユーザー=ユニークユーザーです。

Googleアナリティクスでユニークユーザー数を確認する方法

サイト全体のユニークユーザーを確認する

Googleアナリティクスを開き「オーディエンス」→「概要」の順に選択します。
期間を設定してユニークユーザー数を調べたい場合は、右上で期間を設定します。

折れ線グラフの下には、指標に基づいてデータが表示されますが、その中の「ユーザー」の部分の数値がユニークユーザー数です。折れ線グラフは現在は「ユーザー」を表示しています。

新規ユーザーとUUの違い

ユーザー数の隣に「新規ユーザー」という指標があります。

この指標は、過去2年の間で自社のWebサイトを全く訪問したことのないユーザーのうち、右上の部分で設定した期間内に訪れたユーザーを指します。指定した期間で初訪問した人数が知りたい場合は新規ユーザーを確認します。

アクティブユーザーとの違い

Googleアナリティクではアクティブユーザーというのも確認できます。
「オーディエンス」→「アクティブユーザー」を選択すると以下のようなレポートを確認できます。

アクティブユーザーは、特定の期間内に1回以上訪問したユーザを表しています。
つまり、ユニークユーザーの数値を表していますが、アクティブユーザーのレポートでは、集計している期間が異なり、1日・7日間・14日間・28日間ごとにユニークユーザー数をカウントしています。

ディメンションごとにユニークユーザーを確認する

「集客」→「概要」→「全てのトラフィック」→「チャネル」の順に選択。
表の上部で「プライマリ ディメンション」を設定でき、設定したディメンションごとにユーザー数が確認できます。

●参照元
検索エンジンからの流入や特定のドメインからの流入を指します。

●メディア
オーガニック検索(自然検索)や有料検索などを指します。

●その他
ディメンションを設定できます。
例えば、検索キーワードごとの流入も確認できます。

ページ別のユニークユーザー数を確認する

ページ別にユニークユーザーを調べたいときはカスタムレポートを使います。
「カスタム」→「カスタムレポート」→「新しいカスタムレポート」をクリック。

カスタムレポートの編集画面が表示されますのでそれぞれ設定します。

タイトルにはカスタムレポートの名前を入力。今回は、「ページ別のユニークユーザー数」とします。
指標とディメンションにはそれぞれ「ユーザー」と「ページ」を設定。

最後に保存をクリック。

このように、ページごとのユニークユーザー数を確認することができます。

ユニークユーザーの注意点

正確な数値ではない

ユニークユーザーは一定の期間内にWebサイトを訪問したユーザーの数ですが、正確な人数というわけではありません

Googleアナリティクスでは、ブラウザにCookieを付与してユーザーを計測しているので1つのブラウザに付き1ユーザーとカウントされます。
もし、同一ユーザーがSafariとChromeを使い分けてサイトを閲覧していた場合、ユニークユーザー数は2人と計測されてしまいます。
スマートフォンやパソコン等、別の端末と使い分けている時も別のユニークユーザーとカウントされてしまうので正確な分析をすることはできません。

したがって、ユニークユーザー数はあくまでも概算として扱いましょう。

複数期間のユニークユーザー数は合算させない

複数の期間をまたいでユーザーがWebサイトを訪れていた場合、最初に訪れた期間と後に訪れた期間でも1カウントされています。
したがって、合算してしまうと、ユーザーが重複している場合があります
安易に合算したりせずに、きちんと期間を考えてデータを取るようにしましょう。

セッションとユニークユーザーの計測方法の違い

セッションとはユーザーがサイトを訪問して離脱するまでの行動を指し、訪問から離脱までを1セッションとして計測します。
サイトを閉じたり他のサイトへいってしまったりする以外に、30分以上操作が行われない場合、それ以降の操作が新しいセッションとして計測されます。
対して、ユニークユーザー数は指定した期間内のユーザの数を計測します。何度離脱しサイトを訪問しようと、期間内であれば1カウントです。

ページビューとユニークユーザーの計測方法の違い

ページビューはサイトを閲覧した回数が表示され、同じユーザーが同じページを訪問しても訪問した回数分計測されます。対して、ユニークユーザーは指定した期間内に何回訪問しても1人分としか計測されません。

まとめ

Googleアナリティクスには、ユニークユーザーという指標はありません。「ユーザー数」という指標がユニークユーザーの指標なので、Webサイトを使っている人の人数を知りたい場合はユーザー数をチェックしましょう。

ただし、同じユーザーでも別のブラウザを使用している場合別々にカウントされてしまうため、必ずしも正確な数値ではありません。あくまで概算と捉えて、サイト改善の目安に使用してください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要