特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Googleサジェストの仕組みと汚染時の対策、KW抽出方法を解説

Googleサジェストは別名・オートコンプリートとも呼ばれる予測変換を表示させる機能。ここでは、Googleサジェストの仕組みの他、サジェストキーワードを抽出方法やサジェスト汚染が起こった時の対処方法を解説します。

カテゴリ: 解析/調査ツール

Googleで何かを検索するとき検索ボックスに検索ワードを入れると、そのワードに続く予測変換であるサジェスト(オートコンプリート)が表示されます。

この機能は「Googleサジェスト」と呼ばれており、間違ったワードでの検索を無くす・検索するときの手間を省くといった効果があります。

こういったサジェストキーワードを見て、
「このキーワードはどうやって決まっているんだろう」
「サジェストキーワードは変更できないのかな・・・」
と疑問を持っている方も少なくないかと思います。

サジェストキーワードを決めているのはGoogleが管理しているアルゴリズムですが、アルゴリズムは様々な要因によって影響されています。

今回は、Googleのサジェストキーワードが決まる仕組みとサジェストキーワードが及ぼす影響などを解説します。

キーワードから予測して検索候補を提案する機能「Googleサジェスト」

Googleサジェストとは、Google検索において、ユーザーが入力しているキーワードから予測して検索候補を提案(サジェスト)してくれる機能です。

例えば、以下の画像のように「気温」と入力すると、Googleが予測したキーワードが下に表示されます。

また、続けて「気温 東京」と入力すると、サジェストキーワードは更新され、「気温 東京」から予測されるワードが表示されます。

この時に候補として表示されるワードのことを「サジェストキーワード」と呼びます。

サジェスト機能は、Googleだけでなく「Yahoo!」や「Bing」などの検索エンジンの他、「Amazon」や「Youtube」などにもあります。

Googleサジェストのメリット

リアルタイムで入力したワードに対して関連性の高いキーワードを提案してくれることにより、ユーザーにとって以下のようなメリットがあります。

●誤字脱字での検索を減らすことができる
サジェストキーワードをクリックして検索するので、間違ったワードでの検索することが少なくなります。

●調べたいキーワードが明確にわからなくても検索できる
表示されるキーワードから、自分が知りたいキーワードを見つけることができます。

●入力の手間が省ける
調べたいキーワードを最後まで入力しなくても、調べたい言葉で調べることができます。

Googleサジェストの仕組み

Googleサジェストは、ランダムに決定されているのではなく、Googleのアルゴリズムに基づいて決定されています。

ただ、Googleサジェストを決定しているアルゴリズムはユーザーの検索履歴や、これまでに検索された検索キーワードなど、様々な要因によって左右されるため、必ずしも毎回同じワードが表示されるわけではありません。

アルゴリズムに影響する4つの要因

過去に検索されたキーワード

Googleサジェストを決めているアルゴリズムに最も影響する要因です。

Googleのサジェストキーワードは、全ユーザーの検索キーワードを元に生成されています。
そのため、検索された回数が多いキーワードほど、Googleのサジェストキーワードとして表示されやすくなります。

例えば、「サジェスト」と入力すると、私のパソコンでは以下のようにキーワードが表示されます。

表示されたキーワードを検索回数が調べられる「キーワードプランナー」で調査すると以下のような結果になります。

どのキーワードも一定の検索数があり、多くの人がそのワードで検索されていることが伺えます。

地域と言語

検索ボリュームを基準に提案されるサジェストキーワードですが、すべてのユーザーに対して同じワードを表示しているわけではありません。
検索しているユーザの地域や言語に合わせたキーワードが提案されます。

例えば、日本語で「カフェ」と入力すると、以下のようなサジェストキーワードが表示されます。

しかし、フランス語の「café」と入力すると、全く別のサジェストキーワードが表示されます。

自分の検索履歴

自分の検索履歴もサジェストキーワードに大きく影響します。

例えば、一度「NIKE スニーカー 赤」と検索したとします。

一度タブを閉じ、別タブで「NIKE」と入力すると、一度検索した「NIKE スニーカー 赤」がサジェストキーワードとして表示されます。

サジェストキーワードでは、多くのユーザーが検索している言葉だけでなく、自分が以前検索したキーワードもサジェストキーワードの一部として表示されます。

話題性

事件や事故、芸能人の結婚や社会的なニュースなど、これまで検索されていなかったキーワードでも、話題性がある場合はサジェストキーワードとして表示される場合があります。

Googleサジェストをコンテンツ作成やSEOに活かす

核となるキーワードと関連性の高い複合キーワードが見つかる

サジェストキーワードを活用することで、核となるキーワードと関連性の高い複合キーワードを見つけ、コンテンツ作成やSEOに活かすことができます。

例えば、「SEO」というキーワードでコンテンツを作成しようと思っても、SEOに関するトピックは豊富にありますし、検索回数も多いワード(ビックキーワード)なので、競合ページもそれなりに多いです。

そのため、コンテンツの内容もわかりにくくなりますし、第一コンテンツを作っても上位表示を目指すのは至難の技です。

しかし、「SEO とは」や「SEO 意味」といったサジェストキーワードの中から1つを選んで、それに特化したコンテンツがうまく作成できれば、話題も絞れますし、よりニッチな領域なので結果が出しやすくなります。

Googleのサジェストキーワードを取得できる8つのツール

サジェストキーワードは、コンテンツ作成やSEOに活用できますが、検索する人や場所に依存する側面もあるため、自分で調査するには限界があります。

そういったときに便利なのが「サジェストキーワード取得ツール」です。

キーワードプランナー

Google広告の機能の1つです。
キーワードの検索回数だけでなく、サジェストキーワードを抽出することもできます。

サジェストキーワードはもちろん、そのキーワードの検索ボリュームを調べることができます。

【キーワードプランナー(Google広告)】を使う

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

Googleで表示されるサジェストキーワードを表示するだけでなく、CSVファイルで保存できるツールです。

このほか、Googleのサジェストキーワードだけでなく、ヤフーサジェストやビングサジェスト、アマゾンサジェスト・ユーチューブサジェストなどもダンウロードできるので、多角的な分析に役立ちます。

【グーグルサジェスト キーワード一括DLツール】を使う

関連キーワード取得ツール

サジェストキーワードが五十音順で表示されます。
また、指定したキーワードが含まれているYahoo!知恵袋などの質問掲示板サイトも表示されるのが特徴です。

【関連キーワード取得ツール】を使う

KOUHO.jp

Googleサジェストはもちろん、Amazonサジェスト、楽天サジェスト、Bingサジェスト、はてな連想語、Yahoo知恵袋、Twitter共起語のキーワード候補を見つけることができます。

【KOUHO.jp】を使う

goodkeyword

Googleサジェスト以外にGoogleトレンドのデータも確認することができるのが特徴です。

【goodkeyword】を使う

Keyword Tool

Googleサジェストだけでなく、Yahoo!、Bing、Amazon、AppStoreそれぞれのキーワードを調べることができます。

また、有料版の場合は検索ボリュームやクリック単価などのデータも見ることができます。

【Keyword Tool】を使う

Ubersuggest

言語ごとにサジェストキーワードを調べることができます。また、検索ボリュームやクリッック単価、競合性も同時に表示されるため便利なツールです。

【Ubersuggest】を使う

keysearch Beta

日本、アメリカ、台湾、タイ、インドネシアでのGoogleサジェストキーワードを抽出することができます。また、一覧がマインドマップのように表示されるため、視覚的に捉えやすくなっています。

【keysearch Beta】を使う

サジェストが悪影響を及ぼすこともある

ユーザーにとってもサイト運営者にとっても便利な機能であるGoogleサジェストですが、悪い側面もあります。

サジェスト汚染

サジェスト汚染とは、ネガティブなワードでサジェストキーワードが埋まってしまうことを指します。

例えば、自社名を検索しようとしたとき、覚えがないのにサジェストキーワードに「詐欺」「不正」「脱税」「悪徳」「違法」といったマイナスイメージをもたれてしまうようなワードが並んでいる場合、サジェスト汚染が起こっている可能性が高いです。

サジェスト汚染が起こると、ユーザーがその企業や人物に対して悪印象を抱く可能性があるという問題が発生し、企業のイメージダウンや売上減少につながってしまうこともあります。

もし、事実と反するネガティブなワードがサジェストキーワードととして表示された場合は、速やかに削除しましょう。

サジェストを削除する方法

サジェストされたキーワードが不正なネガティブなキーワードな場合、Googleに削除依頼をすることができます。

【法律に基づく削除に関する問題を報告する】

こちらのフォームを入力して、送信することでGoogleに削除依頼をすることができます。
だだし、この場合Googleアカウントが必要です。

削除依頼をすると約1ヶ月以内にGoogleから削除の可否について通達されます。

また、他にもサジェスト一覧で報告することもできます。

右下にある「不適切な検索候補の報告」をクリック。

フォームが表示されるので、不適切なキーワードとその理由をクリックし、送信をクリックします。
こちらはGoogleアカウントがなくても依頼できます。

サジェストキーワードは自分で操作できないので、Googleに依頼するしかありません。
依頼すれば100%削除されるというわけではありませんが、サジェスト汚染の影響がある場合は、削除依頼をしましょう。

まとめ

Googleサジェストは、ユーザーにとっては検索の際に入力の手間が省けたり、誤字脱字を減らすことができるといったメリット、サイト運営者にとってはコンテンツ作成やSEOに役立てられるというメリットがあります。

サジェストキーワードをコンテンツ作成やSEOに役立てたい場合は、「キーワード抽出ツール」を活用しましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要