特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

【実践】GoogleストリートビューをWebサイトに埋め込む方法

Googleストリートビューはグーグルが提供する「ある場所を実際に歩いているかのような体験ができるサービス」です。今回はそんなGoogleストリートビューをWebサイトに埋め込んで、わかりやすく視覚的に情報を伝える方法について解説していきます。

カテゴリ: Googleマイビジネス

Googleマップを自社のホームページに埋め込んでいるのはよく見かけますが、Googleストリートビューも埋め込むことができることはご存知ですか?

Googleストリートビューを埋め込むことで、地図よりもよりリアルなイメージを持ってもらったり、ホームページをおしゃれに見せたりすることができます。

今回はそんなGoogleストリートビューをホームページに埋め込む方法について詳しく解説していきます。

Googleマップの埋め込みについては【画像で解説】Googleマップをコピペだけで簡単にサイトに埋め込む方法で紹介しています。

Googleストリートビューを埋め込むとどうなる?

Googleストリートビューを埋め込んだ際のサンプルをご紹介します。

夜の東京タワーです。

こちらは夜のスカイツリーです。

それぞれ自由にアングルを変えることができるため実際にその場所に訪れたような気分になれます。

自社の紹介やお店の紹介をする場合は、このGoogleストリートビューの埋め込みが効果的です。

Googleストリートビューをホームページに埋め込む方法

早速埋め込む方法をご紹介します。今回は東京都庁を例にしてご紹介します。

①Googleマップで埋め込みたい場所を検索します。

②該当する項目をクリックします。

③画像をクリックします。

④ストリートビューと360°ビューをクリックします。

⑤お好みの画像を選択しホームページに掲載したいアングルを表示します。

⑥「地図を埋め込む」をクリックし、サイズを選択後「HTMLをコピー」を選択

⑦ウェブサイトやホームページにコピーしたコードを埋め込む

埋め込みがうまくいくと下記のようになります。

自由にアングルを変更できるのでイメージが伝わりやすくなります。

Googleストリートビューを使って伝わりやすいサイトを作ろう

今回紹介した方法でGoogleストリートビューを埋め込むことで、自社のイメージや店舗のイメージが伝わりやすくなります。

そのほかにも綺麗な景色を紹介したり、お気に入りのスポットを紹介するなど様々な場面で活用することができるため、埋め込む方法を覚えておきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要