記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

【初心者必見】Googleスプレッドシートのグラフの作成方法

今回は、Googleスプレッドシートでグラフを作成する方法や作成できるグラフの種類、グラフの作成で役立つスプレッドシートの機能について解説します。初心者の方でもわかりやすいように、画像付きで詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

Googleスプレッドシートでは、入力したデータを元に様々な種類のグラフを作成することができます。Googleスプレッドシートを扱ったことがある人なら、簡単なグラフの作成はしたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、Googleスプレッドシートでグラフを作成する方法や主なグラフの種類についてご紹介します。

初心者にもわかりやすいように、画像付きで詳しく解説していますので、この記事を読んでGoogleスプレッドシートのグラフに関する機能をマスターしましょう。

【基本】Googleスプレッドシートでグラフを作成する方法

今回は、次の「A店・B店・C店の月ごとの売上データ」をグラフにしようと思います。

ちなみに、Googleスプレッドシートを編集するには、Googleアカウントが必要です。 Googleアカウントをまだ持っていない方は、下のページを参考にGoogleアカウントを作成してください。

【簡単に実践できる】Googleアカウントの作成方法と注意点

基本のGoogleスプレッドシートのグラフの作成方法は以下の通りです。

①まず、グラフにしたいデータの範囲をGoogleスプレッドシート上から選択し、「挿入」→「グラフ」をクリックします。

②グラフとグラフエディタが表示されます。

③グラフエディタの「設定」→「グラフの種類」で、データに合わせたグラフ形式を選択します。 今回は、各店舗の売上を月ごとに比較したかったため、「縦棒グラフ」を選択しました。

④タイトルやグラフの色などの設定は、「グラフエディタ」の「カスタマイズ」から行います。

例えば、グラフのタイトルは「カスタマイズ」→「グラフのタイトル」でグラフのタイトルを直接入力することができます。

また、グラフの色は、「カスタマイズ」→「系列」から設定することができます。

⑤最後に、作成したグラフを保存して共有したり、別のドキュメントで使用したりしてみましょう。

グラフをダウンロードするには、グラフの「…」→「ダウンロード」から、自分の好きなデータ形式を選びます。「PNG画像」「PDFドキュメント」「Scalable Vector Graphcs」から選ぶことができます。

また、グラフはGoogleドキュメントなどに直接貼り付けることもできます。

Googleスプレッドシートのグラフを「右クリック」→「コピー」(またはCtrl+C)でコピーし、Googleドキュメントで「右クリック」→「貼り付け」(またはCtrl+V)をクリックします。

すると、先ほど作成したグラフがGoogleドキュメントに貼り付けられます。

また、GoogleドキュメントにGoogleスプレッドシートのグラフを貼り付ける場合は、リンク付きで貼り付けるかどうか選ぶことができます。

「スプレッドシートにリンク」にチェックを入れて「貼り付け」をクリックすると、上の画像のように「リンク付き(グラフの右上にリンクマーク)」で貼り付けられ、リンクマークをクリックするとデータソースを確認することができます。

ただし、Googleスプレッドシートから出力されたグラフは誰でも見ることができますが、リンク先のGoogleスプレッドシートはアクセス権限がある人しかアクセスすることができないことに注意してください。

Googleスプレッドシートの主なグラフの種類

Googleスプレッドシートでは様々な種類のグラフを作成することができます。ここでは、よく使われるGoogleスプレッドシートの主なグラフの種類をいくつかあげます。

縦棒/横棒グラフ

Googleスプレッドシートの基本の使い方では、この「縦棒グラフ」を選択しました。

縦棒/横棒グラフは、量の大小を比較する場合によく用いられます。 また、例えば、1月というカテゴリにA店・B店・C店のデータがそれぞれある場合など、各カテゴリにサブカテゴリがある場合に便利です。

折れ線グラフ

折れ線グラフは、データの推移を示すのに便利です。

例えば、A店・B店・C店の月ごとの売上推移は以下のようになります。

積み上げ棒グラフ

積み上げ棒グラフは、全体のデータの推移と、その要因をわかりやすく表現できるグラフです。

例えば、下のグラフの例では、A店とC店の売上増加のおかげで全体の売上は増加傾向にあるものの、B店の売上は減少していることがわかります。

面グラフ

面グラフは、各データ系列の推移を視覚的にわかりやすく示したグラフです。

折れ線グラフと似たグラフですが、折れ線の下の領域が塗りつぶされているため、変化の大きさがわかりやすいという特徴があります。

円グラフ

円グラフは、構成比を表すのに便利なグラフです。

例えば、1ヶ月間でどの店舗がどれだけ全体の売上に貢献しているか知りたい場合は、下のような円グラフを作成しましょう。 1月の全体の売上に対し、A店は22.2%、B店は44.4%、C店は33.3%の売上を担っていることが一目でわかります。

散布図

散布図は、X軸とY軸の相関(データの関係性)を確認する場合に便利な形式です。

例えば、1日のアイスの販売個数とその日の気温の関係を知りたい場合は、以下のようなグラフが作成できます。

グラフから、気温が高い日ほどアイスが売れやすいことがわかります。

「トレンドライン」で散布図にデータの近似曲線を追加できる

Googleスプレッドシートの散布図に、Excelでいう「近似曲線」を追加して、よりデータ同士の関係をわかりやすくすることもできます。

Googleスプレッドシートの散布図に近似曲線を追加するには、「グラフエディタ」の「カスタマイズ」→「系列」→「トレンドライン」にチェックを入れます。

あとは、近似の種類を線形や指数関数、多項式などから選んで、自分好みの近似曲線を追加しましょう。

Googleスプレッドシートのグラフの様々な機能

Googleスプレッドシートのグラフにデータ系列を追加する

既に作成したGoogleスプレッドシートのグラフに、新たなデータ系列を追加することもできます。

まず、作成したグラフをダブルクリックして「グラフエディタ」を開き、「設定」→「系列を追加」をクリックします。

データの範囲を表から選択するか、直接入力して指定します。

選択し終わったら「OK」を押せば、これで系列がグラフに追加されます。

Googleスプレッドシートのグラフの行と列を入れ替える

Googleスプレッドシートで単純にデータの範囲を選択してグラフを作成しただけでは、たまに行と列が逆のグラフが作成されてしまうことがあります。 こういった場合では、「グラフエディタ」の「設定」→「行と列を切り替える」のチェックを外すことで、Googleスプレッドシートで作成したグラフの行と列を入れ替えることができます。

また、それでもうまくいかない場合は、X軸や系列などのデータの範囲を1つずつ設定し直すことで解決できるでしょう。

WebページにGoogleスプレッドシートのグラフを埋め込む

Googleスプレッドシート「グラフを公開」機能を使えば、簡単にWebページに読み込む用のコードを取得することができます。 ただし、この手順を踏むとグラフがインターネット上に公開されるため、元のGoogleスプレッドシートの閲覧権限がない人も含め、誰でも公開されたグラフを閲覧できるようになることに注意してください。

①WebページにGoogleスプレッドシートのグラフを埋め込むには、まず、グラフの「…」→「グラフの公開」をクリックします。

②「埋め込む」を選択し、「公開」をクリックします。

③確認画面が表示されるため、「OK」をクリックします。

④これで、Webページに埋め込むためのコードを取得できます。グラフを埋め込みたいページを開いて埋め込み用のコードを貼り付ければ、Googleスプレッドシートのグラフの埋め込みは完了です。

Googleスプレッドシートのグラフのリンクを取得して共有する

①WebページにGoogleスプレッドシートのグラフを埋め込む方法と同様に、グラフをウェブに公開します。

②「ウェブに公開」→「リンク」でGoogleスプレッドシートのグラフのリンクを取得することができます。 リンクをコピーして、共有したい相手に送信しましょう。

これで、グラフを共有することができます。 下の画像は、取得したリンクにアクセスした画面です。グラフのみが表示されます。

Googleスプレッドシートのグラフの作成・編集方法をマスターしよう

Googleスプレッドシートのグラフは、データの範囲を選択した後に「挿入」→「グラフ」をクリックすることで、誰でも簡単に作成できます。 また、作成したグラフはそのままドキュメントなどに貼り付けたり、「ウェブに公開」から共有用のリンクや埋め込み用のコードを取得したりすることもできます。

グラフの作成・編集はGoogleスプレッドシートの基本の操作ですので、しっかりマスターしてGoogleスプレッドシートをさらに便利に活用してください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。