特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Googleマイビジネスの広告機能を活用して集客を加速する方法

Googleマイビジネスは基本的に無料で利用できる集客ツールですが、費用を払って広告を出すことで集客を加速することができます。この記事では、「広告出稿する方法」や「広告を出稿するメリット・デメリット」を詳しく解説していきます。

カテゴリ: Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは基本的に無料で活用できる集客ツールですが、費用を払って広告を出すことで集客を加速させることが可能です。

費用を払ってローカル検索広告を掲載すると、Googleマップでの検索上位などに店舗の情報を表示させて、顧客にアプローチをすることができます。

しかし、ローカル検索広告を掲載するには「Googleマイビジネス」「Google広告」それぞれに登録し連携する必要があります。

そのため「よくわからない」と思われる方も多いかと思います。そこで、この記事では「ローカル検索広告とは?」「ローカル検索広告を掲載するメリット・デメリット」「Googleマップに広告を掲載する方法」などを詳しく解説していきます。

ローカル検索広告とは?

以下の画像の赤ワクで囲っている部分がローカル検索広告といわれるものです。

Googleマップで検索した際に、このように上位に店舗の情報を表示させることができます。

Googleマップは「今まさに店舗の近くにいるユーザー」「該当の地域をよく訪れるユーザー」などが活用するため、そこに広告を表示させることで、ユーザーが店舗を見つけやすくなり、店舗を構えるビジネスにとっては大きな売上向上の機会となります。

GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携する方法

ローカル検索広告を掲載するには、GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携する必要があります。

次にこの2つを連携する方法について紹介していきます。

もしGoogleマイビジネスのアカウントやGoogle広告のアカウントを持っていない場合は、事前に作成しておきましょう。

手順①Googleマイビジネスでビジネス情報を登録

Google マップに広告を出すためには、ビジネスの情報を登録する必要があります。もし登録していない場合は、Googleマイビジネスの管理画面より登録しておきましょう。

1)Googleマイビジネスの管理画面左メニューの「情報」をクリック

2)鉛筆マークをクリックしてそれぞれの情報を登録

手順②GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携させる

Google広告にログインして
1)「広告と広告表示のオプション」を選択
2)「広告表示オプション」を選択
3)「+」をクリック

4)オプションの項目が表示されるためその中から「住所表示オプション」をクリック

5)「Googleマイビジネスアカウントを検索する」を選択
6)Googleマイビジネスに登録しているアカウントが表示されるため、該当のアカウントを選択し「続行」をクリック

ローカル検索広告を配信する手順

GoogleマイビジネスとGoogle広告のアカウント連携が完了したら、ローカル検索広告を配信していきます。

①キャンペーンを開き「+」をクリックする

②「新しいキャンペーンを作成」を選択

③キャンペーンの設定

1)このキャンペーンで達成したい目標を「見込み顧客の獲得」
2)キャンペーンタイプで「スマート」選択
3)ユーザーに行ってもらいたい操作で「来店の促進」を選択し「続行」をクリック

④宣伝するビジネスを選択

⑤キーワードのテーマの設定

提供している商品やサービスを入力します。下に表示されている候補をクリックすると追加することができ「新しいキーワードのテーマを追加」から手入力することも可能です。

⑥広告を作成

ローカル検索広告は単体で掲載することができません。Google検索結果などの広告枠の中の1つに、Googleマップがあると考えるとわかりやすいかもしれません。

そのため、以下のようにGoogle検索結果画面用の広告文を設定する必要があります。

1)広告の見出しを入力
2)広告の説明文を入力
3)広告から流入につなげたいページのURLを選択
4)「次へ」をクリック

⑦電話番号の登録

広告に電話番号を表示させたい場合は、電話番号を入力します。入力すると広告の右下に電話マークが表示されて、ユーザーがそこから電話ができるようになります。

「通話応答数のトラッキングをオンにする」にチェックを入れると通話の長さや時刻などのデータを取得できるようになります。

入力が完了したら「次へ」をクリックします。

⑧広告の予算の設定

目標とする成果に合わせて予算を選択します。「予算を自分で入力」を選択すると自由に金額を設定することもできます。

途中で変更することも可能なので最初は「あなたへおすすめ」を選択しておきましょう。

⑨入力内容を確認

入力内容を確認する画面が出てくるので確認して問題なければ「次へ」をクリック

⑩Googleアナリティクスとの連携するかを選択

これで登録完了です。しばらくすると広告が表示されるようになります。

ローカル検索広告(Googleマップに広告)を表示させるメリット

次にGoogleマップに広告を掲載する事によるメリットを紹介していきます。

メリット①近くにいるユーザーにアプローチして来客増加

店舗とユーザーの位置に基づいて広告を掲載することができるため、効率的なアプローチが可能です。

店舗に来店する可能性が高いユーザーにアプローチすることができるため無駄な広告費をかけずに、集客することができます。

メリット②詳細な分析が可能

ローカル検索広告では実店舗への来店をユーザーと店舗の位置情報を元に計測してくれます。

また
・店舗への電話
・Googleマップでルート検索
・ウェブサイトへの訪問
など様々な情報を取得することができます。

そのため、詳細な分析をすることができ、効率的な広告掲載を行うことができます。

メリット③広告を出していない競合より上位に表示することができる

通常はGoogleマップの検索結果は「Googleマイビジネスの情報の充実度」や「口コミの多さ」「評価の高さ」など様々な要素から順番が決まっています。

たくさんの店舗がある中で上位に表示させるのはなかなか難しいですが、広告掲載をすればその上位の店舗よりも上に表示することが可能です。

上位に表示されることでユーザーの目を引き安心感も与えることができるため、有利に集客を行うことができます。

ローカル検索広告(Googleマップに広告)を表示させるデメリット

Google マップに広告を表示させるとたくさんのメリットがありますが、デメリットも少なからずあります。

デメリット①費用が発生する

デメリットの1つとして「費用が発生する」ということが挙げられます。

広告なので費用が発生するのは当たり前なのですが、費用を払わずに集客したいという場合は、デメリットになりそうですね。

SEO対策やMEO対策がうまくできれば、最初は費用がかかりますが最終的に費用を抑えることができるため、あわせて検討してみることをおすすめします。

デメリット②手間が発生する

ローカル検索広告を使用するにはGoogleマイビジネスの登録・Google広告の登録・それぞれの連携などの作業が必要となります。

それらの操作に慣れている人がいれば、あまり時間をかけることなくできますが、いない場合は勉強したり実際に操作する時間が必要になります。

Googleマップに広告を掲載して集客につなげよう

Googleマップに広告を掲載することで、店舗の近くにいる人にアプローチすることができ、効率的に集客することができます。

最初は「Googleマイビジネス」や「Google広告」に登録して連携させるなどの手間が発生しますが、その分効果は非常に大きいです。

また詳細なデータも取得することができるため、それらのデータを生かして集客をさらに加速させることも可能です。

うまく活用して集客の向上につなげていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要