特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

2020年9月までにGoogleのMFIが完了

米時間2020年3月5日、Googleの「Webmaster Central Blog」にて「2020年9月までにモバイルファーストインデックスに完全移行する」ことが発表されました。今後、どのようなことが必要になるか解説します。

カテゴリ: Webニュース速報

2020年9月までにモバイルファーストインデックス(スマートフォンサイトを評価の主軸としてインデックスすること)に完全移行することが、米時間2020年3月5日にGoogleの「Webmaster Central Blog」で発表されました。

検索結果画面の現状

Googleは数年前からモバイルファーストインデックス(MFI)に取り組んでいました。

現在、検索結果画面に表示されているサイトの70%はモバイルファーストインデックス(MFI)に対応していますが、MFIに移行しても検索結果の順位に影響がないと判断されたサイトしかMFIが適用されていません。MFIに対応していないWebサイトはPC向けのインデックスがされています。

つまり、MFIとPC向けのインデックスが混在している状態となっています。

仕組みをシンプルにするためにMFI完了へ

インデックス方法が2種類混在している状態を改善して仕組みをシンプルにするため、2020年9月から完全にMFIに移行すると「Webmaster Central Blog」では説明されています。

9月以降はMFIへの準備が整っていないWebサイトも、モバイルサイトを軸として評価されます。ただ、同時にMFIに切り替わるのではなく、順次切り替わる模様です。
MFIへの準備がおこなわれていないサイトは、MFIに向けた準備が必要になります。

MFIに移行しているかはSearch Consoleで確認

Search Consoleにアクセスし、「ガバレッジ」を確認。

右上にある「メインクローラー」がPCあるいはパシコンクローラーになっている場合、MFIに移行していませんので、MFIへの対応が必要です。

どのような準備をすればいいのかはGoogleで紹介されていますので、ご参考下さい。
【Googlebot がコンテンツにアクセスしてレンダリングできることを確認する】

移行に際して、クロール頻度が増加する可能性があり

MFIに移行するにあたり、クロール頻度が増加することが考えられます。

また、移行後はMFIのクロールが多くなることも推測できるでしょう。
2020年9月に向けて変化があることを踏まえた上でサイト構築をおこなっていくことが重要です。

MFI完了に対するネットの声

Googleは2016年からMFIに取り組んできました。
ネットでは、「やっと終わるのか」「長かったな」という意見があるようです。
また、MFIに完全に移行することから、MFIへの対応ができていないサイトは早めの準備が必要だと喚起する声も上がっています。

Webmaster Central Blogの原文はこちら


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

杉山 夏子

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要