記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

【最新版】Googleドライブの容量をプラン別に解説

様々なデータをクラウド上に保存できるGoogleドライブ。Googleのアカウントがあれば無料で15GB使用することができます。容量は必要に応じて有料で追加するか、Googleのキャンペーンが行われている場合、無料で追加することができます。今回は有料プランの種類や容量などの詳細を解説します。

カテゴリ: Googleドライブ

基本的な使い方

自身のGoogleアカウントがあれば誰でも使用することができ、クラウド上にデータを保存することができます。
インターネットに繋がる場所であればどこでも閲覧することができるため、パソコンでGoogleドライブにファイルを保存し、タブレットやスマートフォンでGoogleのアカウントにログインしてファイルを確認することができます。

また、Googleドライブの共有機能を使用して別のGoogleアカウントとファイルを共有することも可能なため、データのやり取りを場所を選ばずに行うことができるのが最大の利点です。

Googleが提供している「Googleドキュメント」や「Googleスプレッドシート」、「Googleスライド」は自動的にGoogleドライブに保存されています。

Googleドライブ形式のファイルは容量を消費しない

Googleが提供しているツールであるGoogleドキュメントGoogleスプレッドシートGoogleスライドなどのファイルは容量に含まれません。

上記のファイルから他の形式のファイルに変換した場合に容量にカウントされます。

Googleドライブの種類

Googleドライブには無料版のGoogleドライブ、有料版のGoogle OneG Suiteが存在しています。
また、G Suiteの新しいプランG Suite Essentialsについては別で解説します。

また、有料版のGoogle OneとG Suiteには容量や金額が異なる複数のプランが用意されているため、自身または組織に必要な容量のプランを選択する必要があります。

それぞれの特徴を解説します。

Googleドライブとは

Googleのアカウントを持っているユーザーであれば誰でも自由に使用することができます。
アップロードできるファイルの種類は有料版と変更はありません。
ほとんどのファイル形式に対応しています。

容量は15GBまでと1番容量は低いですが、軽いファイルを扱う場合は十分タイプ可能です。

入手方法

Googleのアカウントを用意する必要があります。

GoogleドライブのWebサイトをパソコンで開きます。

Googleアカウントにログインしている場合はそのままGoogleドライブのページが開くので、希望のファイルをアップロードします。

ログインしていない場合、ログインを求められるのでアカウントを持っている場合はログイン。
持っていない場合は新規に作成しましょう。

Googleドライブのメリット

無料で使用できるのが最大のメリットです。
Googleドライブの使用はGoogleアカウントの開設とほとんど同義なので、様々なGoogleのツールを使用できるのも大きなメリットです。

Googleドライブのデメリット

無料のため、ファイルを保存できる容量は15GBと、プランの中ではもっとも容量が少ないです。
動画をアップロードして共有する場合や高画質の画像、Adobeファイルなど、容量の大きいファイルを複数保存する場合はすぐに容量が一杯になってしまうでしょう。

保存したいファイルが少量またはファイル容量が小さい場合はそこまで気にする必要はないでしょう。

また、サポートも有料プランに比べると充実していません。

個人向けプランGoogle Oneとは

個人で使用しているうちに容量が足りなくなった場合におすすめなのがGoogle Oneというプランです。
1番安いプランでは月額250円で100GBの容量と、非常に手軽に大容量のデータを保存することができます。
さらに金額に応じた容量が手に入ります。

2020年10月現在の金額は下記になります。

・月額250円 : 100GB
・月額380円 : 200GB
・月額1300円 : 2TB
・月額13000円 : 10TB
・月額26000円 : 20TB
・月額39000円 : 30TB

月額250円〜1300円のプランでは年額で契約することで、2ヶ月分の料金が割引されます。

また、無料版からGoogle Oneに切り替える場合、10TB・20TB・30TBのプランは表示されません。

入手方法

自身のGoogleドライブの画面左にある「保存容量を購入」をクリックします。

その後、Google OneのWebサイトで購入したい容量を選択し、支払い方法を決定すれば完了です。

Google Oneのメリット

自身の目的に合わせた容量を購入できるほかに、最大で5人のユーザーとストレージを共有することができます。
どのユーザーがどれだけ容量を使用しているかも一目でわかるため、管理が非常に便利です。

また、専門のサポートを受けられるため何かあった時の対応にも苦慮しません。

Google Oneのデメリット

大人数で共有できないため、大きな組織や企業には向いていません。
個人と、近しいパートナーなどにおすすめのプランです。

また、10TB以上を購入する場合もG Suiteの容量無制限プランの方が安く購入できるため、さらに大容量を使用したいユーザーにとってはおすすめできません。

法人向けプランG Suiteとは

独自ドメインの設定や人数によって容量無制限のプランが存在するG Suiteは、企業や人数が多い組織に向いているプランです。

G Suiteを契約する場合、「Googleに問い合わせ」か「販売代理店と契約」の2つの方法が存在します。
Google Oneと比較すると導入に多少時間はかかってしまう印象です。

G Suiteには3つの標準プランと、教育機関向けで無料で使用できるEducationプラン、非営利団体向けのG Suite for Nonprofitsが用意されており、標準プランの金額と容量は以下の通りです。

・Basic 月額680円 :30GB / ユーザー
・Business 月額1360円 : 容量無制限 (5アカウント以上必須)
・Enterprise 月額3000円 :容量無制限(5アカウント以上必須)

BusinessプランかEnterpriseプランでユーザー数が4人以下の場合、容量はユーザーあたり1TBまでになります。
また、上記の場合や容量30GBのBasicプランを契約している場合、ユーザーごとに容量を有料で追加することができます。

料金は以下の通りです。

・月額350円 : 20GB
・月額650円 : 50GB
・月額1500円 : 200GB
・月額2900円 : 400GB
・月額7300円 : 1TB
・月額14500円 : 2TB
・月額28900円 : 4TB
・月額57700円 : 8TB
・月額115100円 : 16TB

1TB以上を使用したいのであれば、上記の課金よりBusinessプランに移行しアカウントを5つ制作した方がかかる料金は抑えられます。
大容量を使用したい場合は検討することをおすすめします。

入手方法

14日間の無料トライアルを行なった後にクレジットカードか口座振替で料金が引き落とされます。
また、Googleの担当者に問い合わせて直接契約する方法と販売代理店と契約する方法が存在しています。

販売代理店で契約する場合、代理店ごとにサービス内容やサポートが異なるため、複数の業者と比較して選ぶことをおすすめします。

G Suiteのメリット

無料版と比較して、サポートが24時間使用できることや各種セキュリティの向上が大きなメリットです。
各ツールの閲覧権限・編集権限を細かく指定できるため、情報が漏洩してしまったとしても第三者からは閲覧できない設定にできるなど、企業で契約するのであればこのG Suiteがおすすめです。

また、プランと契約するユーザー数によって容量が無制限になることも大きなメリットです。
Google Oneで容量を追加するより、G Suiteに5つアカウントを登録した方が価格を抑えられることもあるので場合によっては個人使用の場合でもおすすめのプランです。

G Suiteのデメリット

様々なサポートや充実した容量が付属するこのプランには無料プランは存在しません。
必ず有料プランで契約する必要があります。

また、これは全てのプランに言えることですがマニュアルのようなものは存在していません。
シンプルな操作性のためある程度は簡単に操作できますが、高度な設定や機能を使用するためには自身がある程度調べる必要があります。

Google関連のツールは公式非公式問わず様々な記事が存在するので、検索したけど課題解決方法が全く見つからないということはなさそうです。

G Suite Essentialsとは

2020年に新しくリリースされたプランです。
メールやカレンダーの機能がない代わりに、Google Meetの機能性が向上しています。
チームで作業を行う場合に非常に便利なプランです。
メール機能がないためドメインを登録する必要がありません。

G Suite Essentialsには2つのプランがあり、自身の行いたい作業に適したプランを選択する必要があります。

Essentials

保存容量はユーザーごとに100GB、Google Meetは最大150人が参加できます。
オンラインでの打ち合わせが増えたことで、オンラインのセキュリティに特化したプランです。
メール機能やチャット機能は従来のシステムを利用しつつ、オンラインでの会議や打ち合わせを万全なセキュリティで行うことができます。

価格は1ユーザーあたり月額1020円です。

Enterprise Essentials

上記の機能をさらにアップグレードさせたバージョンです。
Google Meetの参加人数が250人に増え、会議の録画やストリーミング配信機能が追加されています。

容量も1ユーザーあたり1TBに増加し、さらに多くの情報をアップロード、共有することが可能です。

価格は1ユーザーあたり月額2040円です。

よりお得なのはどっち?

Google OneとG Suiteは大まかに、個人用・企業用に差別化されています。
基本的には使用する人数でプランを決めることになりますが、個人用のGoogle Oneを使用しており容量が足りない場合、G Suiteの容量無制限プランの方がお得になるケースがあります。

G Suiteの容量を無制限にするには、月額1360円のBusinessプランを5アカウント分契約する必要があります。
合計月額6800円で容量を無制限にすることが金額の上で可能になるため、Google Oneで10TBのプランを契約するよりお得になります。

頻繁に大きいファイルを多くアップロードする場合にはG Suiteのプランを選択することをおすすめします。

容量の確認方法

自身のGoogleドライブの容量を確認したい場合、Googleドライブの左側に現在の使用容量が表示されます。

保存容量がいっぱいになってきたと感じたら、容量の追加かプランの変更、または不必要なファイルの削除を行っておきましょう。

さらに細かく確認する

さらに細かく確認したい場合、容量を購入→詳細を表示をクリックすることでドライブ・Gmail・Googleフォトのそれぞれの使用状況を確認することができます。

Googleドライブの容量まとめ

Googleドライブの一般的に選択できる全てのプランの容量です。

まとめ

複数のプランが存在していますが、基本的には無料版を使用し必要に応じてプランを検討することがおすすめです。
自身が組織や企業を立ち上げる場合にはドメインやセキュリティが必要になって来るため、G Suiteを初めから使用することも考えておきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。