特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Google Chromeブラウザ「ウェブの高速化」目指し”バッジ”の表示を検討 

米Googleは11月11日(現地時間)、Web高速化の取り組みの一環として、ページの読み込みが特に遅かったり速かったりするWebサイトに、それと分かる“バッジ”を「Chromeブラウザ」で表示する計画を発表しました。

カテゴリ: Webニュース速報

Googleがウェブの高速化への施策を発表

米Googleは11月11日(現地時間)、Web高速化の取り組みの一環として、ページの読み込みが特に遅いWebサイトに、それと分かる“バッジ”を「Chromeブラウザ」で表示する計画を発表しました。

“バッジ”の形態などはまだ決まっておらず、読み込みの進行を示すバーや、読み込み中であることを示す画面など、様々な表示方法を検討しているようです。

この機能を実装して“バッジ”を表示させることで、ユーザーは相対的に遅いWebサイトを認識することになり、開発者は遅いサイトという”不名誉”なバッジを返上するために改善をおこなうことが予測されます。

国内の反応

日本のTwitter上では今回の計画について、
「余計なお世話だ」「やめてくれ」といったネガティブな内容のツイートが多く見られました。一方、「おもしろい!」といったポジティブの内容のツイートも少なからずあります。

この結果から、サイトやブログの運営者側からしたら”バッジ”の導入は、改善などの手間がかかるため「余計なお世話」とされ、サイトの利用者側からはユーザビリティが高まるので「面白い機能」だと認識されているのかもしれません。

バッジが検討された背景

この計画が検討された背景には、おそらく「ウェブの高速化=ユーザビリティの向上」が関係しているでしょう。Googleはサンフランシスコで開催のChrome Developer Summitでも「ウェブの高速化」をメインテーマのひとつして扱っていました。

バッジ表示の実施のタイミングはまだ不明ですが、Googleは開発者に対し、バッジが表示されるのを待たずにWebサイトを最適化するよう勧めているようです。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要