記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

スプレッドシートとGoogleアナリティクスの連携・レポート作成

GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートを連携してレポートを作成し、自動更新を設定する方法を解説します。スプレッドシートのアドオン「Google Analytics」を用いて簡単に設定することができるので、ぜひ参考にしてください。

Webサイトを運営している方にとって、Googleアナリティクスは必須のツールです。より良いサイト運営のために、毎日アクセス解析やレポートの作成に励んでいる方も多いのではないでしょうか。

実は、GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートを連携させることでより効率的にサイトの分析をおこなうことができるようになります。なんと、ボタン1つでデータを更新することができ、今までレポート作成に費やしていた時間のほとんどを削減することができるでしょう。

今回は、GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートを連携してより効率よくレポートを作成する方法をご紹介します。
毎日Googleアナリティクスの解析に追われて忙しい、という方は一度試してみてはどうでしょうか。

GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートを連携する方法

GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートを連携するには、Googleスプレッドシートのアドオンである「Google Analytics」を使います。

大まかな流れとしては、Googleスプレッドシートにアドオン「Google Analytics」をインストールし、次にレポート作成のための詳細設定、自動化更新のための設定をします。

Googleスプレッドシートに「Google Analytics」をインストールする方法

①まず、Googleスプレッドシートを開き、「アドオン」→「アドオンを取得」をクリックします。

検索窓で「Google Analytics」と検索し、出てきた「Google Analytics」をクリックします。

③すると以下のような画面が表示されるので、「インストール」をクリックします。

④Google Analyticsをインストールするには権限の許可が必要なので「続行」をクリックします。

⑤使用するアカウントを選択してクリックします。

⑥Googleアカウントへのアクセスの許可が求められるので「許可」をクリックします。

⑦これでインストールが完了です。
スプレッドシートの「アドオン」に「Google Analytics」が追加されているはずです。

GoogleスプレッドシートでGoogleアナリティクスのレポートを作成する方法

①まず、Googleスプレッドシートを開き、「アドオン」→「Google Analytics」→「Create New Report」をクリックします。

②画面右側にレポート作成の設定画面が表示されます。
1) Name your report ではレポートの名前を入力します。
2) Select a view ではレポートを作成するために参照するアナリティクスの情報を選択します。Googleアナリティクスのアクセス権限が複数ある場合は、プルダウンで選択できます。
3) Choose configuration options ではレポートを作成する際のディメンジョンや指標を設定できます。
 ・Metrics:指標。セッション、PV数、コンバージョンなど。
 ・Dimension:ディメンジョン。日別、月別、ページ別など。
 ・Segments:セグメント。Googleアナリティクスで使用しているセグメント。

これで、入力が完了したら「Create Report」をクリックしてください。

③すると、以下のような「Report Configuration」という名前のシートが作成されます。

ここで、「アドオン」→「Google Analytics」→「Run report」をクリックすればレポートが作成できます。

データから自分で関数を設定して表やグラフを作るなどして、見やすいレポートを作成してください。

Googleスプレッドシートで作成したレポートを自動更新にする方法

①先ほど作成したレポートの画面で「アドオン」→「Schedule Reports」をクリックします。

「Enable reports to run automatically.」にチェックを入れ、どのくらいの頻度でいつ自動更新するのか設定し、「Save」をクリックします。

これでレポートの自動更新の設定が完了です。

「Google Analytics」でレポート作成時にエラーが出たときの対処法

「Run report」をクリックした後、上記のような「次のエラーが発生し、analyticsreporting.reports.batchGet の呼び出しに失敗しました: User does not have sufficient permissions for this profile.」などが表示され、正しくレポートが作成されないこともあります。

このようなエラーの対処法として考えられる原因と対処法をいくつか挙げます。

Googleアナリティクスの言語を英語に設定する

スプレッドシートのアドオン「Google Analytics」は英語表記で抽出したいデータの選択などをおこなうため、Googleアナリティクスの言語を英語に設定する必要があります。

Googleアナリティクスの言語は、Googleアナリティクスのホーム画面から「設定」→「ユーザー」→「言語」から設定することができます。

ちなみに、英語を指定したのに言語が変わらない場合、URLの問題で表示される言語が変更されていない可能性があります。
例えば、言語を英語に設定しても、GoogleアナリティクスのURLが「https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=ja#/report-home/」のように、「ja(日本語)」を指定しているとページを更新しても英語表示になりません。「ja」を「en(英語)」に書き換えて「https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=us#/report-home/」のURLで更新すると英語表示になります。

指定した「View ID」が正しいか確認する

「Google Analytics」の「View ID」を正しく設定しないと、Googleアナリティクスのデータの読み込みが適切におこなえません。

「View ID」はGoogleアナリティクスのホーム画面から「設定」→「管理」→「アカウント設定」から「アカウントID」で確認できます。

Googleアナリティクスのデモアカウントの使用をしない

Googleアナリティクスのデモアカウントはアドオン「Google Analytics」の「Run reports」と「Schedule reports」に対応していないため、デモアカウントでは「Google Analytics」を用いてレポートを作成することができません。
View IDには自身のアカウントIDを入力して利用するようにしましょう。

ChromeとスプレッドシートにログインしているGoogleアカウントを一致させる

Chromeを利用している方は、Google ChromeにログインしているGoogleアカウントとスプレッドシートにログインしているGoogleアカウントが一致していないと、Googleアナリティクスのデータが抽出できない可能性があることに注意してください。

Googleアナリティクスの権限を持った同一のアカウントでChromeとスプレッドシートにログインするか、ブラウザのシークレットモードを活用しましょう。

指標の数値や大文字・小文字が合っているか確認する

「Google Analytics」で設定する指標やディメンジョンの名称は英語表記での入力となります。例えば、ユーザー数「Users」は「ga:users」、新規ユーザー数「New Users」は「ga:newUsers」となります。特に「;」と「:」や、大文字と小文字の区別は間違いやすいので注意して入力するようにしましょう。

また、データの取得期間も間違いやすいポイントです。必ず確認するようにしてください。

GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートを連携するメリット

見やすい形でレポートの分析をすることができる

Googleアナリティクスのカスタムレポートを活用してセグメントを設定し、比較的見やすいレポートを作成することもできますが、カスタムレポートではGoogleアナリティクスの管理画面の設定に則ったレポートしか作成することができません。

しかし、Googleスプレッドシートのアドオンを利用することで、スプレッドシート上で自由にデータを管理できるようになり、より見やすい便利なレポートを作成できるようになります。好きなデータをグラフにしたり、異なるサイトとの比較をしたりすることもできますよ。

Googleアナリティクスのデータを自動更新してくれる機能が便利

Googleスプレッドシートのアドオン「Google Analytics」では、スプレッドシートのGoogleアナリティクスのデータを自動更新してくれる機能があり、この機能がとても便利です。
毎日レポートを作成する暇が省けますし、データの管理はGoogleスプレッドシート上でできるためインターネット環境さえあればいつでもアクセス解析をすることができます。

また、複数のGoogleアナリティクスのアカウントを用いている場合でも、データをまとめるスプレッドシートを作ってしまえば、一気に自動更新・管理することができるためとても便利でしょう。

GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートを連携して効率よくアクセス解析をしよう

GoogleアナリティクスとGoogleスプレッドシートは、スプレッドシートのアドオン「Google Analytics」を活用することで簡単に連携することができます。また、アドオンにはスプレッドシート上のデータを自動更新する機能もあるため、毎日のレポート解析に使う時間を削減することもできます。

とても便利なアドオンですので、毎日Googleアナリティクスでサイトのアクセス解析をしていている方はぜひ活用してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。