特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Googleアナリティクスコホート分析とは?使い方を画像付きで解説

Googleアナリティクスのコホート分析とは、特定の条件や属性ごとにユーザーをグループにわけて定着率などを調査できるツールです。ユーザーの動きがわかるので、より詳細な分析をおこなうことができます。

自社のWebサイトにどのくらいのユーザーが訪れたのかGoogleアナリティクスのオーディエンスの「概要」レポートで確認しているとき、サイドバーに表示される「コホート分析」。コホート分析が一体なんなのか気になっている方もいるかと思います。

コホート分析とは、ユーザーがどれくらいサイトに定着しているかなど、ユーザーの行動についてより詳しく調査できる機能です。
コホート分析を活用することでユーザーの傾向を把握できるため、ユーザーに合わせて適切な対策がおこなえます。

特定の条件・属性などごとにグループ化するコホート分析

コホートとは、ある特定の条件や属性、性質を持つ集団を指す言葉で、Googleアナリティクスでは、Webサイトで獲得したユーザーを、年齢や性別、国籍や獲得した時期ごとにユーザーをグループ化して分析します。

コホート分析でわかること

エンゲージメントは、どんな投稿がユーザーに興味を持たれやすいのか分析する手がかりになります。Twitterでは、エンゲージメントが数値化されているので、ツイート間でのエンゲージメントの比較・分析が楽にできます。

コホート分析では、指定された条件などに当てはまるユーザーが、セッションを開始した日からどのような行動をとっているかを目標完了数や収益などさまざまな指標で分析することが可能です。

中でも、確認するべきなのが「ユーザーの維持率」です。
ユーザーの維持率とは、一度サイトを訪れたユーザーがどれだけサイトに定着しているかを表しているもので、継続的に利用してくれるユーザーを獲得したいと考えている場合には欠かせないデータです。

また、ユーザーが再びサイトを訪れるということは、サイトのコンテンツや商品に満足し継続してサービスを利用することですので、指標を確認することで商品を購入するためなのか、更新された記事を読むためなのかなど、ユーザーがサイトを再び訪問する目的別を把握して、サイトの改善に生かすることができます。

コホート分析を設定する方法

コホート分析は、Googleアナリティクスにログインし、左側のメニューにある「オーディエンス」をクリックすると表示されます。

これをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

まずは、データを表示させるための設定を赤枠の部分でおこないます。

コホート分析の指標を設定する

グラフ上部の「コホート分析」の部分で、指標(ある項目の定量的データ)の設定をおこないます。

コホートの種類

コホートの特性を示す項目を選択します。
例えば、「集客の日付」を選択すると、コホートはユーザーが最初のセッションを開始した日時に基づいてグループ化されます。

コホートのサイズ

各コホートのサイズを決定する時間枠を選択します。「日別」「週別」「月別」から選択することができます。
例えば「週別」を選択した場合、週で区切って獲得したユーザーを同じコホートにまとめます。

指標

表示させるデータの種類を、ユーザー・合計・定着率から選択します。

●ユーザー 
・ユーザーあたりのセッション
・ユーザーあたりのセッション継続時間
・ユーザーあたりのトランザクション
・ユーザーあたりのページビュー
・ユーザーあたりの収益
・ユーザーあたりの目標完了数

●合計
・セッション
・セッション時間
・トランザクション数
・ページビュー数
・ユーザー数
・収益
・目標の完了数

●定着率
・ユーザー維持率

期間

「コホートのサイズ」によって選択できる期間が異なります。

●「日別」を選択した場合
・過去7日
・過去14日
・過去21日
・過去30日

●「週別」を選択した場合
・先週
・過去3週
・過去6週
・過去9週
・過去12週

●「月別」を設定した場合
・先月
・過去2か月
・過去3か月

今回は、コホートの種類を集客の日付・サイズを週別・指標をユーザー維持率・期間を過去9週間とします。
4つの項目が設定できると、以下のようなグラフと表が表示されます。

セグメントを追加する

デフォルトは「全てのユーザー」ですが、セグメントを追加することで「コンバージョンに至ったユーザー」など条件を変えてデータを絞り込むことができます。
セグメントを追加するには、[+セグメントを追加]をクリックして行います。

適用したいセグメントを選択します。既存のものではなく[+新しいセグメント]をクリックして新しく作成することも可能です。

セグメントを選択したら[適用]をクリックします。

他にも、スマートフォンからのアクセスのみを確認したい場合や反対にスマートフォン以外からのアクセスを確認したい場合などデバイスを限定したデータを確認したい時などにセグメントを利用すると便利です。

サイトの定着率を確認する方法

コホート分析では、獲得したユーザーがどのくらいサイトに定着しているかを数値で把握することができます。
定着率を確認するためには、指標を選択する際に「ユーザー維持率」を選択します。
例えば、過去一週間のユーザー維持率を確認したい場合、以下のように設定します。

ユーザーを獲得した日を100%として、設定した期間の中でユーザーの維持率の変化が%で表されます。この場合、「日別」「過去7日」を選択しているため、過去7日間のユーザーの定着率を確認することができます。

特定のデバイスの定着率を確認する方法

例えば、モバイルからのユーザー維持率のみを確認したい場合にはセグメントを追加して確認することができます。
[+新しいセグメント]をクリックして[モバイルトラフィック]を選択し適用します。
すると、全体のデータとモバイルだけのデータを見ることができるようになります。

新規ユーザーからの売り上げを確認する方法

コホート分析を使えば新規ユーザーの維持率を確認するだけではなく、実際にサイトを閲覧するようになってからどのくらいの日数で購入しているかを確認することができます。
新規ユーザーからの売り上げを確認するためには、指標を選択する際に、「収益」を選択します。例えば、過去6週間の収益を確認するためには、以下のように設定します。

どのくらいの頻度でどの程度のユーザーが商品を購入しているかを確認することができます。

コホート分析の見方

このデータを使ってコホート分析をおこなっていきます。

グラフの下に表示される表には設定した日にセッションを開始したユーザー数を100%として、選択した期間のデータが日にち・週・月ごとに表示されます。

色の濃くなっている部分ほどユーザーが再びサイトを閲覧している割合が高く、色の薄い部分ほどその割合が低くなっています。

コホート分析の活用法

再訪施策に役立てる

コホート分析を活用し、再訪施策の適切なタイミングを見つけることができます。
例えばサイトを継続して閲覧しているユーザーが、最初のセッションから5日後で途切れてしまっている場合、そのタイミングに合わせてメルマガを配信することで、サイトを閲覧するよう促せます。

ユーザーの購買行動を促す

ECサイトの場合にはユーザーが初めてのセッションからどのくらいで商品を購入したかデータで確認できます。

ユーザーが検討している期間がどれくらいあるのかを知ることができるので、検討していると考えられる期間にクーポンを配布したり、ポイントを付与するキャンペーンを実施することで今まで購入に至らなかったユーザーを購入することにつなげられます

また、ECサイトは商品に満足した場合には繰り返し利用することが考えられます。
そのため、商品を購入したユーザーが次に購入するタイミングを把握し、ユーザーが商品を購入する間隔の傾向をつかむことができます。
その間隔に合わせてメッセージを送信して再度購入を促すことでサイトを定期的に訪問してもらえるように対策することができます。

まとめ

コホート分析の機能を使い、ユーザーを行動や属性でグループ化することで、サイトにユーザーが定着しているかを数値で確かめることができます。
コホート分析の際にセグメントを設定することでより絞ったデータを確認したり、部分的なデータと全体のデータを比較して確認することができます。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要