記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Google広告コンバージョンタグの仕組みから設定方法までを徹底解説

効果測定はインターネット広告を運用する上で必須項目です。効果測定をする為にはコンバージョンタグをウェブ上に設置する必要があります。今回は直接タグを設置する方法とGoogleタグマネージャーを利用したタグの設置方法、効果測定をすることで得られるメリットを紹介していきたいと思います。

カテゴリ: Google広告

コンバージョンとは

コンバージョンとは「会員登録」「お見積もりの申し込み」「商品の購入」など達成する目標のことを指します。
企業は商品やサービス、企業が達成したい目標に合わせコンバージョンを変更していきます。

効果測定できることの恩恵

広告にはGoogle広告のようなインターネット広告とテレビCM、新聞の広告のようなマス広告と呼ばれるものがあります。
それぞれに強み弱みはありますが、最大の違いは効果測定できるかできないかの差があります。

効果測定とは広告を出稿した際にどの広告がどのようなユーザーに見てもらい、どのような動きをして、コンバージョンに至ったのかを数字として表してくれるものです。
効果測定できることによって出てくるメリットは大きく2つあります。

費用対効果の改善

マス広告で広告を出稿し、成果が出たとしましょう。
その成果がどの広告によるものなのか、広告ではなく外部的要因で成果が出たのか、ユーザーが行動に移したがどの段階で行動を辞めてしまったのかなどの検証が困難です。

インターネット広告はそのような情報を管理することが可能であり、課題を明確に認識できることで、仮説を立て検証し改善に役立つことができます。

自動入札の正確性の向上

「自動入札」とはGoogleがコンバージョンに至る可能性のあるユーザーに対し、「機械学習」を利用し、広告枠をオークションごとに入札していく形式です。
コンバージョンアクションなどのあらゆる情報を測定することで、より正確な情報を「機械学習」に与えることにより、適切なユーザーに適切な入札価格で広告を出稿できるようになります。

効果測定できることの大切さを認識したところで、実際に効果測定する為の方法を紹介していきます。

Google広告のコンバージョンタグの種類と役割

コンバージョンを測定する為にはコンバージョンタグというものをホームページ内の適切な箇所に埋め込むことで効果測定が可能になります。

コンバージョンタグには以下の2種類があります。

  • グローバルサイトタグ
  • イベントスニペッド
  • それぞれにどのような役割があるのか見ていきましょう。

    グローバルサイトタグ

    グローバルサイトタグは計測したい全てのウェブサイトに設置する必要があります。
    グローバルサイトタグを設定することで集められる情報は以下の2つです。

  • サイトを訪れたユーザーの情報
  • ユーザーがクリックした広告の情報
  • イベントスニペッド

    イベントスニペッドはコンバージョンを計測したいサンキューページや購入ボタンなどに設置します。

    イベントスニペッドを設置することでコンバージョンを測定できます。
    コンバージョンの例はこちらです。

  • サンキューページ(商品の購入後、お買い上げありがとうございましたなどのお礼を表示するページ)
  • クリック(商品購入ボタン、お見積もり申し込みボタンなど)
  • コンバージョンタグの取得から設置

    コンバージョンタグの概要を理解したところで、コンバージョンタグの取得から設置までを操作画面を見ながら紹介していきます。
    コンバージョンタグの取得から設置するまでには2通りの方法があります。

  • 直接コンバージョンタグを取得から設置
  • Googleタグマネージャーを利用した取得から設置
  • Googleタグマネージャーを利用することでその後の管理が楽になりますので、Googleタグマネージャーを利用することをオススメしますが、今回はどちらも紹介していきます。

    直接コンバージョンタグを取得し設置

    Google広告アカウントでコンバージョンアクションを作成し「グローバルサイトタグ」と「イベントスニペッド」を取得していきましょう。

    Google広告アカウントにログインし、メニュータブの「ツールと設定」>「コンバージョン」を選択してください。

    次の画面では+ボタンを押し、コンバージョンアクションを新規作成してください。

    コンバージョンの種類の選択画面にきます。
    トラッキングするコンバージョンによって選択してください。

    今回は商品購入後のサンクスページを想定し、「ウェブサイト」を選択します。

    次にコンバージョンアクションを設定していきましょう。

    【2021年最新】Google広告の使い方徹底解説 アカウント作成から出稿まで」の「コンバージョンの設定」に詳しく載っています
    設定し終わったら「作成して続行」を選択してください。

    今回は「タグを自分で追加する」を選択してください。

    グローバルサイトタグの現在の状況を選択すると下に表示される指示とソースが変化します。
    指示に従いホームページにソースを埋め込みましょう。

    コンバージョンをカウントする形式を選択すると下に表示される指示とソースが変化します。
    指示に従いホームページにソースを埋め込みましょう。

    以上で直接コンバージョンタグを取得から設置まで完了しました。

    Googleタグマネージャーを利用した取得から設置

    はじめに、Googleタグマネージャーでコンバージョンタグを取得から設置を行うことでのメリットを紹介していきます。

  • タグの管理が簡単になる
  • 今までタグを変更する際は、ウェブサイトの全てのページにタグを1つ1つ設置する必要がありました。
    Googleタグマネージャーを利用することで、各ページにどのタグが埋め込まれているのかを認識できると共にタグを変更する際に一括で変更でき、管理が容易になります。

  • 専門知識がなくてもタグを追加できる
  • Googleタグマネージャーは始め導入するためにHTMLのソースをいじる必要がありました。
    ただ、一度導入することで専門知識がなくてもタグの管理をすることができ、タグの設置を外注していたコストを抑えることができます。

  • バージョン管理機能がある
  • Googleタグマネージャーは設定の変更をの変更をバージョンで管理しています。

    トラブルがあった場合でも、トラブルが起きる前に戻すことが可能です。
    個人での運用は勿論、チームで運用している際には非常に役に立ちます。

  • サイト表示の高速化
  • Googleはサイト表示を早くすることを推奨しています。
    サイトを高速化によりユーザーの離脱を防ぐことができたり、広告の品質ランクも高めることができます。

    タグには2種類あり「同期タグ」と「非同期タグ」があり、Googleタグマネージャーで使用しているタグは「非同期タグ」です。

    「同期タグ」ではJavaScriptが読み込まれたら処理が開始され、その処理が完了するまでページの読み込みは止まります。
    そのため、同期タグでは「JavaScriptが読み込まれたタイミングで確実に処理を開始」することができますが、その半面、ページの表示が遅くなってしまうなどの影響が出ます。

    逆に、非同期タグの場合はJavaScriptが読み込まれてもそのタイミングでは必ずしも処理を開始しない代わりに、同期タグのようにページの読み込みを止めてしまうことがありません。
    Googleタグマネージャーは「非同期タグ」を利用することでページ読み込み速度をあげています。

    Google広告で「コンバージョンID」「コンバージョンラベル」の取得

    早速、Googleタグマネージャーの設定に行きたいところですが、Google広告でやっておくべきことがあります。

    Google広告アカウントでコンバージョンアクションを作成し、Googleタグマネージャーのタグ設定に必要な「コンバージョンID」「コンバージョンラベル」を用意していきます。

    Google広告アカウントにログインし、メニュータブの「ツールと設定」>「コンバージョン」を選択してください。

    次の画面では+ボタンを押し、コンバージョンアクションを新規作成してください。

    コンバージョンの種類の選択画面にきます。
    トラッキングするコンバージョンによって選択してください。

    今回は商品購入後のサンクスページを想定し、「ウェブサイト」を選択します。

    次にコンバージョンアクションを設定していきましょう。

    【2021年最新】Google広告の使い方徹底解説 アカウント作成から出稿まで」の「コンバージョンの設定」に詳しく載っています
    設定し終わったら「作成して続行」を選択してください。

    選択するとGoogleタグマネージャーのタブ設定に必要な「コンバージョンID」「コンバージョンラベル」が表示されます。
    別途テキストに保存し「次へ」を選択してください。

    完了を選択してください。

    これで、Google広告アカウントの方での設定は終了です。

    Googleタグマネージャーのアカウント作成からタグの設置

    初めてGoogleタグマネージャーを利用する際は右上の「無料で利用する」を選択してください。

    初めての利用の際にはまず「アカウント作成」が必要になります。

  • アカウント名を入力してください
  • 日本を選択してください
  • コンテナ名はサイトのURLやわかりやすい名前を入力してください
  • タグを使用するプラットフォームを選択してください
  • 画面下部にある「作成」を選択すると利用規約が表示されます。
    問題がなければ「はい」を選択してください。

    利用規約に同意すると実装すべくタグが表示されます。
    それぞれの指示に従って、ウェブサイトに実装してください。

    このページを誤って消してしまったり、後でタグを確認したいと思った時はホーム画面に戻り管理タブを選択しましょう。

    すると「アカウント」と「コンテナ」のメニュー画面がでてきました。
    「コンテナ」内の「Googleタグマネージャーをインストール」を選択していただけたら、タグが表示されます。

    コンバージョンリンカーの設置

    Google広告とリンクしたコンバージョンタグを追加する前に「コンバージョンリンカー」というタグを追加していきましょう。
    コンバージョンリンカーを追加することで大きな変化は起きませんが、非常に重要なタグです必ず追加しましょう。

    コンバージョンリンカーはAppleが運営しているSafariのITPによってコンバージョンデータが正確に測定できなくなってしまう事象の対策の為に誕生しました。

    ITP(Intelligent Tracking Prevention)はAppleによるセキュリティ対策の1つです。
    Appleは「ユーザーを複数のサイトにまたがってトラッキングするのは、セキュリティやプライバシー上、問題がある」という方針から、Cookie情報を削除してしまうことで今まで正確に広告の効果測定できたものができなくなってしまいました。

    Web広告運用者にとって効果測定できないことは致命的であり、コンバージョンリンカーを使用することで、今まで通りの効果測定ができるようになります。

    では、コンバージョンリンカーを追加していきましょう。
    Googleタグマネージャーのホーム画面の「新しいタグを追加」を選択してください。

    タグの設定を選択します。

    タグタイプを選択の中からコンバージョンリンカーを選択します。

    次にトリガーを選択します。

    「All pages」を選択します。

    タグの種類が「コンバージョンリンカー」、配信トリガーが「All Pages」になっていることを確認して「保存」を押してください。

    以上でコンバージョンリンカーの追加は終了です。

    コンバージョンタグの追加

    お待たせしました。いよいよ、コンバージョンタグの設置です。

    では、先ほどの手順と同じようにGoogleタグマネージャーのホーム画面から新しいタグの追加>タグの設定>タグタイプの選択の画面まで移動してください。
    先ほどは「コンバージョンリンカー」を選択しましたが、今回は「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択します。

    タグの設定画面にて先ほどGoogle広告アカウントで作成したコンバージョンアクションの「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を入力し「保存」を選択してください。

    次にトリガーの設定を選択します。

    トリガーの選択画面では新たにトリガーを追加していなければ「All Pages」しかありません。
    右上の+ボタンを押し、新たにトリガーを追加していきましょう。

    トリガーの設定を選択すると「トリガータイプを選択する」という項目が表示されます。
    今回は商品購入後のサンクスページを表示することでコンバージョンを計測する為、「ページビュー」を選択しましょう。

    ここでは3つの入力事項があります。

  • 「トリガーのタイプ」がページビューになっているかを確認します。
  • サンクスページの1ページの計測なので「一部のページビュー」を選択します。
  • 計測するサンクスページのURLを入力してください。
  • 以上が確認できたら、右上の「保存」を選択してください。

    設定は完了です。
    設定した項目を確認し、間違いがなければ右上の「保存」を選択してください。

    以上でGoogleタグマネージャーを利用したコンバージョンタグの取得から設置は完了です。

    最後に

    コンバージョンタグの取得から設置までを2通り行ってきました。
    管理性を鑑みるとGoogleタグマネージャーを利用することをおすすめします。

    Web広告運用のスキルは正しい情報があってこそ輝きます。
    コンバージョンタグを正しく設定し、正しい情報の上でより良い広告戦略を立てていきましょう。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。