記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

[GA4対応]Google広告とGoogle アナリティクスの連携とメリット

Google広告を配信していく中でより詳細に分析がしたい、データを元にコンバージョンをアップさせたいと思ったことはないでしょうか。そんな時にはGoogle広告とGoogleアナリティクスを連携しましょう。この記事ではGoogle広告とGoogleアナリティクスの連携の仕方と連携することのメリットを紹介していきます。

カテゴリ: Google広告

Googleはマーケティングに役立つ無料のサービスを多数配信しています。
それぞれのサービスを連携させることで様々なメリットを生み出します。

今回はGoogle広告とGoogleアナリティクスの連携の仕方からそれによって引き起こされるメリットを紹介していきたいと思います。

Google広告とGoogle アナリティクスの連携の仕方

連携において必要なもの

アカウントをリンクさせるために必要なものは2点です。

  • Googleアナリティクスの編集権限
  • Google広告の管理者権限
  • もし、連携できなければ上記の権限を持っていない可能性があります確認しましょう。

    Googleアナリティクスのユーザー権限の確認方法

    Googleアナリティクスのホーム画面左下の管理を選択してください。
    その後、プロパティ内の「プロパティユーザーの管理」を選択してください。

    権限の確認、変更がこちらの管理画面で行えます。
    権限の変更を行いたいユーザーを選択しましょう。

    権限は「編集」「共有設定」「表示と分析」「ユーザー管理」に分かれています。
    「編集」「共有設定」「表示と分析」は一括りにされ、編集に行くほど上位権限です。

    上位権限は下位権限も持ち合わせている為、「編集」の権限が与えられているユーザーはぞ動的に「共有設定」「表示と分析」の権限を持ち合わせています。
    「表示と分析」の権限はないが「編集」の権限は持っているということはないわけです。

    Google広告との連携に必要な権限は最上位の「編集」権限です。

    Google広告のユーザー権限の確認方法

    Google広告のメニュータブの「ツールと設定」>「アクセスとセキュリティ」を選択します。

    自分以外のユーザの権限はこちらで管理、閲覧が可能です。

    ユーザーの種類により与えられる権限は以下の通りです。
    今回、Googleアナリティクスとの連携に必要なものは「管理者」の権限です。

    連携の仕方

    実際にGoogle広告とGoogleアナリティクスを連携してみましょう。

    ここまでくれば非常に簡単です。
    どちらからでもリンクすることは可能なので両方の視点で見ていきましょう。

    Google広告からのリンク

    Google広告のメニュータブの「ツールと設定」の「設定」>「リンクアカウント」を選択してください。

    リンク アカウントを開いたら「Google Analytics (GA4) & Firebase」の詳細を選択します。
    このとき従来の Google アナリティクスと連携をおこないたい場合には「Google アナリティクス(UA)」を選択してください。

    Google Analytics (GA4) & Firebaseのリンクさせたいアカウントの「リンク」を選択しましょう。

    英語で書かれていますが要は「このアカウントにリンクしますか?」「緑の枠のボタンをクリックすると Google アナリティクスで作成したオーディエンスをリマーケティングに活用できますがしますか?オススメしてます」と聞かれますのでチェックを入れて「リンク」を選択します。

    先ほどのアカウント一覧画面でリンクしたアカウントのステータスが「not linked」から「リンク済み」になっていれば完了です。

    Googleアナリティクスからのリンク

    Googleアナリティクスの右下の「管理」を選択し、プロパティ内の「Google広告とのリンク」を選択してください。

    Google広告アカウントを新規にリンクする為に右上の「リンク」ボタンを押してください。

    リンクの設定画面で「Google広告アカウントを選択」を選択してください。

    連携したいGoogle広告アカウントにチェックをいれ、右上にある「確認」ボタンを選択してください。

    構成の設定でデータの設定を確認します。
    今回 Google アナリティクスで作成したオーディエンスリストで広告配信をおこないたいので、パーソナライズド広告を有効化をオンにします。

    自動タグ設定は有効にしておきましょう。有効にしていない場合どの広告からの流入かの判断ができません。
    どちらも有効になっていることを確認したら、「次へ」を選択してください。

    最後に確認です。リンクしたいGoogle広告のアカウントであるのか。
    データ設定はそれぞれ有効になっているかを確認し「送信」を選択しましょう。

    リンクができているかは「結果」の項目にて「リンクを作成済み」になっていれば完了です。

    Google広告とGoogleアナリティクスを連携することのメリット

    Google広告のデータをGoogleアナリティクスで確認できる

    Googleアナリティクスの「集客」でGoogle広告のキャンペーンやキーワード、検索語句などの情報が確認できます。

    キャンペーンの中にはGoogle広告の画面のように「クリック単価」「ユーザー数」セッション数などが表示されます。
    デフォルトではキャンペーン単位で表示されますが、「広告グループ名」や「キーワード」、「クエリ」別に表示させることも可能です。

    Googleアナリティクスの画面でGoogle広告の情報を確認できるので、2つのツールを行き来することなく作業を進められる為、非常に効率的になります。

    スマート入札の際、コンバージョンアップの促進

    Google広告には、スマート入札という機能があります。
    大量の情報を用いた機械学習を行わせることで、適切なキーワードを選定し、オークションごとに適切な入札価格で広告が掲載できることでコンバージョンにつながりやすいユーザーを多く獲得していく機能です。

    このスマート自動入札は、Google Analyticsの分析データを利用することで、入札単価を最適化できます。
    つまり、連携することにより、Google広告によるコンバージョンの獲得やコストを抑えるといった運用パフォーマンスの向上につながるのです。

    リマーケティングで利用するオーディエンスリストの作成

    リマーケティングなどで利用するオーディエンスもGoogleアナリティクスのデータをもとに作成できます。

    Google広告管理画面からもオーディエンスを作成することは可能ですが、ページURL似寄る絞り込み以外の方法で作成するのが難しい現状です。
    Googleアナリティクスのオーディエンスを利用すれば、訪問ページのURLや流入もとはもちろん、年齢性別などの属性やデバイスなどで絞り込みを行うことができます。

    オーディエンスを作成すると自動的に連携している Google 広告のオーディエンスマネージャーに表示されます。最大で2日ほどかかるので、数日後に確認しましょう。

    カスタムオーディエンスリストの作成

    Googleアナリティクスでオーディエンスリストを作成してみましょう。
    Googleアナリティクスの左のメニューバーを下にスクロールしていき、設定のオーディエンスを選択してください。

    既存にオーディエンスのリストと新規作成のための「オーディエンス」というボタンがあります。
    新規作成するために右上の「オーディエンス」を選択しましょう。

    オーディエンスリストを作成する手順は2つあります。
    ゼロから作る「カスタムオーディエンス」とGoogleが用意した「テンプレート」です。

    テンプレートはテーマを選び、必要情報を入力することでオーディエンスリスト作成を手伝ってくれます。
    今回はゼロから作る「カスタムオーディエンス」を利用していきましょう。

    カスタムオーディエンスにはユーザーを絞り込むための様々な要素を用意しています。

    今回は「25-34歳の女性」に絞り、オーディエンスを作成していきましょう。

  • 名前を決める欄には、詳細を確認しなくてもわかる名前を入力しましょう。
  • 絞り込むための要素を入力します。今回は「25-34歳の女性」に絞り込もうとしているので「年齢」と「性別」の要素を選択しています。
  • 絞り込んだ要素の値を入力します。
  • 確認が済んだら、左上の保存を選択してください。

    以上でGoogleアナリティクスのオーディエンス作成は終了です。

    最後に

    Google広告とGoogleアナリティクスの連携からメリットまで紹介してきました。
    5分もあればすぐに連携できますので、まだ連携していないという方はしてみてください。

    連携のメリットを紹介してきましたが、全ては正しい情報を手に入れ、状況を判断し、運用してく為のお手伝いにすぎません。
    広告の効果を最大化するためにランディングページの分析や改善は不可欠です。

    そのため、広告管理画面では確認できない多くのことを分析できる Google アナリティクスは有用なツールといえます。

    今使用する目的がなくても、とりあえず連携やパラメータ設定をおこない、広告流入したユーザーが自然検索で流入したユーザーと違いがあるのかを見てみるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。