記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

【初心者向け】Gmailとは何か?利用する8つのメリットや注意点を解説

Googleは提供している代表的なサービスの1つ「Gmail」。ここではGmailを使ったことがない人向けに、Gmailを利用するメリットや使う時に注意したいことを解説。また、ビジネス向けのサービス「Google Workspace」についても説明します。

カテゴリ: Gmail

Googleが提供しているサービスの1つに、「Gmail」というメールサービスがあります。 Gmailは、今やGoogleの代表的なサービスの1つであり、数多あるフリーメールサービスの中でもトップシェアを誇るサービスとなっています。

しかし、これまでGmailを使ったことがなかったり、そもそもフリーメールサービスに馴染みがない方にとっては、 「どんなことができるメールサービスなのか?」 「安心して使うことができるのか」 など気になることがありますよね。

そこで本記事では、 ●Gmailとは何なのか ●利用することでどんなメリットがあるのか ●使う時にどんなことに注意すればいいのか ●ビジネスで活用することができるのか などについて解説します。

Googleのフリーメールサービス「Gmail」

「Gmail」は、Googleが2004年4月から提供している無料のメールサービスです。 Googleが発行しているGアカウントを取得することで、子供から大人まで誰でも使うことができます。

Gアカウントとは、GmailをはじめとしたGoogleのサービスを利用する時に必要なアカウントのことで、こちらも原則作成には費用が発生しません。

Gmailで作成されたメールアドレスは、基本的に「○○○@gmail.com」と表記され、○○○の部分は、NTTドコモやau、SoftBankが提供しているキャリアメールのように、好きな文字列を配置することができます。

キャリアメールとの大きな違いは、データの保存場所です。 ドコモやauなどの場合、受け取ったメールや送信したメールの情報はは、デバイス(スマホ・PC・タブレット)上に保存されますが、Gmailの場合は、クラウド(インターネットのストレージ)上に保存されます。

そのため、インターネット回線とGmailのアドレス、Gアカウントを発行した時のパスワードの3つさえ揃っていれば、どのデバイスでもメール送受信・チェックが可能です。

同様のサービスには、「Yahoo!メール」があります。

Gmailを利用する8つのメリット

Gmailには、キャリアメールや他のフリーメールサービスにはないメリットがたくさんあります。

無料でメールアカウントを作成できる

Gアカウントの登録およびGmailの利用は、基本的に無料です。 そのため、キャリアメールとは別のメールアドレスを無料で作ることができます。

また、Gアカウントは複数作れるため、それに応じてメールアドレスを複数個作成することが可能です。

そのため、1つはプライベート用にして、もう1つを仕事用にするといった使い分けも可能です。

容量が15GBなので大量のメールを保存できる

Gmailでは、1つのメールアドレスに対し、15GBの容量が付与されています。 そのため、個人の利用であれば「メールの容量がいっぱいになってしまった」といったことは発生しにくいです。 大切なメールを消すことなく、保存し続けることができます。

迷惑メールフィルターが優秀

自身のメールサービスを利用していると、スパムメールやフィッシングメールといった、様々な悪質なメールが送られてくることがあります。

こいったメールを開いてしまうと、ウイルスやマルウェアに感染してしまったり、フィッシングサイトへ誘導されてしまったり、デバイス内の重要な情報を抜き取られてしまうことになりかねません。

通常であれば、1通1通タイトルや送信元をチェックして、迷惑メールであるかそうでないかを確認しなければなりませんが、Gmailの場合、危険なメールは自動で迷惑メールフィルターに分類されます。

送受信メールの検索機能が充実している

Gmailには、送受信したメールを検索して探す機能が搭載されていますが、それが非常に充実しています。 メールの件名や宛先で検索できる他、やりとりした期間やデータのサイズ、フォルダの種類や添付ファイルの有無などの条件を設定して探すことが可能です。

何年も前にやりとりした内容でも、すぐに見つけることができます。

送受信の機能が豊富

基本的にメールサービスというのは、メールを作成して送信する機能と、受信する機能があれば使えますが、Gmailではこの機能が豊富です。

例えば送信機能だったら、メールを作成してすぐに送る機能だけでなく、送信日を予約して指定した日時にメールを自動で送る機能がありますし、受信機能であれば、フィルターやフォルダーを設定して分かりやすいように受信メールを管理することも可能です。

デバイスを破損・紛失してもデータが残せる

キャリアメールの場合、スマホやタブレットを破損すると、バックアップを取っていない限りメールを復元することはできません。

しかし、Gmailであれば、データはクラウド常に保存しているため、デバイスを破損・紛失しても、別のデバイスさえ用意できれば引き続き利用できます。

セキュリティがしっかりしている

巨大IT企業であるGoogleが提供しているサービスなので、Gmailはセキュリティがしっかりしているのも特徴です。 多くの人が利用しており、様々な情報が集約されている分、かなり複雑なセキュリティが施されています。

2段階認証を有効にしていれば、仕事で活用するのも問題ないくらいセキュリティは強固なので、安心して利用できます。

メール以外のツールも使用できる

Gmailを利用する際に作成したGアカウントは、Gmailだけでなく、文章や画像などを保存しておけるGoogleドライブや、自身の予定管理だけでなく他のユーザーの予定も共有できるGoogleカレンダーを利用する時に活用できます。

また、Googleの傘下となっている動画投稿サイト「YouTube」も作成したGアカウントでログイン可能です。

このように、Gmailを利用することで、他のGoogleサービスも基本的に無料で利用することができます。

Gmail利用時の注意点

利用することで色々なメリットがあるGmailですが、一方で利用の際には注意しなければいけないこともあります。

インターネットに接続していないと使用できない

Gmailは、インターネット上のストレージである”クラウド”を活用したサービスとなっています。

そのため、利用するにはインターネット回線が必要です。

ネットの回線がない場所や、電波が入りにくい地下などでは利用できなくなるので、あらかじめ環境を整備しておく必要があります。

Googleのシステムで障害があると使用できなくなる

頻繁に起こることではありませんが、Googleで通信障害が起こると、GmailをはじめとしたGoogleのサービスが利用できなくなる場合があります。

その場合、送信ができないだけでなく、サービスそのものへのアクセスができなくなるため、受信したメールを確認することも難しくなります。

滅多にあることではありませんが、こういったリスクが少なからずあることを理解しておきましょう。

フリーメールなので登録時に弾かれることがある

多くのユーザーが活用しているGmailですが、基本的にはフリーメールサービスです。

そのため、何かのサービスを利用する際に、Gmailのアドレスで登録しようすると、弾かれる恐れがあります。 弾かれてしまった場合は、キャリアメールのアドレスなど、別のものを使用しなければなりません。

デバイスを共有する際はログアウトが必須

Gmailは、アカウント名とパスワードさえあれば、どんなデバイスでも利用できます。

ただ、他の人と共有しているデバイスでGmailを使う場合は、使った後必ずログアウトしましょう。自分のメールボックスやアカウントが他の人に利用されてしまう恐れがあります。

特に、学校や公共施設、ネットカフェ等といった場所で利用する場合は注意が必要です。

「Google Workspace」に契約すれば社名の入ったアドレスが作れる

Google Workspaceとは、ビジネス向けに提供されているGoogleのサービスです。

これまで紹介していたGmailやGoogleカレンダーをはじめ、Googleドキュメントや、Googleスプレッドシート、Googleフォームなどのツールがセットとなっています。

この「Google Workspace」に契約すると、Gmailで言えば、○○○@selrea.jpや○○○@minweb.jpといった自社の名前が入ったメールアドレスを作成することができます。

そのため、個人のメールアドレスだけでなく、企業メールフォームのアドレスや、社員のビジネス用のアドレスも作成することができます。

また、「Google Workspace」は、一般的なGアカウントの容量が15GBなのに対し、 ●Business Starterプラン・・・30GB ●Business Standard・・・2TB ●Business Plus・・・5TB となっています。 データの保存容量がより大容量になるのも特徴の1つです。

ただし、Google Workspaceを利用するためには、月額利用料が発生します。 プランや時期によって異なるため、詳細は以下のページを参考にしてください。

まとめ

Gmailは、Googleが提供しているフメールサービスです。 Gアカウントを発行することで、誰でも無料でアドレスを作成することができます。

Gmailには、色々なメリットがありますが、一方で利用の際には注意点があります。

これから、Gmailを利用するという方はその点も留意して活用しましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。