記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

InDesignとIllustratorの違いを知って2つのツールを上手に使い分けよう!

InDesignとIllustratorはどちらもグラフィックデザイン・エディトリアルデザインやDTP領域で用いられるツールなので違いがよく分からないと思っている方も多いと思います。今回はInDesignとIllustratorの違いを解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事では、まだInDesignを使ったことがない人や、デザイン初学者の方に向けてInDesignとIllustratorの違いとは何かをわかりやすく解説します。

InDesignとIllustratorの違いとは

InDesignとIllustratorは、共通点も多く使用目的も似通っているので、DTPソフトウェアに詳しくない方は何が違うのか曖昧だという方も多いかもしれません。

両者はともにグラフィックデザイン・エディトリアルデザインやDTP領域で用いられるツールですが、InDesignは書籍や雑誌などの冊子もののレイアウトとページデザインに特化したソフトウェアです。

チラシやパンフレットなどをIllustratorでデータ作成するデザイナーも少なくありませんが、冊子が何ページにも及ぶ書籍や雑誌などの編集現場では必須のソフトウェアです。

基本的な使い方や機能については以下の記事でも紹介していますので参考にしてください。

▷【初心者向け】InDesignの基本的な使い方

本記事では、Illustratorとの比較しながらInDesignには具体的にどのような機能が搭載されているかを説明していきます。

InDesignとIllustratorのそれぞれの特徴

InDesignの特徴

InDesignとIllustratorの違いを理解するために、まずはInDesignの特徴について説明します。

InDesignは各構成要素がフレームに配置される

InDesignでは、テキストや図版など誌面(紙面)を構成する要素は、フレームというコンテナに配置されます。

Webデザイナーやエンジニアの方は、Webデザインにおけるワイヤーフレームをイメージするとこのフレームという概念がわかりやすいと思います。Webデザインは、エディトリアルデザインから派生した要素も多いので、InDesignの特徴もWebデザインに置換えて考えてみましょう。

ビジネスパーソンの方は、WordやPowerPointなどのOffice系ソフトウェアで用いられるテキストボックス機能が、より高度で細密な設定が行えるようになったものだと捉えると理解しやすいかもしれません。

テキストや図版を、フレームという枠に入れて配置することで自由度が高くハイセンスなレイアウトデザインが可能となっているのです。

ページ管理機能が搭載されており書籍や雑誌などの冊子物の作成に強い

InDesignでは、ページ機能が搭載されており、ページの追加・削除・入れ替えなどが簡単に行なえます。書籍や雑誌など大量印刷するページ数の多い冊子制作では、ページ割り(ページネーション)が非常に重要な要素です。

例えば、ニュースやゴシップなどを扱う週刊誌では入稿前に急遽特集を入れ替えることも多くあります。InDesignのページ機能を使えば記事を差し替えるのも簡単です。

加えて、InDesignでは後述の親ページ機能を使うことによって、ページに自動的にページ番号(ノンブル)を入れることが可能なので、ページの追加・削除・入れ替えが発生するごとにページ番号を一つ一つ変更する必要はありません。

こうしたページ管理機能はIllustratorには搭載されていません。

ページ機能については以下の記事でも以下の記事も参考にしてください。

▷InDesignでページにページ番号(ノンブル)を付ける方法

テキストの編集・修正に強いのでテキスト中心の制作物に強い

InDesignはIllustratorのようなグラフィックソフトとしての側面と、WordやExcelといったテキスト編集ソフトとしての側面の両方を持ち合わせているソフトウェアです。

Illustratorでページものの冊子を作成する場合、ページをまたいでテキストを連結させることはできません。一方でInDesignはテキストフレームを連結させることでページをまたいで文字を流し込むことが可能です。

連結されたテキストフレーム内では、文字を削除した場合は削除した分だけ文字が前へ詰められます。文字を追加した場合は、追加した分だけ続く文字が後方へ流れていきます。

また、グリッドツール、文字ツール、シェイプツールなどテキストフレームを作成するツールが複数用意されており、テキストがメインの組版とビジュアルがメインの組版で使い分けが可能です。

テキスト編集ソフトや表計算ソフトを同じ操作感で表やグラフの作成が可能

Illustratorでは図形として表を作成しなければいけなかったのに対し、InDesignでは表計算ソフトや文書作成ソフトで表を作成するのとほぼ同じ操作方法で表を作成することができます。また、表を作成した後に修正や変更を加えることも簡単です。

表の作成については以下の記事でも以下の記事も参考にしてください。

▷InDesignで簡単に表を作成する方法

ルビを降るのが簡単

InDesignでは、漢字などにルビ(印刷用語で「ふりがな」のこと)を振る機能が搭載されています。

Illustratorで漢字にルビを降る場合は、漢字サイズの上にテキストサイズを小さくした文字を配置し、文字間も一つ一つ調整する必要があります。

一方でInDesignには文字パネルのオプション項目などから、ルビを振ることができます。また、文字揃えやフォントなどもルビの設定パネルで指定することで、ルビの表記を統一することも簡単に行えます。

テキストが追加・削除されて移動した場合も、ルビを振った漢字と連動してルビ自体も移動します。Illustratorのテキストにルビを入れた場合は、漢字が移動した場合は、ルビも手作業で移動させる必要があります。

目次機能が搭載されており目次の作成が簡単

Illustratorで冊子を作る場合、目次は事前に作成したテキストデータを流し込むなどして作成することはできますが、変更や修正が入った場合は、その都度目次ページのテキストも修正しなければいけません。

一方で、InDesignには、指定したテキストやページ番号を自動で抽出してくれる目次機能が搭載されています。テキストやページ番号に変更が加えられた場合も、目次データを更新することで変更内容を一括で読み込むことも可能です。

目次機能については以下の記事でも以下の記事も参考にしてください。

▷InDesignの目次機能を使って簡単に冊子の目次を作成する方法

親ページ(マスターページ)機能で同じページデザインのフォーマットを作成可能

InDesignには親ページ(マスターページ)機能が搭載されています。親ページとは、複数のページに同一のレイアウトを適用できるデザインフォーマット用のページです。

複数のページに共通のデザインを用いていく場合、この親ページ機能をを利用して背景色・見出しや本文のフォントやカラー・テキストの段組といったレイアウトなどを、すばやく空白のページへ適用できます。

作成できる親ページのスタイルも様々な種類があり、Illustratorでは手間がかかる3つ折りパンフレットなどの制作もスピーディーに行えます。

電子書籍も作成可能

InDesignはEPUBやデジタルマガジンなどの電子書籍用の書き出しにも対応しています。ページに動画やオーディオを挿入したり、ハイパーリンクをはじめとしてボタン効果やアニメーションなどのインタラクティブ要素を盛り込むことも可能です。

Illustratorの特徴

InDesignの特徴が理解できたところで、次にIllustratorが得意な部分についても再確認しておきましょう。

ロゴデザインやキャラクターデザインなどベクターを使った描画が得意

ロゴデザインやキャラクターイラストの作成など、ベクターのオブジェクトはIllustratorを利用したほうが簡単に作成できます。ベジェ曲線を用いた描画や、アウトライン化したフォントの編集などはIllustratorが得意な分野です。

また、背景が透過のオブジェクトを作成できますので、他のツールに用いる素材として汎用性の高い画像制作が可能です。

印刷用途だけでなくWeb用の素材に適切な制作物にも役立つ

InDesignは、電子書籍など一部の例外を除いては印刷用に用いられるツールです。これに対し、IllustratorはWebサイトやアプリケーション用の素材作成でも頻繁に用いられているツールです。

近年Webサイトで用いられることが多くなってきたSVGという画像ファイル形式(ソースコードで描かれたベクター画像)の書き出しにも対応しています。

グラフィック中心の制作物に強い

一枚物でグラフィック中心の制作物には、オブジェクトが作成・編集しやすいIllustratorのほうが向いているケースもあります。

まとめ

得意分野や機能などに違いが合ってもInDesignとIllustratorの関係は対立するものではなく、お互いを保管するツールです。

Adobe XDはUI・UXデザイン&プロトタイピングツールですが、IllustratorやPhotoshopと連携して用いられています。これと同様にInDesignも、Illustratorで作成したオブジェクトやPhotoshopで加工・編集した写真などを作成ページに配置するなど、他のグラフィック系ソフトと連携しながら利用します。

本記事でそれぞれの特徴をよく理解して用途に応じて使い分けましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。