みんな使えるIT/Web用語辞典
1,000語収録(ミンウェブ辞書)

更新:2019年12月22日

めたきーわーど

meta keyword / メタキーワード

metaタグの一種で、メタキーワードタグ内に記述する単語や文章のこと。

英字

POINTmeta keyword / メタキーワードとは

meta keywordとはmetaタグの一種で、メタキーワードタグ内に記述する単語や文章のことを言い、meta keywordを設定することで、検索エンジンに対して、ページごとの重要なキーワードを伝えることができます。また、複数系で「meta keywords」と呼ばれることもあります。

以前はmeta keywordによるSEO効果が期待できましたが、現在は、検索順位をあげる目的であれば意味がないと言われており、これにつてはGoogleも言及しています。meta keywordにはSEO効果はなく、競合他社に対策キーワードがバレてしまうデメリットもあり、この技術は廃止される可能性がありました。

しかし、Googleは、「現在はmeta keywordを認識しておらず、現段階ではこの方針を変更する予定はないが、今後meta keywordを利用する可能性もある。」と公表しています。

このため、今後どこかのタイミングでmeta keywordを認識するようになる可能性もあります。ある日突然、認識するようになった場合、普段からmeta keywordを作成していないWebサイトであれば、突然訪問者数を落としてしまう場合があります。

meta keywordのSEO効果がなくなった理由

検索エンジンがmeta keywordを認識しなくなった理由は主に2つあります。

・スパム対策
検索エンジンがmeta keywordを認識していた時代、meta keywordは、一部のウェブマスターたちがmeta keywordを悪用し、ブラックハット的な使われ方がされていました。meta keywordタグ内に、上位表示したいキーワードを大量に詰め込む、トップページで集客したいキーワードを全ページに入れる、などのメタキーワードを利用したスパム行為をおこなっていたため、検索エンジンはmeta keywordタグを認識しなくなりました。

・検索エンジンの進化
検索エンジンの技術の向上もSEO効果がなくなった理由と関係しています。
meta keywordのタグ内で重要なキーワードをあえて組み込まなくても、コンテンツ内のキーワードを認識できるようになったので、必要性がなくなりました。

meta keywordを設定する意味はあるのか

現在のGoogleアルゴリズムでは、meta keywordを記入したからといって、SEOに直接的に影響があるわけではありません。記入したところで「SEOに関してプラスにも、マイナスにもなることはない」というのが現在のmeta keywordの位置付けです。

現在のGoogleアルゴリズムではmeta keywordは認識されませんが、Google以外の検索エンジンでは、meta keywordを利用している可能性もあるので、幅広くSEOをおこないたい方にとっては対応するべき項目でもあります。
また、Webサイトを複数人で管理している場合、ページ修正や改善をおこなう際にmeta keywordが記述されているほうが、Webサイト全体の方針や考えのぶれを避けることにもつながります。

meta keywordの数

meta keywordを記入する際は、Webサイトにとって重要なキーワードが多くある場合でも、多くて5つ、可能であれば1~3個がよいと言われています。
この理由は、以前までmeta keywordを悪用し、検索エンジンを騙そうとするスパムが存在しており、meta keywordに多くのキーワードを記入するとスパムとGoogleに判断される可能性があるからです。

「meta keyword / メタキーワード」を調べた人はこの用語も調べています

meta keyword / メタキーワードの使用例

「meta keywordを記入する順番」

検索エンジンは前半に記入したキーワードを重要視する傾向がありますので、meta keywordを選ぶ際は、この特徴も考慮するとよいでしょう。

「meta keywordを設定する際は、重複キーワードは避けるようにしよう」

meta keyword自体はアルゴリズムには影響を与えませんが、ページコンテンツを同じ内容で作成してしまった場合、重複コンテンツはSEOの評価を下げる原因になります。

「今後、Google検索エンジンがmeta keywordを認識する可能性はありますか?」

現段階では認識していない名言しているGoogleですが、meta keywordを廃止したわけではないため、今後利用される可能性はあります。

「meta keywordって最近はSEOに効果がないと言われているよね」

「検索エンジンの技術の向上」「meta keywordを利用したスパム行為の増加」などの要因から、meta keywordはGoogleから認識されなくなりました。

meta keyword / メタキーワードに関係した気になる話題

メタディスクリプション(meta description)とは

メタディスクリプション(meta description)とは、ページコンテンツを120文字程度の文章で表した「概要」や「要約」の役割を果たすタグです(別名:スニペット)。

これを作成することで、検索結果ページにある3行ほどのテキストを自分で設定することが可能になります。「概要」や「要約」などのテキスト情報を表示させるために利用され、より的確にページを表した文章にすることで、クリック率を向上させられる場合があります。

meta keywordと異なり、meta descriptionは設定しておくべきメタタグとされています。(Googleサーチコンソールより)

meta keywordの記入方法

meta keywordの書き方は、HTMLファイルのタグ内に記述します。
具体的には下記のようになります。

複数のキーワードがある場合はカンマで並列に表記し、記載するキーワードが3~5個にするのが一般的です。


この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minweb辞書のIT用語をお届けします