みんな使えるIT/Web用語辞典
1,000語収録(ミンウェブ辞書)

更新:2020年3月14日

ふらっしゅ

flash / フラッシュ

webコンテンツを制作するツール「Adobe Flash」の略称、またはAdobe Flashによって作成されたコンテンツのこと

別名
英字

POINTflash / フラッシュとは

Flashとは、Adobe Systems社(旧Macromedia社)が開発したwebコンテンツを制作するツール「Adobe Flash」の略称、また、Adobe Flashによって作成されたコンテンツのことをいいます。Flashは音声や画像などを組み合わせてWebコンテンツを作成でき、無料で配布されている「Flash Player」を用いて再生されます。

Flashで作られたコンテンツは、アニメーションやゲーム、バナー広告などによく用いられていましたが、セキュリティなどの問題により、MozillaのFirefox、GoogleのChromeブラウザ、MicrosoftのEdgeはそれぞれ、2015年または2016年からFlashのブロックを開始しています。

フラッシュの意味として、写真撮影などにおける閃光、ストロボといった意味もありますが、ここでは「Adobe Flash」について説明します。

Flashの特徴

Flashは、複数の写真や文字を用いて動きのあるコンテンツを作ることができます。従来まで静止画表示のみだったホームページも、Flashを使うことでインパクトのあるページを作成できます。

また、ベタグラフィックスと呼ばれる、数値データの演算によって画像を再現する手法で描かれているため、サイズ変化による画質の劣化がなく、また、ファイルサイズも軽くすることができます。

さらに、Flashはユーザーによる制御を可能にすることができます。マウスに合わせて画像が動くなど、インタラクティブなコンテンツの作成をすることができます。

Flash PlayerとはFlashを再生するためのアプリケーション

Flash Playerとは、Flashで作成されたコンテンツを再生するためのアプリケーションのことです。Flash Playerをインストールすることで、Flashが用いられたwebページを閲覧することができます。

コンテンツを作るためのFlashは有償のソフトウェアですが、Flash Playerは無償のソフトウェアで誰でも使えるため、Flashが世界中で広く使われる要因となりました。

ただし、Flash Playerはスマートフォン端末には対応していないため、スマートフォンではFlashを表示できないことに注意が必要です。

Flashの活用シーン

Flashはweb上でよく使われますが、中でもネット広告を作る際によく使われます。Flashを用いることで、従来静止画だけの広告であったのが、複数の画像や動画、音声などを組み合わせ、より目を引く効果的な広告を作ることができるようになりました。
また、広告以外にも、トップページにFlashで制作したコンテンツを置くことでより魅力的なホームページを構築することができます。

web以外の場面では、例えば、渋谷駅前の「デジタル地図案内板」の上画面に天気予報やニュースといったコンテンツがFlashを用いて表示されています。Flashを用いてコンテンツを作成すれば、端末専用の開発ソフトを用いなくてもコンテンツを作成することができ、コストを抑えながら運用することができます。

Flashを使用する際の注意点

Flashで表示されたテキストや画像は、通常のテキストや画像のように、ブラウザの機能を用いてコピーや印刷することができません。また、一部のコンテンツを除き、Flash内のテキストや画像は、webブラウザやユーザーによるテキスト検索の対象とならないことにも注意が必要です。このような特徴から、Flashを使うwebサイトの用途によってはユーザビリティを欠いてしまう可能性もあります。

また、Flashで作成したコンテンツを詰め込みすぎると、webページの読み込みが遅くなったり、画像や動画ばかりの読みにくいページになってしまったりするかもしれません。

さらに、スマートフォンではFlashで作成したコンテンツは表示できないため、スマートフォン向けのページではFlash形式でないコンテンツを配置する必要があります。

「flash / フラッシュ」を調べた人はこの用語も調べています

flash / フラッシュの使用例

「ホームページの内容を充実させるためにFlashでコンテンツを作成しよう」

Flashを用いれば、音声・画像などを組み合わせたコンテンツを作成できます。コンテンツはwebサイトに載せることができますが、コンテンツを表示させるためにはユーザーがFlash Playerをインストールしている必要があります。

「この前Flashで短い動画を作ってみたんだけど見てくれる?」

Flashを使って短い動画を作ることもできます。
パラパラ漫画のような画像の入れ替えによって動画のように見せる方法や、プログラムを用いて文字や画像を動かす方法があります。

「このパソコン、まだFlash Playerをインストールしていないの?」

Flash Playerをインストールしていないパソコンでは、Flashで作成されたコンテンツを表示することができません。

flash / フラッシュに関係した気になる話題

FlashはSEOには不向き

一般に、Flashで作成されたコンテンツはSEOに不向きであると言われています。なぜなら、Flashはスマートフォンで再生できないコンテンツであり、Googleが検索順位を決める指標である「スマートフォンに対応しているか」という要素を満たしていないからです。

2015年より、Googleはモバイル検索順位の決定要素として「モバイルフレンドリー」という要素を追加しました。モバイルフレンドリーとは、Googleが独自に定めるスマートフォン対応の基準で、モバイルユーザーが劇的に増えたことから追加されました。

しかし、これに対し、Flashは依然としてスマートフォン対応されず、その結果、Flashで作成されたコンテンツがあるwebサイトはモバイルフレンドリーでないと判断され、モバイル検索順位が落ちてしまいました。そのため、一般にFlashはSEOには不向きと言われています。

2020年末にFlashはサービス終了する

Adobe社は、2017年にFlashの提供の終了、また、2020年末にFlash Playerのアップデートと提供を終了すると発表しました。Flashの提供を終了する理由としては、Flashにセキュリティ面で大きな問題が発覚したこと、スマートフォンからの閲覧に向かないことが挙げられます。

Flashの利用者は年々減少していましたが、それでもweb上にはFlashを用いたブラウザゲームやeラーニングなどが多く存在し、これらのサービスはFlash終了に伴いHTML5への移行などの対応が求められています。

Flashの代わりに台頭したのがHTML5

Flashのサービス終了に伴い、web上に動画や画像などを用いたリッチコンテンツの制作にはHTML5が使われるようになりました。

HTML5は、webサイトを構成するプログラミング言語のことです。元はテキストを表現する機能のみでしたが、アップデートを重ねることでHTML5のみでFlashのような動画や音楽を含んだコンテンツの描写や埋め込みが可能となりました。また、HTML5はFlashと異なり、Flash Playerのようなプラグインも必要なく、スマートフォンに対応しているため、Flashに代わってよく利用されるようになりました。


flash / フラッシュに関連する記事

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minweb辞書のIT用語をお届けします