みんな使えるIT/Web用語辞典
1,000語収録(ミンウェブ辞書)

更新:2020年3月13日

かばれっじ

カバレッジ / 網羅率

全体に対してカバーしている割合やその数のこと

英字

POINTカバレッジ / 網羅率とは

カバレッジとは、直訳すると適応範囲・保証範囲という意味で、全体に対してカバーしている割合やその数のことを指します。割合の場合、全体を表す数を母数、カバレッジを知りたいモノの数を分子として計算します。カバレッジ100%という場合は、範囲内全てをカバーしているという意味になります。

カバレッジは様々な分野で使われ、マーケティング分野では広告媒体のカバー範囲やターゲットに対するカバー率、顧客や見込み客の市場におけるシェアのこと、また、ソフトウェア開発ではプログラムのテストが済んだ範囲の割合を指します。

BtoBマーケティングで用いられるカバレッジとは

BtoBのマーケティングでもカバレッジが使われ、その意味は場合によって異なります。

例えば、
・想定するターゲット企業全体に対し、どれくらいの企業がデータベース内にあるか
・想定するターゲット企業全体に対し、どのくらいの企業がコンタクト可能な状態にあるか
・ターゲット企業の部署に対し、コンタクト可能な個人情報はどれくらいあるか
などの意味で用いられます。

特にABMという、マーケティングと営業を結びつけて売上げの向上を図るマーケティング戦略において重視され、よく用いられます。

顧客の市場シェアという意味でのカバレッジとは

自社の顧客や営業案件となっている見込み客の市場におけるシェアという意味でも、カバレッジが用いられます。

この意味でのカバレッジは、日本全国やある地域などの市場全体を分母とし、分子を求めたい顧客の数値にしてカバレッジを算出します。

カバレッジを測定することで、自社の売上や顧客の状況から市場占有率はどれくらいなのかを把握し、今後の戦略に活用することができます。

広告媒体の訴求範囲という意味のカバレッジとは

広告媒体がカバーできる範囲、またその数という意味でカバレッジが用いられます。具体的には、テレビやラジオの視聴可能範囲や視聴可能世帯数、新聞雑誌の購読者数などを指します。

算出方法としては、新聞やテレビ、ラジオなどのユーザー数を日本人口で割り、算出する方法が主流です。

他に、無線通信や携帯電話について、電波の送受信が可能な範囲のことをエリアカバレッジと表現することもあります。

ソフトウェア開発でのカバレッジとは

ソフトウェア開発の分野で用いられるカバレッジとは、完成したソフトウェアをテストする際、全体に対し、実際にテストがおこなわれた範囲の割合のことをいいます。同じ意味で、テストカバレッジという単語が使われる場合もあります。

カバレッジには様々な種類があり、ソースコードに対してのテスト網羅率を示すコードカバレッジ、仕様に対するテストの網羅率を示す機能カバレッジ、取りうるデータに対するテストの網羅率を示すデータカバレッジなどがありますが、主にカバレッジという場合にはコードカバレッジを指します。

カバレッジ分析とは

カバレッジ分析とは、ソフトウェア開発の際、コードや仕様、設計などさまざまな側面からカバレッジを測定・分析することです。カバレッジ分析をすることで、テストそのものの品質を定量的に測ることができ、ソフトウェアの品質を向上させることにつながります。

カバレッジ100%を目指すと、品質が十分でバグが見込めない部分も全てテストしなくてはいけなくなり、逆にいらない手間がかかってしまう可能性もあることに注意が必要です。

「カバレッジ / 網羅率」を調べた人はこの用語も調べています

カバレッジ / 網羅率の使用例

「もっとカバレッジを増やさないと、B社の営業に顧客をとられてしまうよ」

ここでのカバレッジは、「ターゲット企業の部署に対し、コンタクト可能な個人情報はどれくらいあるか」などといったBtoBマーケティングでよく使われる意味のカバレッジです。カバレッジを増やすことで、ターゲット企業内で複数の人とコンタクトを取ることができるようになり、より案件の成立が見込めます。

「カバレッジを計測し、自社の市場占有率を測ろう」

カバレッジを指標として、自社の顧客や見込み顧客の市場シェアを測ることができます。

「テレビのカバレッジはとても大きいんだね」

テレビの視聴可能範囲がとても広いことを指します。テレビCMの場合、テレビのカバレッジが高いことを利用し、幅広い年代に向けたCMを作ると効果が期待できます。

「カバレッジを計測してテスト漏れを防ぐことができたね」

ここでのカバレッジは、ソフトウェア開発における、全体に対してテストがおこなわれた割合を指します。カバレッジを計測しながら適切にテストをおこなうことで、テスト漏れを防ぐことができます。

カバレッジ / 網羅率に関係した気になる話題

株式におけるカバレッジとは

株式におけるカバレッジとは、主に、証券会社や投資銀行が、企業の業績、将来の見通しなどを調査・分析し、その結果をもとに投資家に対してアドバイスをおこなうこと、また、その企業についての投資判断を出すことをいいます。

例えば、証券会社や投資銀行などが「企業に対してカバレッジをする」といった場合、その企業を調査対象として、今後の動向を調査・発表していくという意味です。


この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minweb辞書のIT用語をお届けします