みんな使えるIT/Web用語辞典
1,000語収録(ミンウェブ辞書)

更新:2019年12月20日

しーえむえす

CMS / コンテンツ管理システム

Webサイト制作や運用などの様々な作業を、一元的に管理できるシステム

英字

POINTCMS / コンテンツ管理システムとは

CMSは「Contents Management System」の頭文字を取ったもので、直訳するとコンテンツ管理システムという意味です。
CMSとは、ホームページを作成するための様々な作業を、一元的に管理できるシステムのことです。

HTML(Webサイトを構築するための言語)やCSS(Webサイトのスタイルを指定する言語)といった専門的な知識がないWeb初心者の方でも、CMSを導入することで、 Webサイト制作や運用を容易におこなうことができます。

CMSのメリット

CMSはページデザインのモデルが用意されており、様々な作業が自動化されているので、Web初心者の方でも簡単にWebサイトを作成することができます。また、CMSはサイトの更新も簡単におこなうことができます。

画像やテキストを用意するだけで、自動でページを生成することができるので、更新の時間を大幅に削減することができます。加えて企業の場合は、コストの削減だけでなく業務の分担(デザイン、コンテンツ管理、編集など)も可能なので人員削減にもつながります。

CMSの種類

CMSは導入形態によって「オープンソース型」「パッケージ型」「クラウド型」の3種類に分類されます。

・オープンソース型とは、プログラムのソースコードが無料で公開されており、誰でも利用や修正、配布することができるライセンスを指します。
代表的なオープンソース型にWordPressというソフトがあり、世界最大のシェアを誇っています。

・パッケージ型CMSとは、ベンダーが独自に開発したCMSライセンスを購入し、自社サーバにインストールして使用するタイプを指します。ベンダーが導入・運用をサポートしてくれるので安心して運用することができます。

・クラウド型CMSとは、CMSを提供するベンダーが管理するサーバにシステムやデータを保管し、インターネット経由で利用できるCMSを指します。
別途サーバを用意したり、CMSをインストールしたりする必要はなく、インターネット環境とブラウザさえあれば導入できる点が大きな特徴です。

オープンソース型(WordPress、Drupalなど)はセキュリティに懸念がある

WordPressの導入が増加する中、オープンソース型のセキュリティの脆弱性を狙ったサイバー攻撃も増えています。シェア率の高いCMSであるという理由で、不正アクセスやWeb改ざんのプログラムが相次いで現れています。

WordPressに限らず、近年はサイバー攻撃の件数も増えており、業界全体としてセキュリティに関しての重要度が高まっています。

CMS導入に向いているサイトとは

CMS導入に向いているサイトの特徴は主に3つあります。
①ページ数が多い
②更新頻度が高い
③複数人で管理・運用をおこなう可能性がある

CMSはもともと、Webサイトで大量のページを公開した場合に、人手では管理しきれないという問題を解決することを目的に導入されたシステムです。
CMSの導入を考えている場合は、これらの要素を考慮した上で選択するとよいでしょう。

「CMS / コンテンツ管理システム」を調べた人はこの用語も調べています

CMS / コンテンツ管理システムの使用例

「CMSとHTMLの違いとはなんですか?」

HTMLはコンピュータに文書構造を理解させるマークアップ言語のことです。
HTMLが「Webページを構築するための言語」なのに対して、CMSは「ホームページの制作や運用などを簡単にするシステム」です。

「パッケージ型CMSにはどんな機能がありますか?」

ベンダーのサポートを受けられるため安心して運用ができます。
ほかにも、ベンダーがアップデートや不具合対応などに対応してくれる、承認機能や権限設定など企業の運用に必要な管理機能が備わっていることなどが挙げられます。

「使用するCMSによって機能や操作方法は異なります。自社にとって最適なCMSを導入ましょう」

CMSを選択する際は主に下記の要素を考慮しましょう。
①サイトの目的を整理すること(目的、サイトの規模)
②サイト製作後の運用・管理のしやすさを考慮すること(何人で運用するのか)
③CMSの費用

「CMSならほかのデバイスからでもサイトを更新できるの?」

ホームページなどの更新にCMSを使用する場合、更新作業はWebブラウザからおこなうことができます。そのため、ほかのデバイスからでも更新作業ができます。

CMS / コンテンツ管理システムに関係した気になる話題

CMSの代表格、WordPress(ワードプレス)とは

WordPressは世界で最もシェアの多いオープンソース型のCMSです。

WordPressは、CMSはHTMLで構成された一般的なWebサイトよりも簡単に制作できるうえ、ページ更新も簡単です。CMSの中でもWordPressはデザインの自由度が高く、個人ブログから企業ホームページまで幅広く利用されています。

CMSはSEOに適している

CMSはHTMLで構成された一般的なWebサイトと比較して、SEOに強いという特徴があります。CMSは、HTMLサイトよりも簡単にページの追加ができ、コンテンツ量を増やしやすいので、SEOに適しています。

クラウド型のCMSならネット環境があればどこからでもアクセスできる

クラウド型のCMSはインターネット経由で利用できるCMSです。
サーバを用意したり、CMSをインストールしたりする必要はなく、インターネット環境があればスマホやタブレットなどを使用して外出先でも編集・管理をおこなうことができます。


CMS / コンテンツ管理システムに関連する記事

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minweb辞書のIT用語をお届けします