みんな使えるIT/Web用語辞典
1,000語収録(ミンウェブ辞書)

更新:2019年12月23日

ふぁいぶふぉーすぶんせき

5F分析 / ファイブフォース分析

主に企業が事業戦略を立案する際に用いられる、業界の特徴や収益構造を把握するための分析手法

英字

POINT5F分析 / ファイブフォース分析とは

5F(ファイブフォース)分析とは、主に企業が事業戦略を立案する際に用いられる、業界の特徴や収益構造を把握するための分析手法です。
「買い手の交渉力」「売り手の交渉力」「業界内の競争」「新規参入の脅威」「代替品の脅威」の5つの競争要因をそれぞれ把握し、この5つの力が弱ければその業界の収益性は高く、強ければ収益性は低いということになります。

5フォース分析における各フォースの関係図
 

買い手の交渉力とは

買い手(顧客やユーザー)の交渉力が強い場合、値下げを要求され、収益性を上げにくくなります。
また他にも、質の高いサービスを要求されることによるコストの増大や、顧客要望によるコンペの激化など、企業の収益性に大きな影響を及ばす可能性があります。

売り手の交渉力とは

製品を作るのに必要な、部品や原材料の売り手(供給業者)の交渉力が強い場合、高い仕入れ価格を受け入れざるを得なくなり、負担するコストが増大してしまいます。
これにより、企業は収益性を上げにくくなってしまいます。寡占業界や独占技術を有する業界では、売り手の交渉力が強くなりやすい傾向にあります。

業界内の競争とは

既存の同業他社も脅威の1つです。業界内の競争が激しい場合は、価格や新製品、宣伝などにおいて業界内のポジション争いをすることになります。その結果、企業の収益性は上がりにくくなります。

一般的に、業界の寡占化が進んでいれば競争は穏やかなものになり、同程度の規模の企業が数多く参入している業界では競争は激しくなります。

新規参入の脅威とは

業界に新規企業が参入すると、業界内の競争激化や自社のシェア減少につながり、収益性が低下する可能性があります。特に新規参入の障壁が低い業界では、新規参入の脅威が大きくなります。

代替品の脅威とは

顧客のニーズを満たす他の製品・サービスが登場したとき、業界全体の収益性が低下する可能性があります。特に既存の製品・サービスより費用対効果の高い代替品が現れた場合、脅威は大きくなります。

「5F分析 / ファイブフォース分析」を調べた人はこの用語も調べています

 

5F分析 / ファイブフォース分析の使用例

「顧客拡大に向けて5F分析をしよう」

5F分析をすることで、業界全体の収益性や市場の状況などの外部環境を分析することができます。これにより、企業はより効果的な事業戦略を立てやすくなります。

「新規事業を検討するため、まずは5F分析から始めよう」

自社が新規参入業者として事業拡大を目指す場合にも、5F分析は有効です。新規事業に参入する前に業界の構造を把握することで、様々なリスクを予測できるようになります。

「この商品は利益が伸び悩んでいるので、5F分析を用いて再度検討しよう」

業界の状況はユーザーニーズの変化や新規参入、景気の変動によって大きく変化します。そのため、定期的に5F分析をして再度検討する必要があります。

「5F分析のおかげで事前に対策を講じることができた」

5F分析をすることで、新規参入のリスクや事業撤退の判断材料を導き出すことが可能となります。それにより、様々なリスクに対して事前に対策を講じることができます。

5F分析 / ファイブフォース分析に関係した気になる話題

5F分析でわかること

5F分析をすることで、自社を取り巻く外的環境を明確に把握することができます。これにより、他社製品と比較したときの自社製品の強みや弱みを認識し、競争優位性を築くことができるようになります。

また新規参入の可能性を把握することで、事前に対策を講じることができ、スムーズな対応が可能となります。

5F分析を活用するポイントと注意点

5F分析を活用する際に重要なのが、客観的に評価するということです。様々なリスクを分析しても、それを脅威と捉えるかは人によって変わってきてしまいます。「事実」と「解釈」を分けて、主観的にならないように注意しなければなりません。

また分析をおこなう際に用いる単位を、明確に設定することも大切です。分析対象とする業界の範囲や分析する期間によって結果は変わってしまうため、事前に設定しておく必要があります。

5F分析が生まれた経緯

かつては業界の範囲が明確でしたが、近年、競合と認識されていなかった他の業界の企業も競合となる可能性があります。そのため、5F分析を提唱したアメリカのポーター教授は、業界を「互いに代替可能な製品をつくっている社会集団」と定義し、業界は「収益を奪い合う場」だとしました。
同じ業界の競合だけでなく、5Fという5つの脅威も収益を争う相手になりうるとしたのです。


この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minweb辞書のIT用語をお届けします