特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

今さら聞けないコンテンツSEOとは?施策のポイントや手順まとめ

コンテンツSEOはユーザーにとって良質なコンテンツを作成して検索画面の上位表示を狙うことを指します。普通のSEOの施策とは何が違うのか、コンテンツSEOをおこなうときはどんな点に気をつけると良いのか、コンテンツSEOのポイントを解説します。

カテゴリ: SEO
特集: SEO特集

「コンテンツSEO」という言葉を耳にしたことはありませんか?
おそらくWebマーケティングに関わっている人の多くがこの言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

SEOの一つであるコンテンツSEOとは、「良質なコンテンツを作成し、検索エンジンでの検索結果上位を狙う」という手法です。
しかし、実際どんなことをやるのかイメージがわかない人も多いのではないでしょうか。

そこで、
「コンテンツSEOにはどんなメリットがあるの?」
「普通のSEOとコンテンツSEOは何が違うの?」
「コンテンツSEOはどうやってやるの?」
といった疑問を解消すべく、今回はコンテンツSEOについて意味からポイントまで詳しくご説明します。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、「ユーザーが求めている良質なコンテンツを作成することで、検索結果上で上位表示されることを狙う施策」のことです。
つまり、ユーザーの「知りたい」というニーズを的確に捉え、それに合った適切なコンテンツを提供し、検索結果の上位表示を目指すのがコンテンツSEOです。

コンテンツSEOが誕生した背景と現状

検索エンジンには、アルゴリズムというページを評価する仕組みがあります。検索エンジンでは、アルゴリズムによるページの評価によって、検索結果画面に表示されるサイトの順位が決定します。

以前まで、アルゴリズムは評価基準として被リンクの数を重視していました。
より良質でユーザーのためになるページは、多くのほかのサイトから参照つまり被リンクを受けるだろうという考えのもとでした。

しかし、これを逆手に取り、良質なコンテンツのページではないのにもかかわらず被リンクの数だけを増やし、実際以上に価値のあるサイトだと見せかけるSEO(ブラックハットSEO)が横行しました。

ブラックハットSEOは問題視され、アルゴリズムの改良が行われました。現在では、被リンクの評価への重視度合いが下がり、コンテンツの質自体を評価できるようになっています。
つまり、ブラックハットSEOは以前よりもずっと効果が薄くなりました。

この現状から、検索結果にて上位表示されるためにはコンテンツを充実させる、質を上げることが重要視されるようになっています。そのため、現在のSEOではコンテンツSEOが欠かせない要素と言えます。

コンテンツSEOの特徴

コンテンツSEOは、どのような特徴があるのかコンテンツSEOの優れた点と留意しておきたい点に分けて紹介します。

コンテンツSEOの優れた点

コンテンツSEOのメリットは以下の通りです。

集客効果が長期間あること

他の広告などは、広告を出した際に一気に効果が出ますが、時間が経つと効果が大幅に失われるのが特徴です。

それに対してコンテンツSEOは、コンテンツを一度公開すれば削除しない限り検索結果画面に表示されます。
そのため、集客力を持ったコンテンツは長期的に効果を持つことができます。

費用対効果が高い

コンテンツSEOは広告に比べるとかなり低コストで集客することができます。
その上、広告を使った集客とは違い、追加の投資をしなくても良質なコンテンツを掲載し続けることで一定の集客を狙うことができます。
そのため、費用対効果が高いというという特徴があります。

SNSなどによる拡散

コンテンツSEOはSNSとの連携に向いています。
まず、コンテンツは持っているSNSアカウントの投稿のネタとして利用できます。そして良質なコンテンツはSNSで拡散されやすいです。

SNSと連携することで、多くの人にコンテンツを見てもらえる可能性が高くなります。したがって、アクセスの増加や、コンテンツを見たユーザーが自サイトなどにリンクを貼るといった効果を見込むことができます。
(※SNS上の投稿内で被リンクされても、一般的な被リンクによる効果は見込めません。)

留意しておきたい点

施策の効果が出るのに時間がかかることがある

コンテンツを作ってサイトに掲載しても、検索結果に上位表示されるまでには時間が掛かってしまいます。そのためコンテンツSEOでは、施策を行なってもすぐに効果が現れることが少ないです。
もし、すぐにでも集客効果を出したいという場合は、SNS運用や広告運用を行うのが良いです。

定期的なメンテナンスが必要

検索結果の順位は日々変動しています。そのため、一度上位表示できたからといってそのままコンテンツを放置していると、他に良質なコンテンツが出てきてしまった場合、検索順位が下落してしまいます。

そのため、コンテンツSEOでは、い情報量を増やす・新しい情報があれば追記するといった、一度掲載されたコンテンツに対するメンテナンスが必要です。

コンテンツSEOのポイント

コンテンツSEOを行う際に押さえておきたいポイントをまとめます。

良質なコンテンツ

良質なコンテンツとは、ユーザーにとって価値のあるものです。サイトや自分の利益だけを考えていては、良質なコンテンツを作成することはできません。
検索するユーザーの視点に立ったコンテンツ作成を行いましょう。

また、他のサイトからの引用やコピーだけのサイトは良質なコンテンツとは言えません。オリジナルのコンテンツを作成しましょう。

最新情報を掲載する

ユーザーにより最適な情報を届けるため、検索エンジンでは質の高いコンテンツが上位に表示されるようにしています。質の高いコンテンツには、最新の正しい情報が掲載されているコンテンツも含まれています。
そのため、コンテンツを作成する場合は、ユーザーに有益な最新の情報を掲載しましょう。

数も重視する

質ばかり重視して、コンテンツの数が少ないというのも良くありません。コンテンツSEOは、コンテンツを増やせば増やすほど集客できるユーザーの幅が広がるという特徴があります。

そのため、コンテンツが少ないと限られたユーザーしか集客できません。
質と量どちらも求めるのは大変ですが、ある程度両者のバランスをとって作成することは必要です。

継続する

コンテンツを一気にたくさん投下し見守るだけになってしまったり、始めたばかりなのに効果がないからと放置してしまうのは良くありません。

ユーザーにとって有益な情報を提供できるサイトであるためには、定期的なメンテナンスやコンテンツの追加が不可欠だからです。放置せずに、継続的にコンテンツSEOを続けていくことが効果につながります。

効果測定を行う

良質なコンテンツを数多く作成したら完了ではありません。そのコンテンツでアクセス増加やコンバージョンアップができたかどうか測定する必要があります。

効果があまりでなかった場合は、ユーザー視点でコンテンツをもう一度作り直す必要があるからです。制作と効果測定を行うことで、より質の高いコンテンツを作ることができます。

まとめ

今回は、コンテンツSEOについて特徴や手段などをお伝えしました。
現在のSEOでは、ブラックハットSEOはペナルティの対象となりやすいSEOとなっています。
そのため、ページの質を上げるコンテンツSEOが重要です。

コンテンツSEOはユーザー視点に立ち、良質な記事を多く作成し、そして効果測定を行う必要があります。効果がすぐに現れない・メンテナンスが必要と言った留意点はありますが、長期的にみるとコスパがよく潜在顧客にアプローチしやすい施策です。

良質な記事は、サイトや自社の財産になります。
そんな財産を作り出せるように、コンテンツSEOを行いましょう。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要