記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

読まれる記事を作成するために必要なポイントを徹底解説

企業のWebサイトに掲載する記事を制作するときは、「執筆の目的」「リソース」「内容」の3つを考えることが大切です。 ここでは、記事制作を成功させ、読まれるための記事を作るためのポイントを解説します。

コンテンツマーケティングの手法は色々ありますが、その代表とも言えるのが記事。 今や、多くのメディアで記事を使ったコンテンツマーケティングが行われており、「自社でも何か記事を発信していきたい」と考えている企業も多いのではないでしょうか

しかし、記事作成といっても、誰に向けてどんな記事を作るのかなどの内容に関わる部分や、リソースを社内で確保するのか社外に外注して確保するのかといった業務的な部分、記事を掲載してどんな目的を達成したいかといった戦略に関わる部分などなど、考えるべきことはたくさんあります。

それゆえ、 「記事を作成したいけど、何から手をつけていいかわからない」 「自社メディアに掲載する記事を企画したいけれど、どんな風にテーマを設定すればいいのか判断できない」 と頭を抱えている担当者も多いのではないでしょうか。

記事を効率よく作成し、結果を出すためには、コンテンツを制作する際のポイントを押さえることが大切。 ここでは、Webサイトに掲載する記事コンテンツを制作する際のポイントを、ライター兼編集者がお伝えします。

企業が記事を作るときに大切な3つのポイント

記事制作というと、キーワードや書き方など色々考えなきゃならないようにも見えますが、シンプルに考えるのであれば、 「執筆の目的」「リソース」「内容」という観点から、考えていくのがわかりやすいかと思います。

執筆の目的はより具体的に考える

企業のWebメディアに掲載する記事を作りたいと思った時、必ず何かしらの目的や目標が出てくるでしょう。

例えば、 ●リードを獲得し新たな顧客につなげたい ●記事を通して自社や商品・サービスのブランディングを行いたい ●認知度を高めたい といったことが代表的です。

この時、目的によって、掲載すべき記事というのは変わってきます。 リードを獲得したいのであれば、リードのニーズを満たせるような記事を掲載しなければなりませんし、ブランディングが目的なのであれば、どのようにイメージを確立させたいかを踏まえて内容を考えていかなればなります。

そのため、目的を考えるときは、より具体的に「何を達成したいか」を考えるのはポイントです。

リソースの確保はスキルの有無で考える

企業の記事制作では、「誰が記事を作るか」というのも非常に重要。 内製するか、外注するかで、制作フローは大きく異なるため、なんとなくで決めないようにしましょう。

内製と外注、どちらにするか判断するポイントは、「ライティングのノウハウが自社内にある顔どうか」です。 記事を作成するときは、記事の方向性やテーマを設定し、それにあった構成を作って執筆します。 ライティングのスキルも必要ですし、SEOで記事を露出させたいのであれば、SEOライティングのスキルも必要です。

SEOに関することも含め、ライティングができるリソースがないという場合は、外注し、編集者やライターをアサインできるという場合は内製で記事を作成するのが良いでしょう。

内容を考えて執筆する

ライターをアサインできたら、記事を執筆してもらいます。 この時、記事の企画までライターに任せてしまうと、方向性に合わない記事が作られてしまう可能性があります。 ですので、どんな方向性で記事を書くかという企画は、編集者やディレクターが担うとスムーズにいきます。

読まれる記事を作るためのポイント

インターネットは情報量が膨大です。膨大な情報の中から自社の記事を見つけてもらい、読んで満足してもらうには適当に書くのはおすすめできません。多くのアクセスを集めたり、SNSで拡散されたりしている企業による人気記事の多くは、SEOやターゲット設定など綿密に戦略が練られているからです。

戦略を練ってユーザーの興味や読みやすさを考慮した記事と自社が発信したい情報をただ記事にしたものでは、明らかに前者の方が評価されます。

そのため、企業が記事作成を行うには企画を練ることが重要です。

ここでは、編集者やディレクター向けに、企画のコツやポイントをお伝えします。

テーマ・ターゲットを明確に決める

記事作成をするときには、目的に応じてテーマとターゲットを明確に決めることが重要です。 テーマとターゲットを明確に決めることで、自社の顧客層や自社が集客したい層をピンポイントに集客することが出来ます。

テーマを決めるときに便利なのが検索キーワードです。 GoogleやYahoo!で何かを調べるとき、検索窓に知りたい内容を入れるかと思います。 検索時に使われる言葉を検索キーワードといい、記事制作ではこのキーワードを定めてそのニーズに沿った内容を執筆していきます。

キーワード選定は、検索回数や競合などを見て行いましょう。 競合やキーワードを分析することで、書くべきテーマが見えてきます。

ちなみに、キーワードの検索回数はただ多いものを狙えばいいわけではありません。 というのも、検索回数が多いほど競合も多い傾向にあります。 日々多くのアクセスを集める大手サイトが競合となる場合も多いので、自社の規模感にあったキーワード選びが重要です。

構成を練る

記事の質を左右するのが構成です。 どんな見出しにどんな内容を書くのかは、執筆前に明確にします。構成によってユーザーが記事を読み進めるかどうかにも大きく影響してきます。 そのため、ユーザーの興味・関心をとらえた構成が重要です。

構成を作成するには、競合調査を行い、競合の内容と検索キーワードからどんなユーザーがどういった疑問を持って検索しているかを分析します。分析した結果、競合にはないが記載した方が良い情報、どんな流れで記事にすればユーザーに分かりやすいかなどを考えましょう。

ユーザーのニーズ、読みやすさなどをしっかりふまえた構成を作成できれば、ユーザーが満足する記事を作成することが出来ます。逆に適当に構成を作ってしまうと、いくら執筆を頑張っても高い品質の記事を作成するのは難しいです。構成は「どんな情報があったらユーザーが嬉しいか?どういう流れだと読みやすいか?」をしっかり考えて作成しましょう。

タイトルとリード文でユーザーの心を掴む

構成ができたら、まずはリード文を作成します。 リード文とは、冒頭文のことで、ユーザーがこの先記事を読み進めるか、記事から離脱するかがかかっています。

リード文を作成する上で大切なのが、「共感」です。 ネットで何かを調べて、記事に辿り着いているということは、何かしらの疑問や悩みを解決したいと検索ユーザーは考えています。 したがって、悩みに共感し、記事を読むことで悩みや疑問が解決できることをリード文で示すことで、最後まで読んでもらえる可能性がグッと高くなります。

まあ、リード文と同様、タイトルも重要です。 検索結果画面に表示されるタイトルは、ユーザーが最初に目にする場所となっています。 そのためタイトルでユーザーのニーズをとらえていなかったり、競合と被りすぎていたら記事がクリックにくくなりますし、リード文で記事の魅力が伝わらなければすぐに離脱されてしまいます。

ユーザーに興味を持ってもらいやすいタイトルを作るには ①ユーザーにどんな得があるのか ②具体的な情報 を意識することが重要になってきます。

まず①に関してです。ユーザーはタイトルで自分の役に立つ情報かどうかを判断しています。タイトルに「この記事を読めばこういう利益がありますよ」と示してあげることで、ユーザーの興味を惹きやすくなります。

例えばラーメン王がおすすめする品川駅付近の隠れた名ラーメン店を紹介する記事のタイトルであれば、「品川駅付近の隠れたおいしいラーメン屋さん」よりも「ラーメン王も絶賛!品川駅から徒歩3分の隠れ美味ラーメン店」のほうが読みたくなりますよね。これはラーメン王も絶賛するほどのおいしいラーメン、しかも品川駅から徒歩で行けるお店の情報を知れますよ、というユーザーの利益を提示しているからです。

②の「具体的な情報」に関しては上記のタイトル例にも使われています。「ラーメン王も絶賛!品川駅から徒歩3分の隠れ美味ラーメン店」の”徒歩3分”の部分です。「品川駅から近い」ではなく「徒歩3分」と記載することで具体的なイメージを持つことが出来ると思います。ユーザーに具体的なイメージを持たせることで興味をさらに持たせることにつながります。

タイトルを作成する際には、ぜひ以上のことを意識してみてください。

読み手を意識して本文を執筆をする

記事はユーザーに読んでもらうためのものです。そのため読み手が分かりやすく、ストレスなく読める記事を意識することが重要となってきます。

読み手を意識した記事を執筆するために必要なポイントは以下の3つです。 ●読み手が分かる言葉で書く ●文章の水増しをしない ●文章の基本を大切にする

読み手が分かる言葉で書く

社内で使っている言葉、業界の専門用語などはユーザーにとっては非常にわかりにくい言葉です。 専門的な記事内容であったり、メディアのターゲット層が専門用語がわかる層である場合は問題ありませんが、そうでない場合は読み手に分かりやすい言葉を使うことが重要です。

文章の水増しをしない

文字数が決まっている場合、どうしてもその字数をクリアしようとして、無理に文章量を多く使用する場合があります。 しかし、無理に水増しした文章は読み手にとって非常に読みづらいです。 また、キーワードを無理やり盛り込んで作った文章も、不自然な日本語になってしまいユーザーの離脱につながってしまいます。

文字数を気にするのではなく、必要な情報がわかりやすく書かれているかを重視しましょう。

記事のフォーマットを統一する

配置構成、レイアウトといった記事のフォーマットを統一することも記事作成のポイントです。 特に、記事に文字量がある場合、配置やレイアウトによって見栄えが大きく変わってきます。

記事の配置が統一されているとほしい情報を探しやすくなりますし、読んでいてストレスがたまりません。せっかく良い内容のものを書くのなら、フォーマットも統一して内容、見栄えともにハイクオリティのものを作りましょう。

オモシロ系記事は簡素的に、わかりやすく

これから記事を作成する方の中には、オモシロ系記事を書いてファンを作る目的を持った方もいるかと思います。 たしかに企業がオモシロ系記事を投稿すれば、ユーモアのある会社だとブランディングすることもできますし、SNSで話題を集められるチャンスも広がるかもしれません。 ただ、オモシロ系記事はユーモラスに面白いことを書いているだけのように見えても、実は気を付けるべきポイントがたくさんあります。

登場人物は3人以上出さない

オモシロ系記事の1つに、人物やキャラクターを複数登場させて会話形式で進めていくものがあります。日常会話になぞらえて記事を読み進めることが出来るので、読みやすく、気を張らないでよいのが魅力です。

ただ会話を盛り上げようと登場人物をたくさん登場させてしまうと、どのキャラがどういう設定だったか、どういう話だったかと混乱してしまいがちです。そのため登場人物は基本的に2~3人程度までにとどめておきましょう。

初めて記事を読む人でも楽しめるものを作成する

オモシロ系記事の弱点の一つとして、身内ネタになってしまいがちということが挙げられます。身内ネタはファンにとっては面白いものですが、初めて記事を読む人にとっては何のことかわからず面白くありません。また書き手や登場人物の性格・過去などを知らないと面白くない内容も同様です。

そのため身内ネタNGはもちろん、初めての方が面白いかどうかという視点で記事を書くことをおすすめします。もしどうしても身内ネタを使いたい場合は、身内ネタのもととなる情報の補足を付けておきましょう。

修正は読み直しが最も重要

記事の執筆が終わったら必ず読み直しをしましょう。 記事執筆後は誤字脱字の修正や内容の確認など様々なことが必要となってきます。 特に文章量が多い記事の場合、文字数が多い分ミスが起こりやすかったり、記事の流れがあやふやになったりと問題が起こりやすいです。 そのため修正作業は記事を投稿する前に行っておきましょう。

記事を修正するには、「記事を何度も読み返すこと」が重要です。 まずはユーザー目線で読みにくかったり、わかりづらかったりするところはないか確認して、次に自社のターゲット層向けになっているかを確認、というように違った視点で読み直しすることが重要です。

もし記事を読み直している途中で違和感を感じたら、文章の流れがおかしいのか、文章の表現がおかしいのかをしっかり吟味して修正を行ってください。

まとめ

良質な記事を作成するポイントを知っているかどうかで、記事作成の効率や質は大きく変わってきます。

記事をこれから書き始める初心者ライターの方はもちろん、これまでアクセスが伸びなかったり、コンバージョンを達成できなかったりと記事で伸び悩んでいた方も、改めてこれらのポイントを踏まえた記事作成を行ってみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。