記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

コンテンツ制作でライターを見つける方法と質を担保するのに必要なこと

社内で記事コンテンツを作るためのリソースを確保できない場合、社外のライターに依頼して記事を作ってもらわなければなりません。その場合、どのような方法があるのか、質の高い記事を作るには自社でもどういった取り組みが必要なのかを解説します。

自社サイトに掲載する記事コンテンツを制作するとき、重要なのが「誰が書くか」。 すでにライターとして活躍しているスタッフがいたり、SEOライティングスキルがあるスタッフががいる場合は、コンテンツを内製することができます。

しかし、社内のリソースに余裕がなかったり、社員にライティングのスキルがない場合は、外部からライターをアサインしなければなりません。

その場合、以下のいずれかの方法でリソースを確保するのが一般的です。 ●クラウドソーシングで確保する ●ブログやポートフォリオサイトでライターを見つける ●勉強会・イベントに参加してライターと知り合う ●コンテンツ制作を行なっている企業に依頼する

ただ、ライターを確保しても、100%確実に質の高い記事コンテンツができる訳ではありません。 質の高い記事を作るためには、依頼する企業側にも必要なことがいくつかあります。

ここでは、ライターの見つけ方・選び方、そしてライターとの向き合い方を開設します。

外部からライターをアサインする4つの方法

自社でライターを確保できない場合は、社外のライターをアサインするほかありません。 ライターを見つける方法は大きく分けて3つあります。

クラウドソーシングで確保する

1つ目は、クラウドソーシングを利用する方法です。

クラウドソーシングとは、業務の依頼形態の1つで、不特定多数の人に業務を依頼し、その中から最もニーズに合った人材に依頼する形態となっています。

ライターをクラウドソーシングで確保する場合は、まずクラウドソーシングサービスに登録します。その際に発生する費用や、納品までの細かい段取り、サービス自体の内容は異なります。

ただ、基本的には、クラウドソーシングサービスにライターとして登録している人(フリーランスライターや副業ライターが多いです)に執筆してもらいます。

クラウドソーシングには、制作費が抑えられるというメリットがありますが、一方で依頼する人によっては質が担保できないなどのリスクがあります。

ブログやポートフォリオサイトでライターを見つける

フリーランスのライターとして活躍している場合、自身のブログやポートフォリオサイトを開設していることが多いです。

検索エンジンやSNS、ブログサービスを経由して、フリーランスのライターを見つける方法もあります。

この場合、美容系や法律系といった専門分野に特化したライターを見つけらる可能性が大きくなります。

ただし、ライターの発掘をはじめ、金額交渉やその他打ち合わせなどは自分たちで行わなければなりませんので、その分時間がかかります。

ライター向けの勉強会・イベントに参加して交流する

3つ目が、ライター向けの勉強会・イベントに参加して人脈を作るという方法です。 イベントや勉強会を通じてコミュニケーションを取ることで、色々なタイプのライターと一気に知り合うことができます。

ただし、コミュニケーションを積極的に取らないと依頼するライターが見つけられないという難点があります。

コンテンツ制作を行なっている企業に依頼する

思い切って、コンテンツ制作自体を専門としている企業に依頼するのも1つの方法です。

コンテンツ制作自体を依頼することで、ライターの確保から制作、納品、時には実装までを一貫して依頼することができます。 そのため、自社で使うリソースを最小限にとどめて記事コンテンツを作ることができます。

依頼するライターの選び方

●クラウドソーシングで確保する ●ブログやポートフォリオサイトでライターを見つける ●勉強会・イベントに参加してライターと知り合う といった方法でライターをアサインする際、重要なのがライターの選び方です。

ライター選びに失敗してしまうと、「思ったような記事ができなかった」なんてことになりかねません。

ですので、誰に依頼するかは、慎重に選びましょう。 ライターを選ぶポイントとしては、「得意分野」や「実績」に着目しましょう。 特にフリーで活躍しているライターの場合、専門としている領域や得意としている分野があります。

そういった部分が自社が求めている記事とあっているかを確認しましょう。

また、ライターのスキルや実績なども重要です。 同じテーマでもライターのスキルによって内容は違います。 過去にライターが書いた記事やこれまでの実績を確認し、求めている質のものを書いてもらえそうかを判断しましょう。

ライターに質の高いコンテンツ制作を行ってもらうために必要なこと

ライターを自力で見つけて記事制作を依頼しても、確実に質の高い記事を作ってもらえる訳ではありません。

質を高い記事を作ってもらうには、企業側でも工夫が必要です。

レギュレーションを細かく設定する

レギュレーションとは記事執筆のルールや進め方を記載した記事作成のマニュアルのようなものです。

記事の企画から執筆までの流れや表記ルール、NGワードなどを決めておくことでライターも記事が書きやすくなりますし、修正の時間も短くなります。また自社が求める記事とまったくマッチングしてないということを防ぐことができるのが魅力です。

他にも複数のライターを起用する場合、記事のテイストを統一するためにも利用できたり、教育の時間も削減できたりというメリットもあります。

企画を作成する

レギュレーションと同時に作成が必要なのが、記事の企画です。 例えば、どんなキーワードの記事が欲しいのか、記事にどういったコンテンツを含めて欲しいのかなどの企画を明確にして、ライターに共有することも大切です。

企画を作ることで、こちらの意図がライターに伝えられますし、出来上がった記事が思っていたのと違ったという状況も避けることができます。

制作してもらったコンテンツへのフィードバックを徹底する

制作してもらったコンテンツをフィードバックすることで自社とライター間での認識のずれをなくすことができます。

「どこをどういう理由で修正した方がよいのか」「どこどこはどういう理由で良かった」と理由付きでフィードバックを返すことで、自社が求めるコンテンツを知ってもらえるわけです。

初心者ライターであれば記事を追うごとに成長していきますし、代行業者の場合も自社が求めるコンテンツが出来る可能性がさらに高まります。結果的に修正時間も短くなるので、効率的なコンテンツ制作のためにぜひ実践してみましょう。

まとめ

記事コンテンツを制作する際、ライターの確保は必須となります。 社内で十分なリソースが確保できない場合は、以下のいずれかの方法でライターを確保する必要があります。

●クラウドソーシングで確保する ●ブログやポートフォリオサイトでライターを見つける ●勉強会・イベントに参加してライターと知り合う ●コンテンツ制作を行なっている企業に依頼する

ライターを自力で見つける場合は、ライター選びにも注意が必要です。 ライターによって得意分野や専門分野、書き口や実績は全く違うので、それらを事前にチェックし、制作してもらいたい記事コンテンツに合わせて依頼しましょう。

また、コンテンツ制作を行なっている企業に制作依頼する場合を除き、ライターをアサインしたら質を担保するために、レギュレーションを作成したり、企画を立てたり、制作ぶつにフィードバックを行ったりするディレクション業務も必要です。

もし、「ライターを見つけるのが難しい」「ディレクション業務まで手が回らない」という場合は、思い切ってコンテンツ制作を行っている企業に依頼しましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、 以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。