#キーワードプランナー

#SEO

#Web活用術

検索ボリュームを調べられる便利ツール『キーワードプランナー』登録方法と使い方について

     

2020.12.22

こんにちは!株式会社セルリアの立道です。

今回はキーワードを選定するうえで重要なキーワードの検索ボリュームを調べることができるツール「キーワードプランナー」について解説していきます。

皆さんはWebサイトに投稿する記事を作成するときにどのようにキーワードを選んでいますか?

まさか「思いついたキーワードでとりあえずやってる」なんてことはありませんよね?

もし全く検索されていないキーワードで記事を作成したら、どれだけいい記事を作成してもユーザーに読まれることはありません。

逆に検索ボリュームが多すぎるキーワードだと、競合が強い可能性が高くしっかり戦略を立てないとなかなか上位表示は難しいです。

こういった理由からキーワードの検索ボリュームを把握することは非常に重要です!

そしてそんなキーワードのボリュームを調べるうえで活用できるツールが、Googleが無料で提供しているキーワードプランナーです。

この動画では ・キーワードプランナーとは? ・キーワードプランナーの登録方法 ・キーワードプランナーの効果的な活用方法

について解説していきます。

キーワードプランナーの使い方をマスターして効率的にキーワード選定をできるようにしていきましょう!

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとは、Google検索時に表示される広告を掲載するためのサービス「Google広告」内の1つの機能です。

Googleで検索したときにこのようにURLの横に「広告」と表示されるものを見たことがあるのではないでしょうか?

Google広告の説明画面

これがGoogle広告で出稿できるリスティング広告というものです。

本来はこのようにGoogleの検索結果画面に広告を出す際に広告費をいくら払うかを決めるために「キーワードの検索ボリューム」「そのキーワードの競合がどの程度いるか」が分かるツールとなっています。

例えばキーワードプランナーというキーワードで関連する用語を検索するとこのように表示されます。

検索ボリュームの表

検索した用語のボリュームや競合性などが表示されます。

この情報を参考に執筆する記事のキーワードを決めたり広告出稿の金額を決めたりします。

次にキーワードプランナーの導入方法についてご紹介していきます。

キーワードプランナーの導入方法

先ほど説明したようにキーワードプランナーは本来Googleに広告を出す人向けの機能なので、使用するにはGoogleに広告を出す登録をする必要があります。

広告を出すと聞くと「お金がかかるのでは?」と思われるかもしれませんが、無料で登録することができるのでご安心ください。

それでは早速キーワードプランナーを使えるようにしていきましょう!

Google広告に登録 まず最初にGoogle広告に登録していきます。

GoogleでGoogle広告と検索

Google広告のトップページから「今すぐ開始」をクリック

Googleアカウントにログインしていない場合ログイン画面が出るのでログイン

広告の目標を決める画面が出るので「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択し「次へ」をクリック

お店やサービスの名前を入力する画面が出るので必要に応じて入力

ウェブサイトのURLを入力

広告の見出しや説明文を入力する画面が出ますが、キーワードプランナーを使うだけであれば、とにかく埋めるだけでOKです。

キーワードのテーマもこのままでOKです。

地域・予算もこのままでOK

名前・住所・クレジットカード番号は入力が必須なので入れましょう

入力したら送信をクリックします

確認事項が出てくるので「同意して続行」

これでGoogle広告の登録は完了です!

設定が完了するとキャンペーンの確認というボタンが出るのでそちらをクリックします。

するとこのようにGoogle広告の管理画面に移動します。

さて早速キーワードプランナーを使ってみましょう!!といきたいところなのですが、このままだと先ほど登録した広告が表示され、費用が発生してしまう恐れがあります。

まず最初にキャンペーンの停止を行います。

緑色の部分を選択して「キャンペーンの一時停止」をクリック

あとは画面右上のアカウントアイコンをクリックして「エキスパートモードに切り替える」をクリックして準備は完了です!

なかなか最初の登録が手間ですが、1度登録してしまえばあとは自由に使えるようになるので頑張って登録してしまいましょう!

キーワードプランナーの使い方

それではいよいよキーワードプランナーの使い方に入って行こうと思います。

まずキーワードプランナーを開きます。

右上のスパナアイコンをクリックして、表示されるメニューのキーワードプランナーを選択

そうするとこのような画面が出てきます。

キーワードプランナーには大きく分けて2つの使い方があります。

この「新しいキーワードを見つける」と「検索ボリュームと検索予測を取得」の2つがあります。

それぞれ紹介していきます。

まずは先ほどお見せしたキーワードのボリュームを調べる方法から紹介していきます。

キーワードボリュームの調べ方

右側の「検索のボリュームと検索の予測を取得しましょう」を選択します。

この枠の中に調べたいキーワードを入力します。

「開始する」をクリックします。

これで検索したキーワードのボリュームを調べることができます。

そしてここの過去の指標を選択すると過去1年間の月間検索ボリュームの平均を見ることができます。

ソファは毎月平均して36万8千検索されているということがわかります。

そしてこのグラフにカーソルを合わせると月ごとの検索ボリュームを確認できます。

この横にある競合性というのは該当のキーワードで広告を出稿しているライバルの多さを表しています。

高だとライバルが多いということになります。

あとはここから表示する旗艦を変更したり、ここからCSVやスプレッドシートでデータをダウンロードすることもできます。

こんな感じになるので自由に編集したりできます。

これでキーワードのボリューム検索はバッチリですね!

関連キーワード検索方法

次に関連したキーワードを検索する方法を紹介します。

先ほどのキーワードプランナーのトップ画面に戻り、左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

ここに関連キーワードを探す元となるキーワードを入力します。

ここには複数キーワードを入れることができます。

入力が完了したら「結果を表示」をクリック

入力したキーワードに関連するワードが出てきました。

ただこれだけだとキーワードの幅が広すぎるのでフィルタやソート機能を活用しましょう。

ソート機能ではここの項目をクリックするとクリックするたびに降順や昇順で並べかえることができます。

ボリュームの多い順や少ない順、競合性の高い順などですね。

次にフィルタ機能です。

ここのフィルタを追加をクリックして

例えばソファに関連するキーワードだけ見たい場合は「キーワード」を選択して、次を含むでソファと入力します。

そうするとソファを含むキーワードのみを表示することができました。

こちらのデータも先ほど同様にダウンロードして自由に編集することができます。

以上がキーワードプランナーの基本的な使い方でした!

これでキーワード選定が捗りますね!

キーワードプランナー活用時の注意点

最後にキーワードプランナー活用時の注意点について紹介しておきます。

先ほどから見ているデータでは、月間平均検索ボリュームの部分が詳細まで表示されていましたが、広告を出稿していない場合、このように1万~10万のようにざっくりした数値のみ表示されます。

おおおざっぱな検索ボリュームの表

正確な数値を表示するためには広告を出稿する必要があるのですが、いくら出せば正確な数値が出るかということが明確にわかっておりません。

以前は「200円分出せば詳細がみれる」と言われていることもありましたが、直近では1000円出しても詳細データが表示されないという話があるなど様々な情報があります。

あくまでもGoogle広告を使ってくれる人に向けて解放しているサービスということですね。

Google広告は低コストで運用できて投資対効果がわかりやすく、比較的初心者にオススメの広告手法なので、この機会に初めて見るのもいいかもしれません!

キーワードプランナーを活用してキーワード選定に生かそう

今回はキーワードプランナーの登録方法やキーワードの検索ボリュームや関連キーワードを調べる方法について紹介していきました。

執筆するキーワードを選ぶときに検索回数は重要な項目の1つです。

キーワードプランナーを使いこなして、適切にキーワード選定できるようにしていきましょう。

この動画が参考になりましたらチャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この動画を見られた方におすすめの参考記事

他にも同じように「無料で使える便利なツール」について紹介しています。こちらもよければご覧ください。

【ユーザーの声をマーケティングに活かせるツール】ミルトークを徹底解説

「新しい製品を作るときに、ユーザーの声を参考にしたい」そんな時に使えるツールがミル…

ヒートマップ機能でアクセス解析ができる「Ptengine」を徹底解説

ユーザーが自社のWebサイトでどのようにページを見ているか気になりますよね。Pten…

「PageSpeed Insights」でWebページの表示スピードと問題点について調査しよう

サイトの表示スピードはユーザーの満足度に大きく関わります。そんなサイトのスピードを…

シェアする

同じシリーズの動画

おすすめの動画シリーズ