記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustrator

Illustratorで使える商用可のおすすめフリー素材50選

Pocket
LINEで送る

フリー素材を使うことで得意でないジャンルのデザインにも対応できるようになるので、デザインの幅を広げることができます。本記事では商用可能なおすすめフリー素材50個を紹介します。

Illustratorの画像「書き出し」機能を使いこなして最適なファイル形式で画像出力できるようになろう!

Pocket
LINEで送る

Illustratorで作成したファイルは「.ai」として保存されますが、「.ai」形式のファイルは、Illustratorがパソコンにダウンロードされていないと見ることができません。そこで、作成したデザインデータを共有するには、書き出しを行って、別の形式で保存します。ここでは書き出しの方法や種類を開設します。

Illustratorのグリッド表示を使って正確な作画やレイアウト作成を行う方法

Pocket
LINEで送る

グリッド(grid)とはIllustratorに備わっている方眼紙と同様のガイド表示ができる機能です。グリッドを活用することで、左右上下対称なデザイン制作が出来たりバランスの良いデザインが作れたりします。

Illustratorの曲線ツールの使い方をマスターしよう!

Pocket
LINEで送る

曲線ツールはその名前の通り曲線を描くためのツールで、Illustrator CC 2014から導入されています。クリックで簡単に曲線が描けることから、ペンツールに比べてより直感的に曲線を描くことが可能です。ここでは曲線ツールの使い方を解説します。

Illustratorのエンベロープを使ってテキストやオブジェクトを変形させよう!

Pocket
LINEで送る

Illustratorではテキストやオブジェクトを変形・リシェイプする機能・効果のことをエンベロープと呼びます。エンベロープを使うことで、オブジェクトやテキストを再現性のあるスタイルで変形させることができますので、この記事ではエンベロープの作成方法3種類を解説します。

Illustratorで背景が透明な画像を作成する方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorでデザインや資料を作成する場合背景を透明にしてオブジェクトを切り抜かなければならない場面が出てきます。 その際に必要な背景を透明にする設定について解説します。

Illustratorのオブジェクトに質感を加える表現技法「テクスチャ」をマスターしよう!

Pocket
LINEで送る

Illustratorでは、オブジェクト表面の質感を表現するために模様や画像を効果として貼り付ける手法をテクスチャと呼びます。テクスチャはメニューバーの「効果」かウインドウの「グラフィックスタイルライブラリ」から活用できます。

【初心者向け】Illustratorで画像を挿入・配置する方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorに画像を挿入するには、保存された画像データとリンクさせることで画像を配置する方法と画像データを埋め込んで配置する方法の2種類があります。この記事では、画像を挿入する2つの方法、リンク配置と埋め込み配置について解説します。

Illustratorのアピアランスを使って様々な表現にチャレンジしてみよう!

Pocket
LINEで送る

アピアランスとは英単語に直訳すると「外観・見た目」を意味し、Illustratorでは、オブジェクトやテキストの外観・見た目に関する機能のことです。ここではアピアランスの属性や構造など基本的なことを分かりやすく説明します。

Illustratorで文字にふりがな(ルビ)をふる方法

Pocket
LINEで送る

「ふりがな」のことを印刷業界や出版業界では「ルビ」と呼び、デザインを制作する際には必要になることが多いです。ここではIllustratorを使ってルビをふる方法を解説します。