記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

デザイン・Web制作

Illustratorで画像をトレースする方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorでは、画像のトレース方法を使えば、ラスター画像を簡単にベクター画像に変換することが可能です。ここでは、トレースとは何かに加えて、画像を出しながら詳しい画像のトレース方法を解説します。

デバイスによって変わるレスポンシブメニューの作り方

Pocket
LINEで送る

さまざまなデバイスが普及している現在では、画面幅に合わせてデザインが変化するレスポンシブ対応が必須です。Webサイトを製作する上で、ユーザーが目的のページに辿り着くために設置されるメニューもレスポンシブ対応が求められます。今回はメニューをレスポンシブ対応することのメリットと、3種類のレスポンシブメニューの実装方法を解説します。

レスポンシブに対応した画像調整・サイズ切り替えの実装方法

Pocket
LINEで送る

画像をレスポンシブ対応させる方法を3つ紹介します。最も一般的であるメディアクエリを使った方法に加え、scrset属性、picture属性を使って画像サイズの調整を行う方法についても解説。方法を覚えればそこまで難しくありませんので、よろしければこちらの記事を参考に実装してみて下さい。

レスポンシブでスライダーを実装する方法(HTML/CSS/jQuery)

Pocket
LINEで送る

Webサイトにレスポンシブレイアウトのスライダーを実装する方法をまとめます。HTML/CSSで実装する方法や、jQuery(JavaScript)を使う方法などが一般的ですので、それぞれの手順を解説。また、おすすめのjQueryライブラリについても3つご紹介します。

レスポンシブデザインを制作するためのCSSサンプルコード集

Pocket
LINEで送る

レスポンシブデザインを実装する際に知っておいて損がないCSSの基礎知識を解説します。 筆者が実務で使用したことがあるCSSサンプルコードやCSSフレームワークもあわせて紹介している、レスポンシブデザイン初心者必見の記事です。

Illustratorで表を作成する方法

Pocket
LINEで送る

資料を作成するとき「表」を作成することもあるでしょう。表はIllustratorでも作成することができ、イラレであれば色々なデザインの表を作成することができます。ここでは表の作り方を解説します。

Illustratorで塗りつぶす方法と覚えておきたい実践テクニック

Pocket
LINEで送る

illustratorを使って図形を塗りつぶす方法はいくつかあります。ご自身の目的や作業内容にあった方法で、手軽に塗り潰しができる具体的な手順を解説。途切れたオブジェクトの塗り潰し方法、トレースした画像の塗り潰す方法なども合わせてご紹介します。

Illustratorでフォントをアウトライン化する方法

Pocket
LINEで送る

アウトライン化はフォントをオブジェクトに置き換えることを意味し、Illustratorで印刷用の入稿データを作る際は、アウトライン化が欠かせません。ここでは、フォントをアウトライン化する方法や注意点、チェック方法を解説します。

Illustratorで文字の縁取りを行う方法

Pocket
LINEで送る

代表的なテキスト装飾方法の一つである文字の縁取り。Illustratorを活用して文字の縁取りができるようになると、デザインの幅が大きく広がります。ここでは、基本的な縁取り方法と少し凝った縁取り方法を解説します。

Illustratorにフォントを追加インストールする方法

Pocket
LINEで送る

Adobeが提供しているAdobe Fontsやフォント配布サイトには、色々なフォントが用意されています。デフォルトのフォントだけでなく色々なフォントを使うことでデザインの幅はどんどん広がるでしょう。ここではIllustratorにフォントを追加インストールする方法を解説します。