記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Google広告

Google広告のカスタムオーディエンスとは?設定方法と注意点

Pocket
LINEで送る

カスタムアフィニティとカスタムインテントが2020年9月に統合されカスタムオーディエンスになりました。ユーザーのニーズが日々複雑化していく中でカスタムオーディエンスを利用していくことがあると思います。今回の記事ではカスタムオーディエンスの概要から1つにまとまったことで何が起こるのか、設定する上での注意点を紹介してきました。

【2021年版】キーワードマッチタイプとは?知らないと損する拡張性

Pocket
LINEで送る

キーワード選定のキーワードマッチタイプはキーワードの拡張性を決める重要な項目です。拡張性を適切に設定できることで、コンバージョンに繋がりずらいキーワードまで拡張性を広げることを防げたり、人力では見つけることのできない今まで検索されていなかった語句を取り入れることができたりすることができます。今回の記事を読みキーワードのマッチタイプを見直しましょう。

広告運用者は知っているリスティング広告の使える記号と使えない記号一覧

Pocket
LINEで送る

上手に使うことで広告を一段上に昇華させることのできる記号ですが、使えない記号や禁止事項があります。これらを事前に知っておくことで無駄なエラーを避けることができ、効果的な広告運用を行うことができます。今回はGoogle広告とYahoo広告に関する記号と禁止事項を紹介します。

Google広告が表示されない原因と解決法

Pocket
LINEで送る

広告を配信したと思っていても表示されていなかったことがあると思います。時間をかけて広告を作成したにも関わらず表示られていないことは何も生み出しません。落ち着いて問題に対処する為にも表示されない原因について知っておくべきでしょう。今回は広告が表示されない代表的な原因10個と対処法を紹介しています。

[2021年版]Google広告のリマーケティングの設定方法と更に効果をあげる3つのポイント

Pocket
LINEで送る

リマーケティングは非常に有効で人気の広告運用手法です。効果的である一方で設定をしっかりしなければ、表示されるべきユーザーに表示されない、コンバージョンを終えているユーザーにも広告を表示させてしまうなど広告予算の無駄遣いになりかねません。今回はリマーケティングの設定方法と押さえておきたいポイント3つを紹介していきます。

キャンペーンや広告グループって何?Google広告のアカウント構成を徹底解説

Pocket
LINEで送る

Google広告アカウント構成をなんとなくで設定していませんか。 アカウント構成が適切でないといくら運用を繰り返しても効果が最大限に発揮されない恐れがあります。 今回はアカウントの構造から適切なアカウント構成にするための判断基準を説明しています。

【2021年最新】Google広告の使い方徹底解説 アカウント作成から出稿まで

Pocket
LINEで送る

Google広告をいざ始めようとしても管理画面のどこを触ればいいのか、この項目は設定するとどのような影響が起きてしまうのか分からず困っている方がいるのではないでしょうか。 今回はGoogle広告のアカウント作成から広告出稿までの手順を丁寧に説明しています。 初心者の方でも分かりやすいように実際の画面を利用し説明をおこなっています。

[2021年版]リスティング広告とは?特徴と出稿の仕方

Pocket
LINEで送る

リスティング広告のメリットとデメリットから、実際の管理画面を使用しながらリスティング広告を作成から出稿までを紹介していきます。 項目を一つ一つ解説して行ったので初心者の方でもしっかり理解できる作りになっていますので、是非読んで出稿までの全体のイメージを掴みましょう。

Google広告の効果を最大限引き出すための広告文を徹底解説

Pocket
LINEで送る

広告文はユーザーへの最初の営業になります。いくら中身がよくてもユーザーの目に触れることがなければ意味がありません。魅力的な広告文を作るには幾つかの法則があります。この記事を読むことで魅力的な広告文にするための法則と注意点がわかるようになります。

Google広告の審査とは?再審査前に確認しておくべき項目と対処法

Pocket
LINEで送る

原因と対処法が分からず審査が通らないなんてことはありませんか。審査に通らなければもちろん広告は配信されることはありません。時間をかけて広告を用意したのに配信できなければ今までの努力が水の泡になってしまいます。これらの問題を解決すべくこの記事では審査の基準や審査落ちのよくある例、対処法を紹介していきたいと思います。