特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Photoshopブラシツールの使い方とおすすめプリセット21選

Photoshopでブラシ機能を使うと様々な加工をすることができます。ブラシ機能を使えるようになると、加工の幅もグッと広がります。加工に活用できるブラシ機能の基本的な使い方とおすすめブラシプリセット、その使い方を解説します。

カテゴリ: Photoshop

みなさんPhotoshopのブラシ機能は活用していますか?
ブラシ機能を使うと鉛筆や筆で書いたような質感で文字を書いたり、炎や雷など幻想的なエフェクトを好きなところに足すことができるので簡単にデザインを作成することができます。
一部のブラシはスタンプ感覚で使用することができるので時間短縮にもなります。

ブラシには他の機能と同様にプリセットを作成することができます。
Webで無料で公開しているプリセットには優秀なものが多いので、利用することで自分でプリセットを作成する手間を省くことができます。

今回はブラシ機能の使い方と無料で使えるおすすめプリセットを紹介します。

ブラシの使い方

まず最初にブラシ機能の使い方について紹介します。

ブラシツールをを選択する

ブラシツールを選択しましょう。ブラシツールはのような形をしています。

ブラシツールが見つからない場合

ブラシツールが他のグループのツールに隠れてしまっている場合があります。ブラシツールのグループはブラシツールのほかに「鉛筆ツール」「色の置き換えツール」「混合ブラシツール」の3つがあるので、ツールバーに表示されているいずれかを右クリックして「ブラシツール」を選択しましょう。

ブラシツールが見つからないので鉛筆ツールを右クリックする。

鉛筆ツールと同じグループに分類されているツールが表示されるので「ブラシツール」を選択します。

ドラッグで描写する

ブラシツールを選択した状態でレイヤーをドラッグするとドラッグした通りに線を描くことができます。

ブラシについての設定は上部にある「オプションバー」で変更することができます。オプションバーではブラシの種類やブラシの太さなどを変えることができます。

ブラシの種類を変える

Photoshopで用意されているブラシを使用することができます。用意されているブラシの中には油彩風や鉛筆風で線を書けるもの、煙などを書けるものなどがあります。

現在のブラシが表示されている部分(黄色で囲っている部分)をクリックすると、ブラシ一覧が表示されます。ブラシをクリックすることで選択することができます。

ブラシの色を変える

ブラシの色を変更するには、他のツールと同様にツールパネルからカラーピッカーを選択して使用したい色を選びます。

使用したい色を選択し「OK」をクリックすれば押せば色の変更は完了です。 。

ブラシの太さを変える

ブラシの太さを変えるには現在使用しているブラシが表示されている(黄色い枠で囲まれている)部分をクリックします。

赤丸で囲われてる部分をスライドするか赤枠で囲まれている所に数値を入力することでブラシの線の太さを変更できます。

ブラシの硬さを変える

黄色い枠で囲まれた部分をクリックし、赤枠に数値を入力するかつまみをスライドさせることでブラシの硬さを変えることができます。
以下の画像は硬さ100%・50%・0%を比較した画像です。
硬さを0に近づけるほど線の境界線がぼやけているのがわかります。

ブラシの不透明度を変える

オプションバーから不透明度を変更することができます。
黄色の枠で囲まれた場所に数値を入力するか、クリックして表示されるつまみをスライドさせることで調節することができます。不透明度を変更することで、ブラシで描写したものを半透明にしたり、透明にしたりすることができます。

下の図は不透明度100%・50%・25%の比較画像です。不透明度が低ければ低いほどブラシが透明になっていくのがわかります。

ブラシの線の流量を変える

オプションバーからブラシの流量を変えることができます。流量が低くなるほどブラシは薄くなります。不透明度とよく似ています。流量はブラシそのものを薄くしているのでブラシがかすれでいるのがわかります。以下に流量別画像と不透明度と比較した画像を載せています。

ブラシプリセット使い方

ブラシツールには自分で作成したブラシを保存することができます。他の人が公開しているプリセットを使用することでブラシを作る作業を省くことができます。プリセットの保存方法と使用方法を紹介します。

ブラシプリセットを保存する

プリセットを使用する前におすすめのプリセットを紹介します。使用してみたいブラシがあったら保存しておきましょう。

1.Snowflakes Brushes


Snowflakes Brushesをダウンロードする
 

デザイン風の雪の結晶が20種類入っているプリセットです。シンプルで丁寧に作られているので他のデザインに合わせて使用しやすいです。

2.Snowflakes brush photoshop brushes


Snowflakes brush photoshop brushesをダウンロードする

雪の細かい部分まで表現しているデザイン風の雪の結晶が特徴的なブラシが9個入ったセットです。細いところまで表現しているので写真と組み合わせたデザインが作成しやすいです。

3.Real Snow Flakes Brushes


Real Snow Flakes Brushesをダウンロードする

本物そっくりの雪の結晶が12種類入ったセットです。本物そっくりなので雪の写真に混ぜて使用してみるのもいいかもしれません。

4.Smoke Brushes Set 1


Smoke Brushes Set 1をダウンロードする

本物の煙そっくりに描くことができる煙のブラシセットです。写真からデザインまで幅広く使うことができます。

5.Smoke Brushes – Six


Smoke Brushesをダウンロードする

タバコのような煙を描写することができるブラシセットです。ワンポイントで煙を足したいときに重宝すると思います。

6.Smoke Brush Set


Real Smoke Brush Setをダウンロードする- Six

繊細な煙を表現できるブラシセットです。アップにしても繊細さが分かるブラシなので煙が主題のデザインに重宝するブラシセットです。

7.Smoke and Fire Brushes


8.Light Brushes

src=”https://min-web.com/wp-content/uploads/2019/03/image42-1.jpg” alt=”” width=”700″ height=”490″ />
Light Brushesをダウンロードする

こちらは夜の光を表現できるブラシのプリセットです。21種類あるのでこのプリセット一つでさまざまな表現が可能です。

9.Photoshop Cloud Brushes 2


Photoshop Cloud Brushesをダウンロードする

このプリセットは本物のような雲を描くことができます。34種類のブラシが内蔵されているので、これ1つだけでも色々な種類の空模様を表現することができます。

10.Lightning Bolt Brushes V1


Lightning Bolt Brushes V1をダウンロードする
このプリセットは雷のブラシを26種類も使用することができます。雲のブラシと合わせて使うことで雷をより細かく表現できます。

11.High Res Splatter Brushes


High Res Splatter Brushesをダウンロードする

ペンキをこぼしたようなブラシが26種類内蔵されています。色を赤くすることで血痕を表現することもできるため、用途に優れたプリセットです。

12.Watercolor Basics


Watercolor Basicsをダウンロードする

本物のブラシで描いた物を使用しているので、本物のような描写をデザインすることができます。

13.Coloured Pencil Brushes – PS7


Coloured Pencil Brushes – PS7をダウンロードする

クレヨンで描いたようなブラシを使用できます。ブラシによって細かさが違うのデザインによって使い分けることができます。

14. 鉛筆R


鉛筆Rをダウンロードする

イラストレータのredjuiceさんが紹介している、鉛筆で描いたかのような質感を出すことができるブラシです。

15.PS7 Brushes Pencil 2


PS7 Brushes Pencil 2をダウンロードする

鉛筆で描いた表現を多数用意しているプリセットです。さまざまな濃さや太さの鉛筆を選ぶことができます。

16.192 Free Ink Brushes for Photoshop


Free Ink Brushes for Photoshop<をダウンロードする

インクで描いたような表現を192種類表現できるプリセットです。

17.Spray Paint


Spray Paintをダウンロードする

スプレーを吹きかけたような表現をすることができるプリセットです。

18.Grunge Brushes


Grunge Brushesをダウンロードする

このプリセットはデザインに汚し表現をすることができます。

19.Ink Splatter


Ink Splatterをダウンロードする
デザインにインクをこぼしたような表現ができるプリセットです。

20.Glossy Blood Splatter


Glossy Blood Splatterをダウンロードする

血飛沫として使用できるプリセットです。色を変えてペンキが飛び散るような表現をすることもできます。

21.WG Watercolor Brushes Vol1


WG Watercolor Brushes Vol1をダウンロードする

水彩画を表現することができるブラシです。紙のテクスチャと相性がいいのでそちらと利用してみてください。

プリセットを使用する

お気に入りのプリセットを保存したら使用してみましょう。
黄色の枠で囲んでいる所をクリックしてください。

次に歯車をクリックしてください。

歯車をクリックするとこのような表示がされるので「ブラシを読み込む」をクリックしてください。

次に保存したプリセットを開きます。

すると開いたプリセットがブラシに保存されているので使用することができます。

あとはブラシツールで描くだけで保存したブラシを使用できます。

︎まとめ

今回はPhotoshopのブラシの使い方とオススメのプリセットを紹介しました。ブラシ機能を使用するとデザイン作成の時間短縮になります。プリセットには優れたものが多く、ブラシだけでデザインを作成することも可能なくらい充実しています。Photoshopのブラシを入れすぎると重くなってしまうので使用しなくなったブラシは削除した方が良いかもしれません。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要